スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蛇とメガネ』第0401回「初めての」

お世辞にも、理想的な出会いとは言えなかった。
彼は全身に警戒心を漲らせ、僕はと言えばあまりの恐怖に下半身から、
いや、それについては思いだしたくはない。
でも、とにかく、あのときスネークと出会わなければ、きっと今も僕は、あのアームズテックの研究室で、せっせと悪魔の兵器を産み、そして無邪気に喜んでいただろう。
僕のメタルギアは平和をもたらす発明なんだ、そう純粋に信じたままで。
考えるのも恐ろしいことだ。そりゃ、こんな仕事をしている今だって、恐ろしいといえば恐ろしい。けど、外の世界に目を向け立ち向かうこと、内の世界に閉じこもり何も考えないこと、どちらに価値があるかは言うまでもない。
それに、正直に言って今の僕は、このスリルを楽しんでしまってすらいるくらいだ。
強さと疲れと優しさを秘めたブラウンの瞳に僕の顔を映す彼は、僕に新しい世界を開いてくれたんだ。
そして今僕は、いや僕らは、さらなる新世界を拓こうとしている。
少し怖い。僕はそれを和らげようと、
「スネーク、その…、やさしく
なぜか、言葉が詰まる。小さな怖れは和らぐどころか、さらに大きな恐れを招く引き金になってしまった。
さっきも思い起こした、スネークとの出会いの時のことだ。

気の触れたサイボーグに、僕は刀を突き付けられていた。数インチ先に迫った死。その恐怖は、まったく未知のものだった。だが、現在の僕が抱いてしまった恐れは、それとは別のことに対するものだ。
スネークは未だ、あのサイボーグとの記憶の中に囚われていて、目の前に居る僕なんて見ていないのではないかという疑念だ。それが、ほとんど恐怖として僕の前にのしかかったのだ。
サイボーグは、その機械化された肉体が、加工された音声が、生物的な不自然さを助長するどころか、人間を超えた存在感を引き立てていた。ほとんど妖美といってよかった。
しなやかに狂う相手に向かい、スネークは力強さをもって対していた。
その二人の、一体感。僕の脳裏にこびりついたままだ。
対して、僕は何をもってスネークと繋がっているのだろう。
僕は、父と妹に対しては家族としての、そして世界に対しては科学者としての、罪を負ってしまっている。償いきることはできない。そう、死者はもう誰を赦すこともできないからだ。
スネークも同じだ。償いえない罪を負っている。その共通点が、彼に惹かれ、繋がろうとした理由の一つであることは否めない。
でも、僕の罪は現実を見つめなかったゆえの罪だ。スネークの罪は、あまりに現実を、それも狂気に満たされた現実を見なければならなかった故の罪だ。
本意で無いとは言え多くの敵をその手に掛けてきたスネーク。彼が負った罪は、文字通り僕の罪とは比べ物にならないほどの現実感で彼を苛んでいるのだろう。
あのサイボーグ…グレイフォックスも、スネークに命を奪われた一人だ。
でも、グレイフォックスはスネークを最も狂おしく求め続けた一人でもある。
もちろん、戦場の、圧倒的な現実感を通して、求め合ったのだ。僕には、かなわない。

「オタコン!オタコン!しっかりしろ!」
僕ははっとして、ぼやけた焦点を合わせようとする。眼鏡を直そうと手を顔に伸ばし、掛けていないことにやっと気づく。ベッドに入る前に外していたことを忘れていた。
伸ばす先を失った右手。いや、まだ失ってはいない。この手で、彼との距離を確かめよう。
「スネーク…?」頬に触れる。不精ひげがちくちくと痛いけど、気持ちいい。
やっと焦点が合い、安心するスネークの顔が見えた。
「どうしたんだ一体。酷い顔色だったぞ。」
「すまない、スネーク。少し…昔怖かったことを思い出しちゃって」
嘘だ。怖いことを思い出したから、ではなく、スネークの僕への想いに疑いを持ったから、だ。嫉妬してもしきれないやりきれなさが僕を襲ったからだ。全く、最低だ、こんなときに。
「オタコン…」
スネークは少し悲しそうな眼をしていた。覚られたのかもしれない、そう思って僕は逃げ出してしまいたくなった。そのとき。
スネークが唇を重ねてきた。

続きを読む

スポンサーサイト

20世紀最高の兵士

MGS4でビッグボスの称号をやっと取れました。
MGS4bigboss
☆結果は以下の通り。
・難易度 THE BOSS EXTREME・・・敵兵の感度が良すぎるよぉぉぉっ
・クリア時間 4:08:14・・・五時間以内が条件。三章のセーブバグ(?)利用。
・コンティニュー 0回・・・以下はすべて「0」が必須条件。
・危険モード 0回・・・序盤の中東激戦区が一番厳しい気がする。
・回復 0回・・・バイク戦で泣かされた。
・スペシャルアイテム 未使用・・・ステルス迷彩と無限バンダナ使っちゃだめよ。

☆攻略経過、難所等。
事前準備
前の周の第五章で、非殺傷武器(麻酔弾、閃光弾、睡眠地雷etc)を買い込む。
儀式の人の動画MGS4@wikiを参考にするよう心がける。

第一章(クリア時・56分)
・Mk2合流まで・・・困った時の麻酔銃様もソリッドアイも無いのでガチでスニーキング。儀式動画を参考に、CQCや弾倉投げでのおびき寄せをうまく使ってクリア
・カエル戦・・・儀式動画の丸パクリ、罠師プレイ。ウンキャン利用。まともに銃を使うのは一階だけ。

第二章(クリア時・1時間58分)
・最初の村と段々畑・・・PMCをある程度眠らせ、反政府軍捕虜の蜂起を促し、戦闘で混乱してる間にホフクでコソコソ物陰を抜けていく。
・送電施設・・・儀式動画のように敵の土嚢に煙幕弾を使えば抜けられるけど、次のマップを楽に進むため反政府軍に施設を破壊させた。
・オクトパス戦・・・舐めてるとやられた。レールガンで削った後はアンチマテリアルライフルが普通らしいけど、ロックオンできるデザートイーグルのほうが使いやすかった。
・カーチェイス・・・パワードスーツは太陽銃、発狂兵はキャンセルCQC(直投げと同時に装備を着脱することで硬直をキャンセル)、オリハルコン製と噂されるゲートは根気よく機銃でおk。
一番きついのは第二ステージ。PMCを誤射しないようにして月光をテンポよく倒す。気力減ったら迷わずクスリに頼る。

第三章(クリア時・2時間20分・セーブバグ利用)
・バイク戦
最難関。第一ステージはスモークグレネードと麻酔銃のみでノーダメ可。
第二ステージは走行しながらのスモグレ投擲、検問ジャンプ中は太陽銃乱打をうまく使いこなせないと死ねる。太陽銃装備したまま最終面へ突入(これでエネルギーが充てんされる)。
最終面は開始と同時に全回復。無人機は無視していいが、ジープにはロックオンと武器切り替えを利用して素早くかつ念入りに対処。車二台が飛んでくるスロー場面ではオートロックを解除して、車の向こうに見えるカエル二匹に太陽銃。その後は兵士地獄。ドラム缶の大まかな場所を覚えて、スコーピオンで爆発させて敵を巻き込む(事故死扱い。殺害数に含まれない。)。これが出来ないとあっという間に蜂の巣。装備ウィンドウ展開中は時間が止まるのを利用してもいいので、落ち着いて狙う。
・レイブン戦
またまた儀式動画のパクリ。開始直後室内に来た無人機を待ち伏せ撃墜→釣られたレイブンにレールガン溜め3→レイブンが一度飛び出して突入してくる方向を見極め、飛行中に溜め3。

第四章(クリア時・2時間58分)
・ウルフ戦
有名なスモーク&スタンハメは慣れるまで結構難しい。自分は何度も失敗した揚句ハメ切れず、4分の1ほど敵の気力を残してしまったが、あせらずトラック下からモシン・ナガン。
・ヴァンプ戦
太陽ォォォー!
・ロボゲー
RAYのジャンプの着地点を見極めてタックルで超ダメージ・・・なんだけど、これまた慣れないので諦める。
溜めレーザーがすごく強いことに気づくまで、割の悪い格闘戦を仕掛けては死にまくった。

第五章(クリア時・3時間52分+スタッフロール等約16分で上記のクリアタイム)
・マンティス戦
まともにメリルのお世話を焼いてると死ねる。前の戦いの傷を小部屋(このあとのムービーでメリル&ジョニーが無双するところ)で癒し、なるべく司令室の外周部からショットガンやカービンで人形を撃つのに集中。なるべくカエルやメリルら傀儡に関わらない。人形を撃てばマンティスも怯み、あの恐ろしいホーミング鎌も無効化できる。エクストリームでは取り落とした人形をマンティスが回収する速度が凄まじく速いので、迅速な奪取のため最後(ムービー二回挿入後の三ヒット目)は近くから撃つ。
・格ゲー
むずい。何度死んだことか。フェイズ1,2でオセロットがおなじみのポーズとって叫んでるときは△連打で回復できるので、やばいときは積極利用。
フェイズ1・・・ダウン奪う→オセが起き上がり口を拭いかけた時点で五連コンボ開始→ダウン→・・・をうまく使って、なるべく被ダメージを抑える。
フェイズ2・・・右ストレート喰らうとライフ満タン→三分の二、なんてことも。
なので、しっかりかわしてCQC。エクストリームのCQCコンボは微々たるダメージしか与えられないが、だからといって焦るとやばい。
フェイズ3・・・正直攻略法がよく掴めない。とりあえず通常構え時の頭突きが怖いので、CQC構え時にやりったほうが良いか。
フェイズ4・・・ムービーの延長だろ?とかナメたらアカン。第三フェイズ乗り切ったことに油断して二回ここで死んだ(最高に泣ける)。間合いを測っている左手が交差する交差する直前くらいを狙って殴るとおkか。とにかく、焦っても遅くてもここまでが水の泡。

いやぁ、苦労しました。
でも、やっぱりMGSはこうやって高難易度の緊張感を楽しめるてこそですな。
見つかりまくり殺しまくりのランボープレイもダメでは無いけど、緩急自在に襲い来るスリルを味わえるのはやはりスニーキング。そして、いろいろ戦略立てて何度も挑戦してみる高難度のイベント戦闘。
いいものだな・・・。

☆特典アイテム
・17式拳銃
同時に条件を満たした称号HOUNDの特典。EVAが使用していた、モーゼルC96の中国製コピー品。
・Thor45-70
FOXHOUND特典。リキッドが3章で使っていた拳銃。装弾数一発だが高威力の、黄金銃的アイテム。某雷神の名前を冠してるあたりが色々とくすぐられる。
・パトリオット
MGS3のザ・ボスが使用していたゲテモノ銃。遊戯銃で見かけたら買いたい。リロード不要という不思議仕様なので暴れるのに便利。構えるとときたまあの曲のイントロが・・・!
・ビッグボスフェイスカム
最強の兵士ビッグボスを目の前にして、誰もが恐怖の底に陥る・・・わけではない。
顔を合わせたNPCが恐怖で動けなくなるのは正しいが、その理由はこういうこと↓
bigbossface
あ、グロ注意って書くの忘れてたw
これを使うと民兵とPMCの「うわぁぁぁ」「ひゃぁぁぁ」の嵐。一気にホラーかコメディかわからないゲームになります。
・ドレビンフェイスカム
武器70種を集めた特典。野原ひろしボイスのイカす黒人武器商。
・iPod Music(Big Boss)
ゲーム中アイテムのアイポッドで聞ける曲。


☆スペシャルサンクス
儀式の人・・・本当にうまいです。仕様を知り尽くしています。真似できないプレイも多いです。
MGS4攻略wiki・・・公式攻略本(今回は買ってないですなぁ)よりこっちのほうが役立つというご時世。
・ダウンロードカモフラージュ「メタリック」・・・ダメージ半減。イベント戦闘に有効。バイク戦には使えませんけど。
コジプロ・・・毎度良いゲームを有難うございまする。次回作も何やら動きが来てるので期待。

富竹が真っ先に逝くのも頷けよう

観光話です。
理系の癖に日本史好き(特に源平合戦あたり)なので、本州に来たら史跡をいろいろ見てみたいと思っていました。しかし、いざ住んでみるとやっぱり自分から城やら寺やらには行こうとはしないのですねこれが。正倉院展を忘れてしまっていたのはちょっと残念でした。
先週末に歴史好きの友人が泊まりに来てくれたので、いい機会なので京都観光に行くことに。

起きるのが遅かったもので、二条城に着いたのは午後三時ごろ、閉城一時間前でした。
前日深夜までヴァン先生×ルーク本をネットで探していた(※)のが理由だとはナイショ。
展示は二の丸御殿が中心。そういや大政奉還が為された場所でしたね、ここ。今はマネキンが並ぶ暗い部屋でしかないとはいえ、歴史の動いた場所を実際に見ると感慨が違います。
かつての忍者好きとして期待していたウグイス張りは、人が多すぎてどの鳴き声がどの足音に反応しているのかわからず残念でした。でも、忍たま乱太郎とMGSによってストーキング歩行をマスターした俺の足音は鳴っていなかったに違いありません。

次は東山へ。といっても銀閣は修学旅行で行きましたので、八坂神社と高大寺と知恩院へ。
八坂神社は祇園祭が奉納される社ですが、時期は全然ずれているので境内を軽く回る程度になってしまいました。
途中、変わったおみくじを発見。太郎だの花子だの、下の名前ごとにくじがあるというものです。
自分も友人もそれほど変わった名前ではないので(というか自分の名前は普通すぎて逆に変わってるけど)、両方ともありました。しかし、友人が(両方の意味で)引いているのを尻目に自分は「はやみ」とか「レイ」とかを探していました。
ありませんでした。駄目駄目ですね。神社じゃなく俺が。

高台寺は、太閤秀吉の正室、禰々(院号・高台院)が夫の菩提を弔い、のちに夫婦が祀られた寺院です。着いた頃にはもうライトアップの時間帯でした。
さすが桃山時代を代表するといわれる庭園。紅葉と雨でますます風情抜群。
と言いたいのですが、人が多いので静寂を楽しむとかそういうのは無理です。残念。
上野のフェルメール展なんかもそんなかんじらしいですね。今回は行きませんでしたが、龍安寺の石庭とかどうなんでしょうか。
まぁ自分も一介の観光客ですから他人の喧噪に文句をつけるのは行きすぎとしても、カメラ撮影者のマナーに関しては閉口しました。フラッシュ地獄や過度な通路塞ぎ自重汁。
自分は写真をあまり撮りません。めんどくさいから、そもそもカメラ持ってないから、という理由以外に、素人写真の形でああいうものを保存するのはあまり意味がないと思うからです。
「日本の美は一期一会を基調とするからしてそもそも像に留めるという行為からして・・・」みたいなお説教を押しつけるつもりはありませんが、カメラに収めるとどうしてもその場での印象を感じ取ろうという気力が削がれてしまうのです。これも古臭い・説教臭い・ありがち・の、石頭三拍子な考え方ではあるでしょうが。

知恩院はあまり長い時間を掛けて観てはきませんでしたが、三門も本堂も噂にたがわぬ壮麗さでした。法然上人の時代は今ほど大きな伽藍では無く、その死後も(焼き打ちを含む)火災と再建を繰り返し、江戸時代になってから浄土宗徒でもある徳川家によって現在のかたちが作られたそうです(ほぼwikipedia写し)。

帰りに寄った、「はやし」という定食屋は味、値段、ボリューム、そしてメニューの多さ(自分はちゃんこ鍋定食)まで満足。あのへんに住んでたらかなりの頻度で行きそう。

こう自分が書いたものを見返してみると文句ばっかりですね。
とても良い観光だったのですが、文化知識と感受性と表現力の不足に愚痴根性が上乗せされてしまい、史跡の素晴らしさが描写しきれませぬ、ということで。

※注 筆者はガチホモや腐男子ではありません。スネオタ本(スネーク×オタコン)本を所持していたり、「アイドルマスターを彼らにプレイ(性的な意味で)させてみた」シリーズが大好きだったり、ところかまわずアッーだのウホッだの言ってるのは全てネタでしかありませぬ。
まったく関係ないけどはまじは男装(違)もかわいいなぁ。まったく関係ないけど。大事なことなのd(ry

壁紙替えて家傾く

作品をよく知った上でものを言おうと心がけている反面で、知らないエロゲーの応援バナーを貼りっぱなしにしておくのもどうかと思うので、fenrirさんにはすみませんが消してしまいました。
代わりに、まずはぼくのだいすきな小島プロダクションのバナーを置くことに。
自分はMGSシリーズなど小島作品を愛している(といってもポリスノーツとか未プレイだから古参兵から見ればひよっこだろうな)ので良いことだと思っていますが、少し心配なことが。
このブログの性質上、一般人を自負する方々から見ると印象がよろしくないという内容を書くことがありえます。
著作権侵害くさい動画作品の話題やら、反社会的な冗談やら、エロゲの感想やら。
ここのダウンロードコンテンツの注意事項にそれらが触れるのかどうか。いまいちわかりません。
愛しているならしょうがないってことで573さんには許していただきたいところです。
まぁ過疎ブログまっしぐらのくせにこんな心配をするのは自意識過剰もいいところ。杞憂でしょう。
MGS4のノベライズした作家さんが昔やってた個人サイトでも、バナー貼りつつ結構きわどいパロ書いてたりしましたしね、大丈夫でしょう。

バナーはこれからも少しづつ追加する予定です。
案内や宣伝と言うより部屋の飾り付けのような気分で趣味関連を。

プラグイン関連の設定いじっていたら左右のサイドバーが下に落ち込む不具合が発生。
左はバナーを小さくすることで復帰しましたが、右側はどう直せばわからなくてそのまま落ち込んでます。
色々FAQとか見て自分でも試行錯誤した(何度も更新したおかげでアクセス数うp。自演乙。)のだけれど、テンプレート変えるとかくらいしか策が見つかりませんでした。
パソコン苦手です。ネット閲覧とエロゲプレイが限界です。今週もプログラミングの課題がやばい。
今日はこれから飯をかきこんでガッコのコンピューター室に行くと思います、多分。気が向けば。

そんなこんなで少し更新滞るかもしれません。すいません。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。