スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語

○はじめに
とんでもないサイコレズ映画でした。

○感想
2011年4月、紆余曲折を経て放送されたTVシリーズの最終回は絶賛をもって視聴者に迎えられた。スタッフの技術の結晶である最終回の出来、そしてそれに対する絶賛の空気の中、結末に対する“ツッコミどころ”は殆ど黙殺された。
黙殺。その言い方は正確ではないかもしれない。自分が感じた印象を率直に語るならば――
「賛」の側に居る大勢はその“ツッコミどころ”を意識の外に追いやり、
「否」の側に居る少数は過去の虚淵作品との比較等の分析を行いつつ批判しながらも、多勢に無勢、いつしか消えていった。
自分はどちらかと言えば前者に含まれる。“ツッコミどころ”にもやもやしつつも、絶賛せざるを得なかった。だからこれは言い訳になるが、「意識の外に追いやり」などと「思考停止認定」のようなことを書いたのは、自戒の意味が大きい。
そしてこれもまた言い訳じみているが、後者を「消えた」などと書いたのは、あの最終回以降、自分がその批評力の鋭さに感心していた何人かのツイッターユーザーが、まどマギに批判的な感想を残したあと、アカウントを消すなどしてタイムラインから消えていったからだ(まどマギ批判はそうした行動に追い詰められた「原因」というよりは、そうした行動に向かう「兆し」に過ぎなかっただろうが)。
では、その“ツッコミどころ”とはなんだったか。
至って単純。

「まど神様が何でも出来るんだったら、魔法少女が消滅するシステムじゃなくて蘇生するシステムを造ればいいんじゃないの?」

それを言ってしまっては身も蓋もない、というツッコミどころではある。
でも、やっぱり避けては通れないツッコミどころだと思う。

「まどマギは『社畜アニメ』」。
あの結末を端的に批判する、秀逸な一言だと思う。
巨大なシステムのもとで、文字通り心身を砕いてきた者が最後の刻に至るとき、その戦いの日々を優しく肯定してやる。安らかに看取り、輪廻の外へと導く。

犠牲を強いるシステム自体を破壊する、という結末では無かったのだ。
犠牲を以てシステムを、優しい救済が約束された形に改変する、という結末だったのだ。

この結末、というより結論に、自分はそれほど不満を持っていたわけではない。
そもそも自分は、巨大なシステムの破壊、という結末にはそれほどリアリティは感じない。軽はずみに「リアリティ」などと言うと語弊がありそうだが、ともあれ、好みの物語の型ではないことは確かだ。そう思うのが何故かと考えると、ソ連の崩壊だ大きな物語の崩壊だというスケールの大きな批評的理由よりは、自分自身の境遇が根ざしているように思う。
自分は「システムの上で生きること」を選んだ人間だ。幾度か逸脱を考え、挫折に陥ったが、原点のシステムに乗っかることが最良だと結論し、それを選択した人間だ。
自分があのTVシリーズの結末を見たのは、まさに大学を辞め、社会システムの下での再起を図って浪人し始めた、不安な時期だった。だからきっと、あの結論に、自分の選択の肯定のようなものを見出していたのかもしれない。
今はその選択も報われ、ひとまずはシステムに乗るべく安定したところだ。
安定はしたし、選択を覆すつもりなど少しも無いものの、いくらかの後悔はある。
だからこそ、だろうか。『叛逆の物語』の公開が迫るこの頃、TVシリーズの結論には概ね満足だったけれど「その先」を見てみたい、という気持ちが非常に強まっていた。

では、実際に『叛逆の物語』が見せてくれた「その先」とはなんだったのか。
やはり、巨大なシステムの破壊、だったのか。
“叛逆”と呼ぶからには、魔法少女システムをもたらすオーバーロード、キュゥべぇを滅ぼすのか。
そうではなかった。そりゃそうだ。なんせ、オーバーロードどころかオーバーマインドが生まれた世界の話なんだから。

先ほど言ったように自分は、巨大なシステムを「破壊」する物語を好まない。
しかし、巨大なシステムに強烈な意志――とりわけ悪意に分類される感情をぶつけ、自らを焼き付けてやるような物語は大好きだ。
ファイトクラブやダークナイトなんか、まさにそうだろう。
魅力的な悪役――ヒール、ヴィラン、あるいはダークヒーロー――が、完全なる正気のもとに、狂気じみたテロを行う。その「狂気じみた正気」の根本には何かへの「執着」がある。その執着の前には、他のことなんか知ったこっちゃない。

『叛逆』は、まさにそうした物語だったと思う。ほむらが、まどかへの執着(劇中では、はっきりと「愛」と言っている――これを台詞で明確にすることにはスタッフでも議論があったらしい)のもとに、システムを律する存在に対して叛逆の意志を示す。

何より面白いのは、叛逆の意志を叩きつける対象だろう。
魔法少女システム(=キュゥべぇ)ではなく、なんと、円環の理というシステム(=まどか自身)なのだ。
まどかの犠牲の果てに得られた救済のシステムを否定し、喪われたまどかを希求する。「サイコレズ」と呼ばざるを得ない、アウトローとしてのほむらの覚醒の物語だったのだ。

本作では、執拗に「円環の理」のモチーフが描かれる。
ほむらのソウルジェムが渦潮の中を回る冒頭。
まどかを中心にしてぐるぐると追いかけ合うさやかと杏子。
巴型を為して空へ上る、ひとみと恭介。
ナイトメアをお菓子にして円卓を囲んで歌う、魔法少女達のお茶会。
見滝原から出ることなく、市内を循環し続けるバス。
くるくるとバレエのように踊りながら変身する、魔法少女達。
英題の「rebellion」にダブルミーニングを持たせるがごとく、近接して互いに回り込みながら撃ち合うほむらとマミ。


対して、ED後のパートでは、破壊された円環の理のモチーフが描かれている。
半月、というよりは半分に削られた満月、と呼ぶべき形で浮かぶ月。
旧作より増していた体の丸みをすっかり失い、ふさふさのぎざぎざになってしまったキュゥべぇ。

このようなモチーフに代表されるように、ほむらが円環の理に叛逆する、という物語なのだが、そうなるまでには幾重かの入れ子構造を経る。
実はほむらの妄想に過ぎない楽しげな世界、実験材料として囚われた現実のほむら、妄想世界に介入する円環の理とその手下の魔女たち、そんな救済の使徒を利用して世界を書き換えるほむら。
こうした構造の移り変わりが、目まぐるしく行われる。
いささか説明過剰な感があったTVシリーズや総集編映画と異なり、その転移に伴う説明台詞はあくまで最低限度に刈り込まれていた。
説明台詞の代わりに、劇場用にダイナミックになったイヌカレー空間や、画面狭しと動き回る魔法少女たちが、異様な密度で世界の転移を見せてくれる。そんな映画になっていた。

今考えれば、昨年全国の劇場で上映された『始まりの物語』と『永遠の物語』が(「映画」としての画面や脚本構成の工夫はありつつも)頑なに「総集編」の枠に収まっていたのは、それこそTVシリーズの「ループもの」として性質を守り、この『叛逆の物語』の「ループ破壊」に寄与するためだったのかもしれない。

自らが望んだループから脱出したのと同時に、少女から神と化したまどかの作ったループに従うことになった少女ほむらが、自らの作ったループに囚われ、そこから救い出そうとするまどかを無理やり取り込んで、神と対立する存在である悪魔と化す。
対立すること。言い換えれば、並び立つこと。
まどかを救う願いのために空回りし続けるほむらでもなければ、神と化したまどかに救われるだけのほむらでもない。
TVシリーズは「ほむ×まど」が「まど×ほむ」へと「逆転」する百合アニメだったが、そこからさらに「叛逆」するサイコレズ映画だった。

サイコレズサイコレズ言うとほむらを狂人扱いしてるようだし、まぁ実際狂人ではあると思うのだが、それでも、先述のように「正気のもとに狂気を行う」という状態を結末に合っても保っていることは明確に読み取れる。
それは、「まどかが居れば他のことは知ったこっちゃない」態度でありつつも、悪魔である自らへの抑止力となりうる魔法少女や魔女の存在を認めていること。そして、まどかが自分の選択を否定する未来すら受け容れようとしていること。
視野狭窄気味だったTVシリーズのほむらに比べて、こういう寛容さは「成長した」と言える。まぁ、「まどかしか見えていない」選択を為す点では視野狭窄が進んではいる、とはいえ。
ともあれ、ひとまず「まど×ほむ」と叛逆した関係が、再び「ほむ×まど」へと逆転する可能性すら受け容れている。これこそが、「並び立つ」関係性の完成を示しているのではないか。

「教義の為なら神をも殺す」
そんな台詞が思い浮かぶ、実に好みの物語だった。

○まとめ
「まど神様が何でも出来るんだったら、魔法少女が消滅するシステムじゃなくて蘇生するシステムを造ればいいんじゃないの?」
この“ツッコミどころ”に対して、どう出るか。どう“叛逆”するというのか。
昨年の劇場版が終って予告編が流れたときから気になっていた疑問であり期待でした。
そして、やはりと言おうか、単純に「0に還して蘇生する」という答えではありませんでした。
TVシリーズでまどかが辿り着いた、犠牲を肯定し救済するシステムを0に還すのではなく。
あくまで、ほむら個人の執着を極限へと昇華し、システムと化したまどかと並び立つこと。
それが、示された答えでした。
ほむらというキャラクターの極端な部分を真摯に見つめてさらに極端にした、そんな素晴らしい答えだったと思います。

○余談
もういっぺん見に行くつもりだが、ちょっと音響面がキツかったから気が引けている。いや、ちょっと女性声優の声がキンキン響きすぎて。いや、勿論、演技自体は上手くて引き込まれるんだけど。映画館の問題なのかしら。
それよかこれはBDも買いたいな。上の感想では物語構造の話ばっかだったけど、アニメ的にもカットの質・量ともに盛り沢山なシロモノでした。実は総集編映画のBD買ってないんですよね。
そういやヱヴァQのBDも買ってないんだよな……ブログの感想では肯定的なことを書いたけど、思い返してみるに、やはり「破」路線を期待していたことも隠しようのない欲望であり……そのことをBDで再確認するのがなんとなく恐くて。しかし『叛逆』のあとだとますます買う気がしなくなってくるのは何故だ。

○追記
サイコレズとしてのほむらの成長のことばっか書いちゃったけど、ほむらが妄想世界・改変世界の中で他の魔法少女を様々な形で「信頼」してるのも、成長のひとつだと思う。杏子への相談もTVシリーズより踏み込んでいるし、マミとの戦いでは彼女の性格にある種の信頼を寄せないと不可能な駆け引きをしているし、かなり美味しい役回りとなったさやかにも「抑止力」としての特性を認めているし。それらはほむらの成長の描写であると同時に、他の魔法少女たちのキャラの魅力をさらに膨らませる描写でもある。
あと、「ウテナっぽい」的な視点から……TVシリーズと劇場版の間に会得した視点から……なんか言ってみたい気もする。閉鎖的思春期世界からの犠牲を伴った脱出、犠牲となった者と犠牲を捧げられた者との関係性の変化、云々。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

満たされない物語と円環の理-「劇場版魔法少女まどかマギカ」考察

「劇場版魔法少女まどかマギカ-新編 反逆の物語」を鑑賞。 TVシリーズのまどかマギカに続く新しい物語として面白かった。 TVシリーズではいきつくところまで物語を描いたように感じたが、 映画ではTVシリーズのその先の物語が描けたという点に感動した。 ※ネタバレ要素が多いので、本編を未見の方はご注意ください。 暁美ほむらは何に反逆したのか 副題に「反逆の物語」とあるが、反...

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    巴マミの変身シーンは、とても格好が良く   鹿目まどかの変身するシーンは、とってもキュート。   巴マミと戦う暁美ほむらのシーンも凄いけど   美樹さやかと暁美ほむらの戦闘シーンも迫力満点。 &amp...

[映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を観た(第一印象)]

  おおお! パックス・サタン・ホムラ〜ナ!                             (魔王ほむらの下での完全なる平和・・・)    世界の事象は、等価交換!    前作で失ったモノは今作で取り戻せるも、               ...

【映画】劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 見てきました【購入物とか感想とか】

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語       鹿目まどか。 かつて、幸せな日々をおくっていた平凡な一人の少女が、       その身を賭してすべての魔法少女たちを残酷な運命の連鎖から解き放った。       まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらは、       彼女の残した世界でひとり戦い続ける。 「懐かしいあの笑顔と再びめぐ...

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』で祝福されるのは誰か?

 【ネタバレ注意】  「アニメーション映画は子どものためにつくるもの。」  宮崎駿監督はそう考えて作品をつくってきた。  その枷をはじめて破って『風立ちぬ』を発表し、宮崎監督は長編アニメの制作から引退した。  私が『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』及び『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語』に続く新作『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆...

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 「新編 叛逆の物語」

カラフル(期間生産限定アニメ盤)(2013/10/30)ClariS商品詳細を見る総監督:新房昭之 監督:宮本幸裕 原作:Magica Quartet 脚本:虚淵玄 キャラクター原案:蒼樹うめ 製作: 鹿目まどか:悠木碧  暁美ほむら:斎藤千和  美樹さやか:喜多村英梨 巴マミ:水橋かおり  佐倉杏子:野中藍  キュゥべえ:加藤英美里 (ネタバレあり)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

いや〜衝撃的だったな。

魔法少女まどか☆マギカ[新編] 『叛逆の物語』 考察3(ネタバレ含

はじめに言っておきますが、 私は魔法少女まどか☆マギカ大好きですよ! ゲームも、原作(BD)、劇場版は全部買ってます。 フィギュアもほむら、アルティメットまどかと買ってます。 魔法少女まどか☆マギカ プロダクションノート、 魔法少女まどか☆マギカ公式ガイドブック you are not alone. も買っています。 ちょっと置き場所がないので、KEY ANIMATION NOT...

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    巴マミの変身シーンは、とても格好が良く   鹿目まどかの変身するシーンは、とってもキュート。   巴マミと戦う暁美ほむらのシーンも凄いけど   美樹さやかと暁美ほむらの戦闘シーンも迫力満点。 &amp...

[ヲタ話][☆☆☆★★][映画]「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」感想

 2011年のテレビ放映後、瞬く間に社会現象を巻き起こした人気アニメシリーズの完全新作劇場版。鹿目まどかの願いにより、全ての魔女が消えた世界を舞台に、暁美ほむらたち魔法少女の新たな戦いを描く。 各方面で色々と物議を醸している本作。小生自身、鑑賞後にこれを

「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」@新宿バ...

 10月26日の深夜に封が切られてから、連日の超満員で映画週間ランキングでも堂々の1位に輝いた「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」 初日舞台挨拶が行われた新宿...

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新章] 叛逆の物語  総監督/新房昭之

【声の出演】  悠木 碧 (鹿目まどか)  斎藤 千和(暁美ほむら)  水橋かおり(巴マミ)  喜多村英梨(美樹さやか)  野中 藍  (佐倉杏子)  加藤英美里(キュゥべえ) 【ストーリー】 中学校に通い平凡に暮らしていた鹿目まどかが、身を呈して魔法少女たちを...

映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」感想

繰り返される朝の光景。同じようで何処か違う。 このアニメがカルト的な人気を得たのは、3.11での中断と再開が無縁ではないと思う。昨日まで当たり前だった世界が、こんなにも脆く崩壊する恐怖を肌で感じた目で、待ち焦がれたアニメの終焉を見た時、虚構と現実の喪失感が重なって、心の底の深くに刻まれた傷から何かが生まれ、その心の底に淀んだものが悪い夢のようにまとわりついて、このアニメの中の明...

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まど神様ができるのは、あくまで魔女を消滅させることだけなのでは?そういう願いだったから蘇生まではできないはずです。蘇生までするなら願いが二つ必要です。
まど神様は万能なんかじゃないんですよ。だからこそ魔女に対してだけは絶対なんですけど。

Re: No title

> 名無し@まとめいとさん
そうなのかもしれませんね。
そのへんの「願い」の条件の話があまり語られなかったので、自分はどうにも引っかかっていたのですが。
ただ、今回の劇場版で、改めて「あれはやはりまど神様の答えとして尊重されるべきものなんだな」、と納得したような次第です

No title

>>「願い」の条件の話があまり語られなかった
まどかだから叶えられた願いというのは,ふつうの人には叶えられない願いがあるということを例証しています.
なんでもかんでも願いが叶うわけじゃないということは確実ですね.
キュゥべえの願いを叶える力というのは,希望への相転移を利用するものですから,それで得られた量以下というのが条件だと思います.

>>蘇生するシステムを造ればいいんじゃないの?
蘇生するのにはエネルギーが必要なので無理なんじゃないでしょうか?
まどかは膨大な力を得てはいたものの,無限の力を持ってたわけではありません.
ですので,エネルギーの出処がまどかの願いに使ったものに求めるシステムなら,
いつかエネルギーが枯れ果ててしまい,システムは破綻しています.
つまり永遠に続かせるのは不可能な願いであり,叶えられない願いなんじゃないかなと.
「円環の理」の場合,言葉悪いかもですが,「消去」に過ぎないのでエネルギーはいりません.
新たな法則の構築にエネルギーを1回使うだけで済みます.

長文失礼しました

No title

蘇生され続けてずっと戦うとかまじ地獄じゃないですかwww
だから魔法少女も人として安らかに死なせてあげたいってのがまどかの願いだったはず。
でもそこにまどかはカウントされていなかったけど。
そして記憶を残されたほむらも割と地獄だったかなw

Re: No title

単に「蘇生」と書くのでは確かにわかりにくかったかもしれませんが、自分の言う「蘇生」というのは、「魔法少女という一種の少年兵状態から解放され、普通の少女として生きる」というような意味です。
結果として、まどかの魔法少女に対する捉え方が「少年兵」などという陰惨で否定的なものではなく、「希望の象徴」という明るく肯定的なものでしたから、そういった願いには至らなかったのでしょうが。
ちなみに自分が「少年兵」というイメージを抱いたのは、やはり、痛みを麻痺させて戦うさやかの姿が理由として大きいかな、と思います。

願いの条件に関してはみなさんのコメントのように、確かにある程度の考察はつくのかもしれません。
上のような「願い」は、エネルギー保存に反するのかもしれません。あえて「少年兵」という捉え方に拘って考えるならば、「彼らの社会復帰は絶望的」という現実もあります。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。