スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルヒアイス(仮称)のこと

ああ、キルヒアイス。
お前はどうして逝ってしまったのだ。
ああ、どうして。

人がこうして失ったものを惜しむとき、言葉の上では「どうして」と疑問をを繰り返してはいても、心の内では答えが出てしまっている。
自分が不甲斐なかったからだ、という当人には受け入れがたい答えが。

彼はこの7年間、常に俺とともにあった。青春時代を一緒に過ごしてきた。
でも、あいつにはあまり良いものを見せてやれなかった。

青春時代、などと言ってもそれは単に年齢の上でのことだ。実際には、その語から想像されるような瑞々しさなどちっとも無かった。
「甘酸っぱい」とか「ほろ苦い」とかと言った表現の頭から二音ほど削るとちょうど良い、実にアレな時代であった。

だが、俺は色々なものを見てきた。綺麗なものも、汚いものも。
彼というフィルターを通して、鮮明な形で見てきた。
彼が無ければ、俺の世界に光は無かった。

そして、7年の間俺に光を与え続けてくれた彼は、最期は光から閉ざされたまま、昏き海底へと沈んでいった。
あまりに残酷すぎる死。

今まで、あいつには名前が無かった。
道半ばにして逝った相棒。
そうだ、キルヒアイスと仮称しよう。それが相応しい。

彼が死にゆくそのとき、「TCrbさま……宇宙を手にお入れください…」などと脳内に声が響いてきたわけではない。
今の俺は、将来的に一軒家を持てるかどうかすら怪しい程度の能力しか持たない。いや、一軒家と言わずアパート住まいでも無理かもだ。
でも、彼は冴えない俺にずっとついてきてくれた。
そう、俺にとって彼は比類なき忠臣であったのだ。俺の世界に光を与えてくれたのは、まぎれもなく彼なのだ。

これから、幾度、幾人が、こう呟くことになるのだろう。
「キルヒアイス(仮称)が生きていれば……」と。

キルヒアイス(仮称)の死から半刻後、俺には新しい補佐役・オーベルシュタイン(仮称)が出来た。
ちょっとそりが合わないが、彼が無ければ俺に光は無い。
キルヒアイスの無念を晴らすためにも、俺はオーベルシュタインを最大限に利用して自らを見つめ直し、未来へと力強く進まねばなるまい。

続きを読む

スポンサーサイト

風邪ひいたんだぜ

私事ですが。
風邪引きました。
ていうかインフルエンザ。
医者からA型って言われたから、新型のアレやもしれない。
しかし、あの検査方法は痛いなあ。鼻の奥に綿棒突っ込むアレ。自然に涙目になっちまったよ。

そんなわけで、今週はとりあえず合法的に自宅警備に勤しもうかと思います。
本もゲームも(あと食料と薬も)沢山積んであるからパラダイス!
…というわけでもないんだよな、体調が悪いとその分集中力も無くなるので、娯楽を十二分に楽しむことは難しくなるから。
旅行先に本を大量に持って行っても実際には大した量を読めないのと似ているかも。

ただ、自分がMGS1をクリアして感動したのは、軽い病気で学校を休んでいた時でした。
そう考えれば、何か良いものに出会えるかもという予感もします。

とりあえず、今プレイしている「アンチャーテッド エルドラドの秘宝」はなかなか面白い。
トレジャーハンターという怪しげな職業の主人公・ネイトさんが危険な目に遭っては「マジかよ」「うわわわわ」「おお、サイコー」などと愚痴る姿に萌え燃え。

今読んでいる小説も良い。部室から○んできた「クローム襲撃」。
首の後ろに電極挿し込んで直接ネットに入り込むようなSF(という説明をするとマニアの人には怒られるらしいが)のハシリ。
普段はプログラミングがわからなくて四苦八苦している俺ですが、こういうのは好きよ。
いいんだよ、作者だって執筆当時はパソコンに殆ど触れたこともなかったって言うしな!
ここ数年は故伊藤計劃氏に関連した書物を中心に漁っていくつもりなので、こういうサイバーパンクものが多めになるだろう。読みにくさに挫折する心配は…多分無いと思う、だいぶ慣れたから。

あと、深夜アニメ。
前期終了分でいくつか最終話付近を録画できなかった(TGS行ってたのでちょっと調整が狂った)ものがあるので。
「亡念のザムド」、「大正野球娘。」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「咲」。
「ファントム」…はこの前視終えたな…(あの終わり方はどうよと思った)。

それと、twitterのタイムラインでよく見かけるグラフィック・ノベル「フロム・ヘル」に興味あり。
この前読んだ「クラッシュ」と同じ訳者だということにも性欲を持て余す。
中心部の書店に行くわけにもいかないし、amazonでポチるか。

…どうせ、↑この中の一つか二つ消化出来ればいい方なんだろうな…。

まあ、そんなこんなで。
とりあえずは引き籠らせてもらいますわ。

しかし…まだ若いから大した心配もなく快復できるだろうけど、これから年老いていくにつれ、そうもいかなくなるんだろうな。心が沈みますな。

恋愛成績表

恋愛成績表なるものをやってみた。

何を血迷ってこんなものに手を出したのかというと、好きな作家のブログを読み返していて、「『恋愛成績表』では18段階中第18段でした。一生スタンドアローン確定なのです」というような記述を見つけたからだ。
その作家が誰なのかについてはあえてここでは名前は挙げないが、既に故人であること、そして俺は今まで何度もその方の名前を挙げているということを言っておけば充分であろう。
まぁ、上に思いっきりブログへのリンク貼っちゃったけど。

当然、故人を馬鹿にする意図など毛頭無い。むしろ、非モテの希望を掲げ貫いたその生き様には敬意を表する。
ただ、今月のSFマガジンに寄せられた追悼文章によると、実は非モテじゃなかった的な説もある(※追記参照)のだけれど。
…まあそれはいい。
というわけで、自分もやってみよう(はぁと)と思ったわけだ。
目 指 せ 最 低 ラ ン ク。
ただし、作為は勿論ナシ。普通に直感で質問に回答する。

んで、さっそくだけど結果。
>・恋愛レベル
「発情ニワトリ級」 (18段階中 17位)
恋愛タイプ 「無愛想型」
…そんな、「発情」って、オイ。ところかまわず「性欲を持て余す」とか言った覚えは無いぞ。しかし、順位にはなかなか満足。

> 出来事がすべてくだらなく思えるのか、うまく表現できないのかはわかりませんが、
…「全てが下らない!」ってアレか、サンデースノートか。俺はそこまで中二病では無…いや、今のはウソだ、すまない(右腕を押さえながら、いや抑えながら)。

>sさんは、女性のことをあまり考えたことがないのではないでしょうか。それもこれも若さゆえの経験の無さから来ているような気がします。
…綾波とか音夢たんとかで頭いっぱいなんだけどなぁ。おっかしいなぁ。

>出すオーラのなさ、雰囲気の悪さが目立ちます。
…「絶」という高等技術があってだね(以下略)

>まずは相手の気持ちをリアルに捉えるところからはじめましょう。
リアルなんてクソゲーだ!

>まず言えるのは、sさんは自分のことで頭がいっぱいであるということです。自分の気持ちはよく表現できるのですが、相手の気持ちをリアルに感じ取れてはいません。従って、恋愛の醍醐味である「感動の共有」などは現状では望めないでしょう。女性心理も把握できていないので駆け引きも下手です。
…リアルなんて(ry。とりあえず、「感動の共有」という言葉は胡散臭いぞ。俺は信じないぞ!

>・どことなくどよーんと湿ったオーラがsさんから漂っています
…ご明察。いや、でもこの評価文って「燃え盛る炎は熱い」程度の、見りゃわかるだろ・当たり前だろ的な情報量しかないっすよ、ええ。 何が言いたいかって?つまりは暗黒オーラの主であることは自覚しているということだ。

>・sさんは、彼女ができても早いうちに飽きるタイプです
…たしかに、エロゲのフルコンプリートとかやろうとしてもすぐ気力折れまする。

>・sさんには年下の彼女がお似合いです
…そりゃありがとうございます。ロリコン?何のことです?


興味深い部分を抜粋してコメントしてみた。
これらコメントからも、俺のアレさ加減は伝わってくるであろう。
ともあれ、これからも清きココロとカラダのままで生きていけることがわかった。
DTB。
さぁ、みんなもやってみよう恋愛成績表。そして結果教えてね!

出来れば、18段階中18位をゲットしたかった。
しかし、17位でも十分、生涯スタンドアローンの資格はあるだろう。
そろそろ、毘沙門天を信じようかしら。

続きを読む

三回吐いてワン(汚い話なので注意!)

                    日記を書く前に言っておくッ!
                    おれは今日アルコールをほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはリア充達の前で酒で吐いていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか一万円消えていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    チューハイだとかソフトドリンクだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


ビール、焼酎か何かのロック、ロック、ロック、…。
またホイホイ飲んじまった。

マジでもう酒をやめよう、と思いました。
アパートの冷蔵庫にあるワイン、ウィスキー、焼酎、ベルモット。
処分しちまおう…。ああ、酒の名前書いているだけで気持ち悪くなってきました。
つか、飲んで半日経った今もとてもダルいです。

吐き気もさることながら、眼の痛みに苦しみました。
「タバスコと一味とマスタードをいっぺんに流し込まれたような」とでも表現するのが妥当なのでしょうか。

消えた一万円の件は、「食事代+壊した扉の修理代」とのこと。
僕の失態のお陰で友人も結構店員に怒られたらしく、本当に迷惑をかけました。
授業料として、甘んじて受け止めます。

あと、リア充に会った後は無性にエロゲがやりたくなる。
なんだろうこの切ない気持(失笑)。

近況・2009春帰省前後

・テイルズオブジアビス第24話録画失敗の件
前回の日記で愚痴りまくった例のアレ。
やっぱり失敗していましたが、実質的には失敗してませんでした。
というのも、何故か「夜桜四重奏」のフォルダにTOA24話が納まっていたからです。
時間枠がずれ込んだ関係でうまいことそう録画されたのでしょう。
犠牲になった夜桜とインデックス、君らのことは忘れない。
惰性視聴だからといって切ってなくてよかったぜ。

・帰省
しかし、ジアビスを完録するにはまだ問題が。
HDDの容量がそろそろカツカツという、実に単純な問題。
翌日の帰省までに余裕を明けとかなければなりません。
なので、深夜から早朝にかけ、惰性録画アニメを倍速で観るお仕事。
「それって映像作品ならではの間の取り方とかを殺してるじゃん」とか「見ないで消せばいいじゃん」とか言わないでください許して下さい生きててすみません。
とにかく、やっぱり惰性視聴はイクナイと思いなおしたのでした。
そんなわけで、睡眠時間一時間で伊丹空港へ。
8時40分発10時25分着のJAL便に搭乗。
千歳空港に降りたとたんに感じる、ひんやりとした空気。気温で行けば大阪よりさらに低いものの、何というか肌に合うタイプの寒さです。
帰省して毎度思うことですけれど、まともな飯と風呂はいいものですな。
結構札幌中心部の街並み(※本屋の勢力図のこと)が変わっていたので、近々gdgdとショッピング(笑)に行くつもり。

・家族、襲来
とうとう父親がゴールデンウィークに下宿に来るとのことで、臨戦態勢に入った直後。
何と妹まで襲来するとかいう、最悪な通告が追加される。阿鼻叫喚。
管理人は義妹萌え属性は完備していますが、実妹はダメです。
「10年近くの長い間顔を合わせて無くて、久しぶりに会ったら物凄い美少女だった、なんて設定ならいけるんじゃね?」とか考えはじめてはいますが、そんなの関係ないぜ。
うちの妹には一ミリの萌え要素もありません。むしろ性格的な違いもあって、かなり苦手です。
奴が俺の部屋に来たら、何をしでかすかわかりません。
とりあえず、部屋の滅菌作戦の計画を立てなければなりません。

・げんし(ry vol3
現代視覚文化研究vol.3
やっぱり北の大地での発売は二日遅れですよねわかります
内容は前号に劣らず面白いので、次の日記はこのムックについて書く予定。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。