スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ラグーン 9

ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)
(2009/10/19)
広江 礼威

商品詳細を見る



サンデーGX誌で連載中のガンアクション漫画。
6巻後半から続いていた「El Baile de la muerte」(死の舞踏)編がとうとう完結。

○感想
いつもに増して、読み応えがあった。

この編ではラグーン号の面々はそれほど出張ってこないし、レヴィのガンアクションもあまり目立たない(7巻なんて、一発もカトラスをぶっ放していないくらい)。
彼らの活躍よりも、
・ロアナプラの街に働く微妙な力学
・大義に拠る者と欲望に拠る者の違い
・暴力に拠る者と拠らざる者の違い

というような、作品の本質的な部分をじっくりと描く編となっていた…ロアナプラという場に、ロベルタという異物が混入する構図を通して。
若様と少佐が、それぞれの苦悩と意志を明らかにしあう会話は、そういった本質をずばり貫いていた。台詞の中に暗喩を多く用いる作品ではあるが、作品の本質的な部分に触れているこの編にあっては、その暗喩も(直喩的とまではいかないものの)かなり直接的になっていると思った。

もちろん、街の様子やゲストキャラを描くだけでなく、主要人物の心理もきっちり描いている。
レヴィがファビオラにキツいところを突かれる場面なんかも良かったが、特筆すべきは主人公のロックの変化の描写だろう。
破滅的なギャンブラーを思わせる、見る者が不快感を催す、悪党の笑み。ロアナプラの街に殆ど両足を突っ込んでしまっている、もはや「夕闇」と言うには暗すぎる場所に居るロック。
んでもって、実はそれを自覚していないという不安定さも、これからの展開に含みを持たせてくれている。

アクション面にも満足(後述のような小さな不満もあるけど)。
デタラメな強さで暴れるロベルタと、統制された強さを持つ米特殊部隊、影で戦況を調律する元ソ連空挺部隊、そして影を縫って走るレヴィ達。それぞれの性格はかなり違うのだけれど、質実剛健さと荒唐無稽が縦横の糸のようになって、緊迫感溢れる銃撃戦を織りなしている。中盤までの地味な展開が嘘のよう。

バラライカの姐御も張の兄貴も新しい面を見せてくれて格好良かったし、良い巻だった。次巻にももちろん期待(まぁ、発売は一年くらい後になるだろうけど…)。
単行本の帯に「2010年 El Baile de la muerte編をOVAで発売」とあるので、そっちにも期待したい。

9巻での不満点を敢えて挙げると、戦闘シーンのわかりにくさがある。
どういうわかりにくさかということを具体的に言うと、
・描き込みが濃い(ベタ塗りの濃さ含む)ゆえに却って動きが見えにくい弊害
というのもあるけど、それ以上に
・複数の勢力(または分隊)それぞれの位置情報がわかりにくい
ってのがある。
集団戦かつ市街戦かつ特殊部隊戦という状況はこの漫画では珍しく、迫力もあって面白かった。だが、「誰が(どの集団が)どこに居るのか、どこへ向かっているのか」っていう位置情報が伝わりにくかった。「ランサップ通りへ向かっている」「集結地点へ後退!」などの台詞はあるのだが、読者側には地図情報は明示されないため、わかりにくい。出来れば、もう少しその辺を明らかにしてほしかった。
まぁ、「下手に街の地図や俯瞰図を描いてしまうと、いつどこで撃ち合いが始まるともしれない緊張感が薄れるだろう」…という反対意見もまた然りだけど。
だがアニメならば、その辺は柔軟に描いてくれそうな気がする(例えばロベルタ編でのカーチェイスとか、ほとんどアニメオリジナルであったが、街の地理が何となく伝わってくる場面だった)。

○その他
・ロベルタと義輝公のコラボ
室町幕府13代将軍、足利義輝公の最期の逸話をご存じだろうか。公は剣聖・上泉信綱や塚原卜伝から指南を受けた「剣豪将軍」であった。
部下の謀反に遭い、二条御所に攻め手が押し寄せる中、公は鬼神が如き奮戦を見せた。事前に自分の周囲に何本もの太刀を突き立てておき、振るう太刀の刃がこぼれれば、それらの刀に取り換えて敵を斬りまくったという。
なんでいきなり歴史蘊蓄を垂れ流したのかというと、まさにそれを思わせる場面があったからだ。
殺人メイド・ロベルタは単発式のマスケット銃を携え、周囲に何本もの槊杖(火縄銃とかに使う弾込め棒)を突き立てておき、撃つ度にそれを地面から引き抜いて次弾の装填に使う…。
何を言ってるかわからねーと思うが(ry
しかし、この発想は無かったわ。ガン=カタを知ったときと同じくらい感動した。

・あとがきにある「描き切れてない部分は次章で」
コロンビアマフィア内部での始末とか、ブレンらの殺人請負組合の話とか、さらっと流された部分もあるからそのへんを描くのかね。

・若様に性欲を持て余す
ノーコメント。
仕方ないね。
スポンサーサイト

ノノノノ 6

ノノノノ 6 (ヤングジャンプコミックス)ノノノノ 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/05/19)
岡本 倫

商品詳細を見る


いきなり自分語りを始めてしまって恐縮だが、少々の余談から。

小学校の頃クラスでよくやらされた、集団縄跳びが嫌いだった。また、自分は実際にやったことはないものの、「30人31脚」をテレビで見ていて、絶対やりたくないなと思ったものだ。
失敗したときにその原因が誰であるかということが明白になってしまい、そして自分が参加していた場合において”失敗原因候補”筆頭はまず自分だったからだ。

だが勿論、「ノノノノ」6巻で詳細が語られる「失敗の物語」は、運動音痴の小学生が縄に引っ掛かったとかそんな程度の話ではない。

確実な勝利を期待されていたスキージャンプ選手の、まさかの大転倒。
マスコミや一般からのバッシング、中傷、いやがらせ。
リレハンメル五輪での原田雅彦選手の一件をモデルにしてることは明らかだろう。

明らかだろう、と言っても、自分は幼かったのでそのときのことを覚えているわけではない。
だが、その話を教えてくれた両親の様子から、自分は二つのことを感じ取った。
まず、そういう嫌な出来事があったという事実を子供に伝えている真摯さ。
そして、イヤだねぇ~でも自分にはあまり関係ないしねぇ、といった卑しさ。

卑しさ、と表現してしまっては何か両親への悪意を探られてしまいそうだが、特にそういうことではない。
「入れ込み」と「引き」…応援者が持つ、当然といえば当然の二面性。それが時折見せるグロテスクさに対して、説得力が与えられたような気がしたのだ。

さて、この巻では主人公・ノノとその双子の兄・悠太の過去がいよいよ明かされる。
悠太は何を思って、ノノにジャンプを託し死んでいったのか?

たった数秒間の出来事が招いた悲劇。
原田選手は艱難辛苦と試行錯誤の末、長野で見事メダルを勝ち取った(そのときの様子は自分もテレビから見ていて感動した)。
しかし、劇中での由良悠介はそうはなれなかった。そして、原田選手とは大きく異なった人格と状況が、自身と双子の運命を大きく揺さぶる。

画像の帯にあるような「涙」だの「泣ける」といった定型文句は意地でも信用しない、ヒネクレ者の自分ではあるが、正直に言おう。
ちょっとキてしまった。
自分がこういうタイプの話に特別弱い体質だから、というのがやっぱり大きい。しかし、キャラクターの描き方の上手さを語らずにはいられない。

この漫画は、非常に個性が強い、魅力的なキャラクター揃いだ。
言い換えてみれば、極端な人物が多いということでもある。
では、極端というのが悪いことか?と言うと、それは必ずしもそうじゃない。
キャラ造形に隙や無駄が無く、一貫性があるということでもあるのだから。
そして、隙や無駄が無いってのは、人間味が無いということイコールでないことも言うまでもない。
軸のぶれは懸命に抑えるが、しかし人間らしく苦悩する。
そんな描き方の巧みさにより、悠太はとても美しいキャラとして、強く印象に残った。

続きを読む

ヴィンランド・サガ 第7巻

ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
幸村 誠

商品詳細を見る


アフタヌーンで連載中のヴァイキング戦史漫画の第7巻。
作者はアニメ化もされた名作SF漫画「プラネテス」の幸村誠。
昨日発売。

5巻で乱戦、6巻で一騎打ちと、泥臭い白兵戦で進めてきて、7巻では一転して王位継承を巡る知略戦の導入部へ。
神と人との在り様を理解し、王座を目指すに足る者へと覚醒したデンマーク第二王子クヌート。
それに付き従い、謀略を張り巡らせる知将アシェラッド。
圧倒的に不利な立場から、どのようにして二人が駒を進めていくか、これからも楽しみになる展開だ。

相変わらずアシェラッドが主人公トルフィンを差し置いて目立っているのだが、この巻ではその構図にそろそろ終わりが見えるか?と思わせるエピソードがちりばめられている。
まず、頭に血が上りやすいこと主人公に、アシェラッドが冷静さと狡猾さと自らの過去を説いて、トルフィンに課題を示してやったこと。これは、主人公が自立する契機となるだろうことは言うまでもない。
次に、猛将トルケルとの決闘を経て、トルフィンが巷で「侠気(カルルセヴニ)」の二つ名を得たこと。主人公が周囲に注目され始めているというのが物語の上で重要だというのは勿論、彼のモデルが実在の人物だということがほぼ確定したのも大きい。
そして三つ目に、あの人物が久々に登場してトルフィンに帰郷を薦めたこと。主人公は今の時点ではその誘いに何ら心を動かされてはいないが、謀略戦の渦中にあって武芸しか能が無く、そもそもその武芸を身に付けた理由も極端である彼が悩み、そして目覚める時期は近いのではないだろうか。

地味に好きな場面は、p13~14のアシェラッドとビョルンの会話。
根本の部分では深い溝があるとはいえ、長く生死を共にした戦友であることには間違いない二人の間柄が、言外からひしひしと伝わってきた。

以下、特に意味のない追記↓

続きを読む

ドスペラード

ドスペラード (チャンピオンREDコミックス)ドスペラード (チャンピオンREDコミックス)
(2007/07/20)
大和田 秀樹

商品詳細を見る


「オレ今彼女いないから今日のバレンタインチョコもらえないだろーなーっ」

あらすじ
騎士団領ブックロウ…西方との交易で栄えるこの街を揺れ動かす事件が起こる。
魔法使いギルド・聖竜会の会頭が白昼堂々敵組織に暗殺されたのだ。
一触即発の状態まで緊迫する、ギルド同士の睨みあい。
そんな街に、地・水・火・風を超える第五の属性である「萌」の魔法を操る男、エイジが帰ってきた。

ヤクザ屋さんにしか見えない魔法使いたち。
その中でも輪を掛けてひどい(褒め言葉)衣装の萌魔道師。
意外と王道な任侠ストーリー(ただし、骨組みだけ見れば)。
ドラクエやFF、銀河鉄道999などの作品に、喧嘩売りまくり(しつこいけど褒め言葉)なパロディの数々。
そして、「あの伝承」を大真面目に漫画のネタにしてしまう馬鹿らしさ(褒めry)。
どこをとっても、「その発想は無かったわ」と言うしかない、ハイクオリティなくだらなさ(ほry)を輝かせている。

「あの伝承」とは何かって、
「30歳まで童貞を守ると魔法が使えるようになる」
という、例のアレだ。
このブログの筆者も、それを信じ、聖典に守られ、ときに(ていうか四六時中)DTFB現象に身もだえし、日々慎ましやかに(笑)生きていることは言うまでもないであろう。

「ガンダムさん」「ムダヅモ無き改革」「大魔法峠」などでこの作者のセンスにやられてしまった人や、わたくしと同じようなあたまのおかしさを持つ人は是非どうぞ。
続編はコレの売上次第だそうな。ってコレどう続けるんだ。エイジと騎士団長が藤木(DT)vs伊良子(ヤリチン)ばりの戦いを繰り広げる絵がなぜか浮かんだ俺はやっぱり頭がアレなのか。今日はまだ酒飲んでないのってに。

最後にわたくしから一言。
「このブログは…か わ い い 女 の 子 が 読 ん だ 奴 か も!!!」

百舌谷さん逆上する 第二巻

百舌谷さん逆上する 2 (2) (アフタヌーンKC)百舌谷さん逆上する 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2009/01/23)
篠房 六郎

商品詳細を見る


ゆーじくんかわいいよゆーじくん

「ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害」という、他者からの好意に対して攻撃で返してしまう先天的精神病を負ったツンデレ美少女百舌谷さんが巻き起こすドタバタを、執拗で濃密な心理描写とともに描く、ラブコメ(に分類していいのか)。
アフタヌーン連載中。

第二巻は夏休みの章。
前巻に比べハイテンション。
下僕のドM少年・樺島くんを(あくまで善意で)痛めつけたり、ある目論見をもって樺島君の弟ゆーじくんに接触をはかる百舌谷さんの破天荒ぶりが炸裂する。

ハートマン軍曹ばりのしごきをかける百舌谷さんと、それに七転八倒する樺島君の姿は、何故だかよくわからないけども実にさわやかだ。
バックに流れる井上陽水の「少年時代」のせいだけではあるまい。

謎の黒髪ロングのお嬢様風美少女・早川贄子としてスニーキングミッションを繰り広げる場面では、病弱美少年やら腐女子看護婦やら、これまた妙な人物も新登場。

屈指の名シーンは、やはり樺島くんがドMカミングアウトをするところだろう。
「YOU,カミングアウトしちゃいなYO」

ラストの流れからすると、次巻は少しシリアス展開か。
基本的にコメディの中でシリアスをやろうとすると流れが澱むものだが(逆はおk、いいスパイスになる)、この漫画に関してはコメディながらも(いい意味で)もとから陰湿なので、そんな心配はないだろう。

そう言えば、前巻発売時に落丁だのカバーの紙質が違うだのでちょっとした回収騒ぎがあった。
自分の持っている初版第一巻は落丁はないものの、たしかにカバー質は二巻とは違う。
わかりやすいところではデスノートの単行本みたいな、マット地の紙。
作者によれば、この紙質は発色が良くないそうで。
ここは一巻の重版バージョンを愛読用として信者買いすべきところか。

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。