スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCrbの弁明

いや、ぶっちゃけネタを思いつかなかったんだ、サーセン。
すまない、牽牛織女の思いでスネ×オタの濃厚なラヴシーンを期待していた人。本当に、すまない。

反省している証拠として、僕はこう言おう。
「すいません、つい!」と。
2005年のシャドーモセス島事件に詳しい人にはわかると思うけど、これは忠義に生きた戦士が誤って老人を殺してしまったことを悔いた、とても由緒の正しい謝罪の言葉なんだ。

まぁ、でも、何かの縁と言うことで、僕の妄言につきあってほしい。

エイプリルフール。
或る悲惨な故事に由来すると言われるこのイベントは、現代のネット社会にあっては大行事となっている。
個人は勿論、企業は面白いウソサイトの作成に余念が無い。これは何とも滑稽なことだけど、エイプリルフールに人を楽しませようとしている人達は、何日も前から「嘘の準備」をしているんだ。

でも、僕はあえて言いたい。
こんなことに何の意味があるのだろう、と。

さて、ここで、エイプリルフールの特徴である次の三点に注目してほしい。
悲惨な故事に由来。企業が血道を上げる。波に乗りさえすれば楽しい。
…何か、他のイベントとの共通を見いだせないかい?
わからないか。それなら、もう一つヒントをあげよう。
エイプリルフールは非モテにも楽しめるが、「そのイベント」はモテ者でないと楽しめない。
…もうわかっただろう。そう、バレンタインデーだ。

あれが製菓企業の陰謀だということは、世界の定説だ。
僕だって、陰謀論ってのはあまり好きじゃない。
ホロコーストは無かったし、プレスリーは生きている?ハッ。オーケー、そんなことを書いている本など、便所紙の代わりにすると良い。少なくとも「ケツを拭く紙にもなりゃしねーのによぉーッ」ってことは無いだろうから、世紀末でインフレしすぎた紙幣よりは利用価値が高い。
そんなわけで、世にはびこる大半の陰謀論ってのはバカ話とイコールにして良い。

でも、バレンタインデーは陰謀なのだ。お菓子業界、そしてモテる人種どもによる、歴史上まれに見るコンスピラシー。僕らは、搾取されているんだ。その理由は俺の脳内等を読んで熟知すべし。

では、そのバレンタインと多くの共通点を持つエイプリルフール。これも陰謀であるというのはもはや自明だろう。
先ほど、「ある悲惨な故事に由来」と書いた。だが、wikipediaあたりを調べてもらえばわかるとおり、この逸話はその真偽が疑われている。

そう、エイプリルフールは、その成立自体に嘘を含んでいるのだ。
なんという自己矛盾をきたしたイベント。僕らは、そんなものに踊らされているのだ。

そもそも、僕らは、常に嘘を付き続けているじゃないか。
「僕ら」の中に含まれないような、偉い人たちだってそうだ。

少し昔、一向に真実を語ろうとしないブルジョアジーの老人に、プロレタリアートの若者たちが「我々の質問に答えろ」と詰め寄ったことがあった。
老人は一喝した。
「Fuck you…ぶち殺すぞ、ゴミめら…!」と。
そして、いみじくも、次の様にのたまった。

「大人は本当のことを言わないものだ」

そうなのだ、アサシン教団の言葉を借りれば、「真理は存在しない、許されぬことも無い」のだ。

ホント、この世は嘘に満ちている。
ヒストリーイズフィルドウィズライアーズ、って僕の尊敬する特殊部隊大尉も言ってた。

さて、いつものことだけど、結論も何もなくgdgdになってきた。纏めに入ろう。
いや、纏まりそうにないから、何かせめて区切りとなる言葉を残そう。

そうだな…。うん、そうだ、折角だから、僕は嘘をつこう。
あぁ、すまない。ちょっと待ってくれ。普段は(そして今も)言い訳という名の小さな嘘ばっかりついてるけど、これから言うような大きな嘘には慣れていないんだ。
だから、勢いをつけるために、ちょっとクスリを一発キメてないと。
えーと、薬品名は…「US-O800」か。

……。
…。
よし。

さて、では。

「楽しくない。これからまた、ずっとエイプリルフールは一緒に楽しまない」

konnnamonn

続きを読む

スポンサーサイト

チェルシーキャンディの思ひ出

さぁて、今日は何の日でしょうか。
そう、古の昔に聖ヴァレンティヌスが拷問の末に壮絶な死を遂げ、日本の御菓子業界が汚い販売戦略を仕掛けている日ですよ。

……。
…。
誕生日、クリスマス、そしてバレンタイン。
俺はどうしても、これらの日に自虐日記を書かずにはいられない。
はっきり言って、悪習以外の何物でもない。
だが、やめたくてもやめられないからこそ悪習と言うのだ。仕方ない。

聖人が殉教した日であるとか菓子業界の陰謀だとか、もう使い古された文句だ。書いてて恥ずかしくなる。
でも、やめられない。
ルサンチマンだかなんだか知らねーが、腹が立つったら腹が立つからしょうがねぇんだよ!

何でこんなにイライラしてるのかと言うと。
先日、あることを切っ掛けに、俺様のバレンタインメモリーの中でも一等イヤな思い出をほじくり返してしまったからだ。

チェルシーキャンディの思ひ出。

俺はあまり間食はしないが、口慰みにキャンディを買うことはたまにある。口慰みならガムのほうが一般的かもしれないが、あれより腹の足しになるのが良い。

冬になると、明治製菓から冬季限定チェルシーキャンディパックが出る。
パフェ、ヨーグルト、プリンなどの洋菓子を模した風味が三種類楽しめるパックだ。

だが、昔はお気に入りだったはずなのに、ある時期からは買った覚えが無い。
つい先日コンビニで見かけて懐かしくなった俺は、折角だからとレジに持って行った。

袋を開き、嘗めてみた。
口の中に広がる、洋菓子の甘味。
やはり美味しい。
だが、何か胸の奥にトゲのようなものが引っかかる心地がした。
そして、俺はあの日のことを思いだしてしまった。

中学一年生。13歳。
同級生は誰がカワイイだのカッコイイだのとサカりまくっている御年頃であったが、俺はと言えば「付き合う」という行為の意味すら知らず第二次性徴も始まっていない、純然たるオコサマだった。
今のように性格がねじ曲がってなどいなかったし、自分で言うのもなんだがどちらかと言えば優しく大人しい少年だったと思う。

学年末。2月14日。
帰りの電車。
委員会の仕事でたまたま遅くなったので、一人でチェルシーキャンディを嘗めながらゲームをしていた。
3種類の甘みが疲れを癒してくれた。
そこに、前の車両から歩いてきた三人。
社交的な性格で、女子からの人気も高い三人組。
俺とはそれほど交流が深いわけでもないが、行き帰りの電車が一緒なので話す機会はそれなりに多かった。

俺はチェルシーの袋を差し出して「要る?」と薦めてみた。
お菓子を買ったらおすそ分けするのが普通だったし、あくまで善意で差し出そうとしたのだ。

そうしたら、返ってきた言葉は、

「チョコレート貰ったからそんなもん要らねぇよ、そんなのモテない奴が食うんだよ、虚しいな。」

嘲るような目、哀れむような目、そしてイヤに落ち着いた目。
三種類の味が俺の中に広がった。

「ハハ、そうか。ごめんな」
俺は情けない誤魔化し笑いとともに、飴袋を力無く手元に戻した。

桑園駅で3人は降りて行った。彼らが見えなくなるまで、俺は笑顔を保っていた。
電車が動き出した。笑顔を消し、少しの安心が心を満たしたかと思うと、すぐに吐き気を催す感情が襲ってきた。

札幌駅のほの暗い明かりが目に染みた。刺すような寒さが逆に心地よかった。


……。
…。
あぁ、気分が悪いったらありゃしねぇぜ。
この思い出を追想して再認識したことがある。
俺はモテないこと自体についてはコンプレックスを持っていない…と言ったら、たしかにウソになる。
だが、それ以上に、モテ男のああいう鈍磨した感性によって心をギコギコと鋸引きされるのが大っ嫌いなんだよ!畜生め!キィーッ!

根に持ちすぎだ、と言われればそれは認めざるを得ない。
だが、だからどうしたと言い返すまでだ。

でも、俺は、非モテの星から来た男として、愛と勇気を教えていきたい。
こんな公開オナニー日記で鬱憤を晴らしているだけではだめなのだと思う。
あの頃の「善意が有れば悪いことは起こらない」という考え方があまりに幼すぎることはさすがに自覚している。
感情を敢えて乾かすこと。それを覚えたのだ。
だが、感情を乾かすことと感性が鈍ることは全く違うことだ。そのことを決して忘れてはならない。
俺は、非モテの星から来た男として、愛と勇気を教えていきたい。


「エロゲーでもやってろ」とか「例のDSソフトはどうした」とかくそつまんねーコメントしないでくれよな。
これは「押すなよ!絶対押すなよ!」的なフリではないんだからねっ!

近況報告。DQ5とかPW延期とかアポカリプスナウとかチベット展とか計劃小説文庫化とか

○ドラクエ5
なんとなく買ってきた中古のドラゴンクエスト5(NDS)。
4の真エビルプリーストは倒しそこね(←ここだけのナイショだよ)、7の序盤のダルさのせいでRPG恐怖症に陥っていた俺が、果たしてクリアすることが出来るのか心配であった。

出来た 出来たのだ

いやあ、すっかりハマってしまった。
何と5日でエスターク(隠しボス)を倒すまでになっちゃったよ、HAHAHA!
テスト期間中の筈なのにね!不思議だよNE!

そうそう、積年の謎が解け申した。
ドラクエ4(PS)が出た頃、俺の友人連中はあれを一週間かそこらでクリアしていたのですよ。
何で、あんな長いゲームをそんな速さでクリアできるのか?
何で、クリアに一か月以上かけた俺はバカにされなきゃならないのか?
まったく、謎でござった。
でも答えは単純だった。真実はいつも一つ(※1)。
要はあいつらヒマだったんだよ!
学生のくせに勉強してなかったんだよ!
俺なんか親に「ゲームは一日一時間」制限をかけられてた(※2)のによ!
まったく、学生の本分もわきまえずにドラクエをやるとは!あえて言おうクズであると!

……。
…。

ともあれ、良いゲームでござった。この「幼少期→青年期前半→青年期後半」っていう構成は素晴らしかった喃…時間の流れと重みが感じられた喃…。

とりあえずエスターク15ターンキルも達成しプチタークも仲間にしたので、やるべきことはもう殆どない(全モンスターゲットとか勘弁な)。
折しも、6がDSで発売されたばかり。
一般教養(笑)としてはプレイしておくべきなのでせうが、どうしようかね。

※1…まぁ、俺がなかなかクリアできなかったのは、補助呪文(主にスクルトとバイキルト)の有用性を知らない突撃バカだったせいもあるかもしれない。
※2…というわけで哀れな拙者は、勉強するふりをしてゲームボーイでコソコソ遊んでいたでござるよ…おろろ…。



○MGSPWの予約、そして発売延期
メタルギアソリッドピースウォーカー(PSP)をローソンで予約してきた。
ローソンで予約するとスペシャルアイテム「ステルスガン」(照射された味方は不可視化される)が確実に手に入るということなので(まぁローソンで予約せずとも、ゲーム中で条件を満たせば入手できると思うけれど)。
発売は3月18日。待ちきれないぜ。

ん。
http://ameblo.jp/kp-blogcast/entry-10445565165.html

4月29日に発売延期…だと…。
残念。
でもスタッフはこのことを重大に反省しているよう。その姿勢に職人気質が垣間見える。安心できる。
ブラッシュアップされてより面白くなったPWを期待してますぜ。



○映画DVDまとめ借り
映画DVDを何本か纏めて視ました。
『ジュラシック・パーク』『極大射程』『エネミーライン』『地獄の黙示録』。
なんで人間の爪と歯はこんな弱弱しいのだろうとか、やっぱりボルトアクション狙撃はいいなとか、CoD4と違って青ジャージ野郎がカッコイイなとか、そんなボンクラなことを思いながら。

地獄の黙示録は素晴らしかった。これまでに観た映画でベストかもしれない。
火力と狂気が彩る前半が凄いのは言うまでもない。
だが自分は、まさに「闇の奥」(※3)と言うべきものを淡々と描く後半も気に入った。ちょうど最近手を出し始めたバラードの小説(まだ読んだのは『クラッシュ』と『太陽の王国』のみ)を読んでいる時と近い感覚で鑑賞出来たと思う。ひたすら「滅びの風景」のビジュアルが続くといおうか。

ただ、今回視たのは2001年に出た「特別完全版」。
いくつかシーンが追加されており、それらの多くは「あくまでベトナム戦争映画である」ということを強調するかのようなものである。
そういった場面は却って、後半の「滅びの風景」の力を薄れさせているのではないかな、とも思う。
小説では19世紀アフリカ植民地だった舞台をベトナム戦争へと移して作られた映画だ。どちらの舞台でもありうる狂気を描くことを旨としている以上、舞台をことさらに強調する必要は無いだろう。

とりあえず、1971年版を借りるなり買うなりするべきか。

※3…原作小説の邦題。



○チベット展
歴史博物館でやっていたので、先輩と。
仏像にせよタンカ(曼荼羅などの掛け軸)にせよ、日本のものより派手(マジで腕が千本有りそうな千手菩薩とかね)で煌びやかであり、過激な表現(暴力的・性的)を規律と調和のもとに生かしている点も印象的だった。
滅多に見れないものばかりということなので(実際、このような持ち出しを反対している人も多いとか)、貴重な体験だったと思う。
ただ…「古くから統一国家である中国」を強調していたり、生仏関連の展示が異様に少なかったり、中印仏教の輸入のことばかりを書いていたり…政治的な意図を感じざるを得ない箇所は多かったなあ。中国文化局の主催だそうで。

しかし、たまの博物館見学は良いものよ喃。常設展示と併せて、千円ちょいで5時間以上楽しませてもらった。
靖国神社の遊就館のコストパフォーマンスも凄かった(※4)が、これまたなかなかのもの。

※4…何せ、室町~昭和までの史料を集めたボリューム満点展示が500円。閉館一時間半前に入って、まともに見れたのは4分の1弱。肝心の太平洋戦争部分を見る前に閉館時刻が来てしもうた。
あ、あと「統一中国が~」とか「靖国が~」とか書いてるけど、そのへんのことについて今の自分は強い主張を持っているわけではないので、悪しからず。



○伊藤計劃作品の文庫化
10日に出る『虐殺器官』の文庫版↓
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/20984.htmlに続き、
3月25日には『メタルギアソリッド ガンズオブザパトリオット』↓
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200912000570
も文庫で出るらしい。
MGSノベライズについては、黒丸文体を封印したり感情描写を濃くしていたり、作風を変えている面が強いこともあってあまりSFシーンでは語られていない印象があるけれど、文庫化を機会にその流れが変わるといいと思う。
あと、『ハーモニー』は文庫化の情報はまだ出ていないけれど、英訳されるという噂も。

充実(笑)の聖夜

おらおら、聖なる夜に聖なる更新だぜ!
まったく、久々だな(←毎回久々って言ってるような気がしてきた)。

今年のアタシのクリスマスは、チョージュウジツ♡
なぜって、知りたいノ?
それじゃートクベツに教えてアゲル☆
ただしこの文体は書いてて冷や汗が出てくるので、いつも通りの調子で。

○彼女とクリスマスパーティ
これくらいは、健康で文化的な最低限度の生活を保障されている日本国民として当然っすよね。
というわけで、俺も高嶺愛花嬢と聖なる夜を過ご…そうと思ったのですよ。
ですよ。
意気揚々とパーティ会場へ行ったのですよ。
「さすが愛花、ドレスが似合うね。ところで、このあと部屋を取ってあるんだ…」と、ハーレクイン顔負けの小粋な会話をかわそうと思っていたのですよ。
いや、ドレス姿を褒めるとこまではいったんですよ。
でも、「その…プレゼント…」って言われて冷や汗。しまった、買うの忘れていた。
だが、その程度ではドイツ軍人はうろたえないッ!ドイツ軍人じゃないけどうろたえないッ!
“げんじつ”では使えない奥の手がある。そう、設定変更による時間遡行…タイムトラベルだ。
俺は迷わず、TPDD(タイムプレーンデストロイドデバイス)を使用した。
12月20日日曜日のショッピングモールにてプレゼントを購入して、即24日へと戻った。
これで、幸せな聖夜を過ごせる。そう思った。
しかし、“現実”は“げんじつ”と同様、甘くは無かった。
プレゼントを渡すどころか、クリスマスイベントが再発生すらしない。
色々いじってみても、何も起こらない。
インターネットで調べてみると、どうやらタイムトラベルによるズルを許さない仕様になっているらしい。
つまり俺はカンニングをやらかし、まんまと試験官にしょっぴかれたってえわけだ。
スネーク、タイムパラドックスだ(バックトゥザフューチャーのドクの声で)!
冬への扉
高嶺マナカの消失
ラブマイナス。
死。
2chのラブプラススレ住人でもクリスマスイベントを様々な形で失敗した人がかなり多いようで、お通夜ムードが漂っておった…うう…。


○幸せな場所
現実でも、ギャルゲーでも俺はモテないのか!?
否!
エロゲーがあるッ!
せっかくefがある。おあつらえ向きなことに、こいつはクリスマスイブの出会いを切っ掛けに恋が始まるっていうストーリーでしたよ。アニメだけ視て原作ゲームは積んでおった。この機会にプレイして、みやこたんとラブラブだぜ!
俺にも、euphoric field…幸せな場所がきっとある…。
…でもこのゲームって、「主人公=プレイヤー」という図式を最大限排除してるんですよね、そういや。
いや、それ自体は物語表現として凄くいいことだと思うんだけど。でも、でも、俺の今の気分は、う、う、ううう。


○死の天使アルタイル、再び
そもそも、クリスマスというイベントを生み出したキリスト教が悪いんじゃね?
ってなわけで、イスラムの一派アサシン教団の一員となって、わるいテンプル騎士団に死の裁きを下すことにした(ゲーム上で)。
普通コンシューマーゲームというものは木曜日に発売される(ゲーム誌による売上集計の関係上らしい)のだが、なぜか12月23日(水)に発売された『アサシンクリード・ブラッドライン』。
やっぱ慣例通りも木曜日に出すとなるとその日はクリスマスイブなわけで、そんな日に出すのはまずいんですかね…と邪推してしまう。
まぁ、そんなことはどうでもいい。
まだ序盤だけど、結構楽しい。相変わらず、移動するだけで楽しいゲームだ。
さすがに据え置き機に比べるとショボいけど、ちゃんとアサクリしとるわ。
かなり短いゲームらしいけど、楽しくパルクールさせてもらおう。
しかし、ツンデレのマリクが出ないってのは残念だなあ。アル×マリハァハァ。
そういやPS3のアサクリ2は積んでいるなあ。ゲーム性も進化したっていうからやりたいけど、モダンウォーフェア2(MW2)がまだまだ遊べるんでね。



てなわけで、アンチクリストな聖夜を送るわたくしでありました。
畜生、カノジョとのクリスマスを台無しにしちまうなんて…もういい、アンデルセン神父でもなんでも来やがれ、必殺のGUN=KATAで相手になってやらあ。
…嘘です、許してください。


なんで更新が空いたかって?
そんなのは聞くのも野暮でしょうよ。
ちなみに、まったく関係ないけど、CoD:MW2のオンはレベル58まで上がりました。まったく関係ないけど。
階級で言うと少将。将たる器。
それもこれもクレイモア様(対人地雷)のお陰です。クレイモア様のお陰で6センチも伸びました。受験にも受かったし彼女もできたし札束も拾いました。
さぁ、あなたもクレイモア教団に入信するのです。
「神は人よりも先にクレイモアをお創りになられた」
「だからこそクレイモアは人が前に立つことを許さない」
「人はより効率的にクレイモアを仕掛けるために二足歩行を始めた」
「されどクレイモアは人類の友なり」

続きを読む

“さん”付けってEROくね?

「さんを付けろよデコ助野郎」(金田@AKIRA)

という名台詞はどうでもいいとして、異性の名前にさんを付けて呼ぶってのは存外EROい行為なのではないかと思う。
何をいってるかわからねーと思うから、とりあえずこれを見てくれ。どう思う?

さて、上記リンクの中から、ピンとくるキャラクターを挙げてみよう。
……。

あれ?このリストからは…
阿部さん上条さんシンジさん
…なんか男キャラばっかり浮かんでくる…。
阿部さん以外は特にEROさは感じないのに…。
でも、まぁ、「とある科学の超電磁砲」第四話で久々に十八番のお説教を聞かせてくれた上条さんや、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」でまさかの熱血っぷりを見せてくれたシンジさんは、凄くインパクトが強かったからね、仕方ないね。

いや、上のリストにも、あずささんとか響子さんとか、人によってはクリーンヒットしそうなキャラクターが居るけど、俺はあんまり知らないしな。

まぁ、上のニコニコ大百科の記事のことはどうでもいいや。
気を取り直して、EROキャラを挙げてみよう。

ここ最近知ったキャラクターでは、

・高嶺さん俺の彼女
・ガハラさん…「化物語」のヒロイン、戦場ヶ原ひたぎ。俺にもホッチキスでアレ(追記参照)してほしい。

あたりをさん付けして呼んでいる。EROを感じる。

ああ、それと「兄さん」とか「姉さん」とかもEROいと思う。

「兄さん」と言えば、俺にとっては義妹の音夢たんだが、そのへんは敢えて多くを語らない。「俺の妹」などと声高に宣言したところで、上には上がいる
ところで、「兄さん」を「兄さン」と表記すれば、人によってはもっとEROく感じるのかもしれないが、そのへんのことは詳しくは知らない。

「姉さん」と言えばタクティクスオウガのカチュア姉さんだ。
名言をいくつか引用しよう。

「利用できそうだから、おべっかを使ってるんじゃない。あなたみたいに、我を通すだけの能なしじゃないの、私は。少しは感謝しなさいよ。」(傭兵達に応援を頼んだ直後、応援要請に反対していた弟の親友・ヴァイスに対して)
「しつこい男ね! その不細工な顔、出来れば二度も拝みたくなかったわよ。」(自軍をつけ狙う賞金稼ぎに面して)
「助けに来てくれたのね。ありがとう、デニム!」(ナイフで切り付けながら)
「手に入らないのなら、いっそ・・・。」(最愛のデニムのことを想いながら)

そう、ぶっちゃけ、ヤンデレキャラのハシリのようなお方だ(※こういうことを軽々しく言うと、どこかから「いや、源氏物語には六条御息所が…」というような意見が飛んでくるけどな!)
度を越したわがまま。しかし、それは全て弟デニムのためである。
こんだけ尽くされたら、デニム君が「僕は姉さんを愛している!」と言っちゃうのも仕方あるまい。

…。

以上、すっげーどうでもいい話を垂れ流してきたけど、結局のところ何故俺が“さん”付けにEROを感じるのかというと。

本当は、呼び捨てやちゃん付け、渾名…もっと親しみの籠った愛称で呼ぶべきかもしれない。
だが、呼ぶには何らかの抵抗がある。呼べない事情がある。
そんな場合。
呼称として選ばれるのが、さん付けだ。
まるで目上の他人を呼ぶようなよそよそしさ。だが、そのよそよそしさこそが、そのまま奥ゆかしさに転化して、かえって親しさが滲み出ているような、



もう自分が何を言ってるのかわからねぇ。
ただ確かに言える事実は、またしょーもない性癖をネット上に晒したということのみだ。
もう寝る。おやすみ。

続きを読む

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。