スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払いは学ばない

お久しぶり。帰省中のSolidです。
せめてH20年内にH2Oを終わらせるぞ、という気概のもと、クリック、クリック。
なんだよクリスマスイベントあるじゃねーかチクショー!とか今更気づいて勝手に憤慨していたら、五感に搭載されたママが来たセンサーに突如反応が。
右クリック、緊急回避モード(※)!
ではなく、
普通にセーブしてウィンドウを閉じる。
数秒後、おかあさまが部屋にお入りになり、家事手伝いをしろとのご命令。

そんなわけで、久々に雪かきといふものをやりました。関西人気取りの俺様には重労働でした。
前日のスキーによる筋肉痛(なぜか足より首や背筋が痛い)が響いたせいもあるのですが。
約一時間半。

その日(30日)は中学の友人との飲み会がありました。
待ち合わせにはまだ余裕があったので本屋で暇つぶししていると、ギリギリでした。
もう少しで、時間には間に合っているのにビリだから罰ゲーム、という某キョン的状況に陥れられる寸前。

で、飲み会。食べ飲み放題2時間。

 ま た 、 や っ ち ゃ っ た … 。

かなり盛大に酔っちゃいました。
飲み比べ大会でもないというのに、なんでこうも飲みまくろうとするのか…。
少しは強いところを顕示したい、という半端なマッチョイズムかもしれませぬ。

罪状。

1、飲んだ酒
普通のカクテル(スクリュードライバーとかモスコミュールなど)
ビール(中ジョッキ)
日本酒(冷)
芋焼酎(ロック)
ウィスキー(ロック)
ピッコロがラディッツ&悟空を殺した技と同名のカクテル(ワサビベース)
ベジータの技・「最後の光」と同名のカクテル(鷹の爪べース)

2、凶状
・飲み屋にて
揚げ物用のレモンを皮ごと喰らう
美少女だけでなく女装少年が好きなことをゲロってしまう
30才には魔法使いだ妖精だ、だののネタを誇り高く語ってしまう
上記のネタカクテルを平気でやってしまう
普通に呼びつけた筈の店員に、なぜか笑われる
ステーキ用の鉄食器に指を押しつけても全然熱くな~い
・路上にて
巧みなEnglishでしゃべる
「楽しいなぁチクショー」だの、数々の酔っ払い台詞
サングラスでマトリックス気どり
酔いざましにビンタされても背負い投げされても悔しい感じちゃうビクンビクン
・カラオケ屋にて
性感飛行(CV.ヤランカ・リー)を熱唱
何故か日付が変わらないうち、早々に解散する羽目に(経緯については記憶喪失)
料金を払い忘れる
・大通公園にて
マフラーを無限バンダナとして着用
ストーキングホフク(MGS4参照)で雪上を移動する
雪玉当てられても感じ(ry

まぁそんなかんじで。
もっと他にも痴態を晒していたかもしれませんが、脳内から削除されました。
関係者各位には謝罪のメールを送ったのですが、一人も返ってきません…。
帰りの地下鉄が一緒だったNさんは笑ってくれていたので、他のメンバーにもそこまで嫌われていないさ!…と、楽観的に信じます。

おさけにはきをつけよう。

※…最高に役に立たないけども、笑える機能。ママが来たら使ってみよう。
スポンサーサイト

体が…熱いの…

シャンパン一人酒宣言をしたはいいものの、近くのスーパーにそれらしきものが無く(探し方が悪いだけかも)、仕方ないのでウォッカとポンジュースを買ってきたSolidです。
攻・ウォッカ×受・POMでスクリュードライバー。
基本的には飲みやすいもののそこは「火酒」ベース、軽すぎはせず、飲み会なんかではよく頼みます。
まぁ自分で作るのは初めてで、タンブラーだのステアだのはよく意味が分からなかったりするんですが。
そんなわけで軽く酔っています。顔に出ない・吐かない・絡まない、しかし自爆方向にまっしぐらで世話が焼ける、と評判のワタクシの酔い方。その片鱗を匂わせるこの日記を、聖夜の慰みにしてくださいませ。
たぶんすぐ終わっちゃいますが。

「イリヤの空・UFOの夏」(秋山瑞人・著)。
その魅力について語るのはここでは保留しておきますが、間違いなく名作と言えます。
未読の人はぜひ。
んで、ここから本題。
この作品は所謂「難病もの」をモチーフにしています。
これは「このSFが読みたい!2005」(2004だったかも)の小川一水・冲方丁との三者対談企画で作者が語っていたことですが、読んでいる最中になんとなくわかった人も多いでしょう。
実際、単純に一言で片付けてしまえば「あざとい」部分もあります。
ただしそこは抜群の描写力で読者の感情に訴えるようになっており、嫌悪を覚えるものではありませんでしたが。

「難病もの」については昨今の映画×原作小説ブームで絶賛されたり槍玉に挙げられたりしていますが、あえてそれについて論ずるつもりはありません。
単に、例を挙げるだけの知識もないからです。ただ、新聞の書評欄で読んだちょっと面白い話ですが、難病もののパロ小説ってのも少しはあるそうで。
なんでも、いかにも難病もの的な境遇にあるカップル…サナトリウムで死を待つ女とそれを看病する男…が、隣人…二人の間柄を冷笑し小説化しようとする…視線に怯える、とか。
なんて本だか忘れました。知ってる人は情報よろしく。

そこでいいかんっじに酔いが回ったアタマで考えたことを一つ。
難病ものの構造を外からのメタ視点でパロディにする…と、ここまで変わった試みをしなくても、テキトーに作品を見つくろってその構造を当てはめてみたら暇つぶしになるのではないしょうか。
要は、「相棒」というキーワードひとつからスネーク×オタコンに走るような、腐男子視点を応用して妄想するわけです。
わけわかんないですね。では、実例。
「フルメタル・パニック!」。
この前7巻の感想を書きましたが、昨日買って気た8巻(燃えるワン・マン・フォース)も実に面白く、もう読めてしまいました。
この作品で僕が大好きな悪役がいます。そう、ガウルン。
一種の美学に昇華しているほど下卑た言動と、大胆かつ合理的なプロとしての手腕。
そしてここで重要なのは何より、膵臓癌に冒されているため、死の恐怖を完全に克服、それどころか弄んですらいること。
膵臓癌といえば、発見が難しいためまず完治することはない難病です。
ガウルンはそれはもう狂おしいほど主人公・宗介を求めています。ヤンデレです。
宗介はいやよいやよと言いつつも、ガウルンとの因縁に決着を求めています。ツンデレです。
相思相愛。でも、難病のせいで近い将来別れなくてはなりません。
ほーら、これも難病もの。簡単でしょ!

ごめんなさい、ヤンデレだのツンデレだの難病ものだのレッテル貼りしまくったあげく、オチが浮かびません。
ヤマなし、オチ無し。イミなし。三拍子そろって801です。腐男子ですいません。
酔ったバカが聖夜に考えることってのはこんなもんです。

意外と長くなりましたね。
帰省の準備をしなくては。また一杯酒を飲んでから、ね。
いまさらですが、ポンジュースのような100%果汁は果実特有の青臭さが残るせいか、カクテルには合わない気がします。
では、また、どこかの時間線上で。メリー・クリスマス。

ああ、酔ってきた。この過疎ブログに極上のコメントを寄せてくれる方に俺の愛を捧げます。
てか、コメントを渇望していますまじで。頼むよそこのアニキ。

1000hit

君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたブログ、それが「Solid戦記(笑)」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も1000ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。 
ほら、この1001の人、1000げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この1001のひと、変な絵文字使ってくやしぃ~!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」 
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この1001のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に1000をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。

君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、1001のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。

天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む

        1000hit

続きを読む

チラシの裏(2008.12.18)

MGST
iPod touchかiPhone専用と申したか。
「i」をあしらった予告画像や、4のゲーム中でのアップルとのコラボ(アイテムにiPodがあって専用podcast番組も配信されたり、オタコンのノートPCがiBookだったり)からして、確かにこれが妥当な流れだろう。
緑色→Xboxという説もあったけど、色調がかなり異なるからとりあえずそれはないとは思っていた。
だが、iPodゲームとわかったところで、自分が持ってるiPodはクラシック。
容量に任せて音楽を詰め込めればいいと思った結果。
プレイはできない。
まぁこれは4を原作とした簡単なシューティングということで、本格新作というわけではないから我慢できるはずだ、たぶん。
au携帯専用のMGSモバイル(一応本編扱い)も我慢した(せざるをえなかった)しね。
自分としてはやっぱり、PSPでのスピンオフ型新作を期待していたのだけれどそうはいかないか。

明日は伊藤計劃さんの第三長編『ハーモニー』が出るので買いに行きたい。
ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2008/12)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

『虐殺器官』、『MGSガンズオブザパトリオット』を読んだのは勿論、ブログが非常に面白いので昔から追っかけている。
今作のテーマは何と「百合」だとか。
自身の闘病生活に影響されたという、医療中心社会を基調にした世界観との兼ね合いが気になる。
他にも積みモノがかなりあるけど、早く買って読みたい。
でも近くにSFJコレクション扱ってるような大きい本屋はあまり無かったりして。
明日授業が終わったら梅田に行こうか、もし物理の宿題に目途が付いていればの話だけれども…。
ネットで頼んでも良いが、すぐ届くのだろうか?某北の大地は「ジャンプの人気漫画以外は二日遅れ」「ネットは頼んでから五日」がデフォだったゆえ、この物流の中心地・大阪に来てもそんなことを考えてしまうのだった。

ところで、24日はエロゲのクリスマスイベントを攻略してこそ自虐話のネタになると思っていたのだが、どうやらそれも難しそうだ。手持ちのゲームにそんなものがない(たぶん)。
それもこれもはやみの誕生日(25日)を忘れてしまっている弘瀬琢磨のせいに違いない。
困ったものだ。まぁいいか。
焼酎も切れたし、シャンパン(笑)でも買って一人で飲もう。ちっとも甘くない聖夜ゆえ、スイーツはいらぬ。

つづくオン・マイ・オウン

つづくオン・マイ・オウン―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)つづくオン・マイ・オウン―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(2004/10)
賀東 招二四季 童子

商品詳細を見る

他にも積んでる本がかなりあるというのに、つい先日買ったこれが思いのほかぐいぐい読めてしまった。
もちろん、ライトノベルということで文章が読みやすいせいもあるのだけれど、息をつかせないという形容がまさにふさわしい展開だったというのが大きい。
最近、サンテレビでの再放送が終わったフルメタルパニック?ふもっふ。これの原作は小説の短編シリーズだ。アニメでも原作でも、戦争バカの主人公・宗介が普通の高校で巻き起こすトラブルを描くコメディで、かなり笑える。この作品における、「平和」のサイドである。
そのサイドがこの長編第七作「つづくオン・マイ・オウン」で崩壊する。
警告、襲撃、逃走、破壊。
今までも危ういバランスで保たれてきた日常には、もう戻れなくなる。

絶望的な質量の攻撃と、それに抗する宗介&アーバレストやミスリルの必死の反撃、次から次に目まぐるしく動く状況。今までの作品のように節ごとに「JST 1200時 陣代高校」のような冒険小説的時間表示が出ないところを見ても、その圧倒的な連続性がよくわかる。
地味なところかもしれないが、宗介とクラマの間で繰り広げられる交渉合戦が自分はかなり好きだった。鉄火を散らしあうだけの戦いにとどめず、さまざまな要素を詰めて読者を楽しませてくれる姿勢が表れてると思う。
レナードのチート性能もいいかんじ。

あとがきで作者は「世間ではこういうのは『鬱展開』と呼ばれるのだろうけれど、まだ誰も苦境に諦めきってはいないのだから、こういう言い方は好きではない」と述べる。
そう、生き残ったメンバーの闘志はまだ潰えていない。彼らの向かう先を是非見届けたい。

MGS3発売4周年

メタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Bestメタルギア ソリッド 3 スネーク イーター PlayStation 2 the Best
(2007/11/29)
PlayStation2

商品詳細を見る


そうだ、今日は発売日だ。
MGS3。メタルギア、スネーク一家、オセロット、FOXHOUND、愛国者達、さまざまな謎のルーツを辿る熱く哀しいストーリー、サバイバルをテーマとした(いい意味で)泥臭いゲームシステムで送られる、冷戦下のスパイアクション。
MGS4も面白かったが、総合的に見てこの3が最もバランスが良かったと思う。
特に、カメラ視点に修正を加え、様々なスペシャルモードを加えたサブシスタンス版(写真は「スネークイーター」になっているが、内容はサブシス)は完璧。
称号プレイが途中で終わっているので、実家からPS2を拉致してきて、久しぶりにやりたいものだ。

高二の頃、今以上に狂信者だった俺は、発売日を待ちに待って他のことには手がつかなかったものだ。そんなこんなで成績が・・・いやなんでもない。
午後6時ごろ、コナミスタイルから限定版が届いたときの嬉しさは未だ鮮明に覚えている。
説明書を読むときですら興奮が冷めやらない。
家の取り決めで、そう中毒的な連続プレイはできなかなかったものの、熱中してじっくりプレイすることができた。
約10日でクリア。かの桜井政博氏を「萌え!」と言わしめた熟女ザ・ボスの生き様に感動したものだ。

沢山書きたいことはあるのだけれど、16日中に投稿したいからここで今回は打ち止めだ。
いいセンスだ。

ある意味リア充

なかなか充実した週末でした。

金曜
・1610時 授業終わって、帰宅、読書。1700時ころには寝オチ。
・2000時 部室に行こうと思っていたのに、もう遅い。鮭釜めしの素(賞味期限切れ)で夕食作り。
・2100時 先輩三人から遊びの誘いが来たのでホイホイついていく。飯食って30分後出発。
・2200時 先輩宅へ到着。が、忘れたPSPを取りに引き返すことに。
・2300時 大阪の道って迷いやすいねん。自転車もパンクして泣きっ面に蜂。なんとか先輩宅へ再到着。狩猟解禁

土曜
・0900時 モンハンとニコニコ塗れの夜が明ける。ガチムチパンツレスリング最高。自分だけ無意味に徹夜。お泊りした三人で日本橋に行こうという話に。
・1000時 帰宅、シャワーを浴び仮眠。
・1300時 起床。かわいい男の子好きの先輩genさんも一緒にいたのだが、寝込みは襲われなかった。何故だろう。
・1400時 釜めしの残りをかきこみ、もう一人fenrirさんと待ち合わせ場所の駅へ。
・1420時 合流。阪急で梅田へ。
・1500時 まずは梅田のソフマップへ。エロゲ売り場でudkさんと会う。こんな時間にこんな場所で。いいセンスだ。
・1520時 課題が残ってるfenrirさんと、すでに日本橋帰りであるudkさんと別れ、genさんと日本橋へ。
・1600時 友人から頼まれてたゲームを買う(-7500円)。福引券ゲット。
・1700時 外付けキーボード(-1400円)を購入。アニメイトで某エロゲの後編新品が安かったので買う(-4000円)。また積みゲが増えました。アニメ終わったら前篇始めるけど。
・1800時 福引きという名のキャンディ掴みどりを済ませ、今度は梅田のヨドバシへ。MGS2バンドデシネ(-2500円)を買う。genさんもRPGをライター一本買い。お互い「信者乙」と自嘲しあう。
・1830時 genさんと別れ、帰路へ。
・1900時 最寄駅、石橋に着。フルメタ7巻(つづくオン・マイ・オウン)購入(-520円)。今まで旧カバー版中古でそろえていたのだが、次巻は多分新装版で出るだろうから、そっちに合せる。5巻をカバー買いしそうになったが自重。
・1930時 genさんをほぼ無補給で先刻まで稼働させたカツカレー屋の大盛り。久々に自分も食いたくなったのだが、満席。仕方がないのでいつものチェーン定食屋へ。期間限定のもつ鍋定食(-780円)を試す。もつが妙に甘い気が。
・2000時 スーパーへ。冷凍食品と牛乳がないと生きていけない(-3000円)ので。
・2045時 やっとこ帰宅。先月比二倍になったとの電気代通知に少し凹む。そうですよね、一時間30円のヒーターとはいえ一か月使えば・・・
・2100時 読書したりなんなりでgdgd。フルメタ7巻が自分好みの絶望展開でどんどん読めた。
・2200時 ここ24時間、趣味に没頭できたとは言えさすがに疲れていたので寝オチ。

日曜
・1000時 気持ちの良い起床。睡眠時間に突っ込んだら「愛国者達」に消されます。
・1200時 シャワーを浴び、パスタ(笑)を茹で、アニメ見ながらお食事。キューピーのツナクリームソースはどうもクリ~ミ~過ぎてしまりの無い味だなぁ。かんなぎは終盤で一気にシリアス展開か。
・1300時 読書やPCでgdgd。ミノル動画が途中で止まっちゃうよおおおっ
・1600時 そういやパンクしてた自転車直しにいかな。
・1630時 自転車を預けて、商店街でgdgd。主に雑誌と小説立ち読み。焼酎のリロードは控える。
・1720時 修理された自転車を受取(-2500円)。チューブズタズタでしたとさ。一カ月に一回は空気入れましょうね。
・1730時 コンビニでお金をおろそう。と、思ったら三菱東京UFJまたバグってんだろおおおおお
・1740時 前日も来たスーパーへ。米10キロ安ぅい(-3600円)。パスタソースとチキンラーメンとシスコンフロスト(シリアル)も補充しとこ(-1400円)。
・1800時 帰宅。残っていた米を炊く。丁度無くなった。補充して良かった。専用容器に米と水をレンジに入れたら読書。ところで、このとき容器にケチャップとかスープを入れたら、昨日の炊き込みご飯の素と同じ要領でピラフのようなものができるのだろうか。誰か教えて。
・1900時 米が炊き上がる。モヤシと卵をそろそろ使い切らなきゃならないのでチャーハン。最近だらしねぇな?あぁん?アンカケチャーハン?
・1930時 禁書目録のアニメ見ながら夕食。ゆりゆり!ゆりゆり!(マリみて好きのgenさんに怒られそう)
毎度のことながら、もやしチャーハン二合はキツい。これでも全然太らないから、実家に帰ったらまた痩せた痩せた弾幕が厳しいに違いない。
・2030時 PC起動。昨日の買い物を見ると、うぃんどみるの『祝福のカンパネラ』の体験版が付いてることに気づく。やってみようかなこれ。とか思いながら、ブログ読んだり書いたり。
働いてもない癖にここ二日でいくら金が吹き飛んで行ったかなんてことを考えてしまったら、元ニート・現在ニートもどきの名折れである。

今週
解析学のテスト 危険度A
プログラミングの課題 危険度B
物理のレポート 危険度B
飲み会 泥酔度S予定

ef2 7・8話感想

第七話
過去パート:優子を救えなかった夕の後悔と、改めて優子を救おうとするには甘すぎる覚悟を描く。
現代パート:再び久瀬からミズキに向けられる拒絶、本当は死の恐怖におびえる久瀬。
第八話
過去パート:ある程度の開き直りと楽観を以ての逃避行と、それが陥る必然的な終焉。
現代パート:周囲にまで投げやりな態度を向けてしまう久瀬と、再起に向け支えられるミズキ。

6話の優子の「殴られて蹴られて・・・」、
7話の久瀬の「何故、何故、」、
8話の明良の「逃ゲタ」。
たたみかけるような文字と演技で主人公(という言い方は正確ではないが)らに浴びせられる台詞が痛烈。
あのナイフに集約される、雨宮兄貴の頽廃的・破滅的な性向もまたいい味出していて。
そして、久瀬が見せる生への執着と死の恐怖。
前期はどちらのパートも色々なものや関係が純化されていました。たとえば、所謂”修羅場”でも、景は針のように鋭くみやこを刺そうとするも、布のようなとらえどころの無さでかわされてしまうように、ドロドロジメジメというかんじはありませんでした。
成長の途上に悩む少年少女を描いていたから、というのが理由として大きいでしょう。
しかし、今期は生々しい負の感情の発露が色濃く出されています。
成長しきれなかった大人と、彼らがそうなってしまった理由に重点を置いているから、ということになるのでしょうね。

結果の見えた、幼い逃避行ってのは好きな展開です。
某名作ライトノベルでもそこの部分の葛藤が琴線に触れました。
リスクと責任に向き合ってまでの現実逃避、その無意味さに気付かされる瞬間というのは見ていて辛いものではありますが、懐かしさも喚起されるものです。
青臭い、あるいはナルシスティックと大人からは一蹴されるたぐいの逃避に主人公らが一途であればるほど。

そんなわけで物語部分は色々考えされられることは多かったです。
ただ、作画や演出は一緒に観た9話と比べると見劣りするかんじ。
今日10話を見て、多分また合併号形式で感想書くと思います。

20世紀最高の兵士

MGS4でビッグボスの称号をやっと取れました。
MGS4bigboss
☆結果は以下の通り。
・難易度 THE BOSS EXTREME・・・敵兵の感度が良すぎるよぉぉぉっ
・クリア時間 4:08:14・・・五時間以内が条件。三章のセーブバグ(?)利用。
・コンティニュー 0回・・・以下はすべて「0」が必須条件。
・危険モード 0回・・・序盤の中東激戦区が一番厳しい気がする。
・回復 0回・・・バイク戦で泣かされた。
・スペシャルアイテム 未使用・・・ステルス迷彩と無限バンダナ使っちゃだめよ。

☆攻略経過、難所等。
事前準備
前の周の第五章で、非殺傷武器(麻酔弾、閃光弾、睡眠地雷etc)を買い込む。
儀式の人の動画MGS4@wikiを参考にするよう心がける。

第一章(クリア時・56分)
・Mk2合流まで・・・困った時の麻酔銃様もソリッドアイも無いのでガチでスニーキング。儀式動画を参考に、CQCや弾倉投げでのおびき寄せをうまく使ってクリア
・カエル戦・・・儀式動画の丸パクリ、罠師プレイ。ウンキャン利用。まともに銃を使うのは一階だけ。

第二章(クリア時・1時間58分)
・最初の村と段々畑・・・PMCをある程度眠らせ、反政府軍捕虜の蜂起を促し、戦闘で混乱してる間にホフクでコソコソ物陰を抜けていく。
・送電施設・・・儀式動画のように敵の土嚢に煙幕弾を使えば抜けられるけど、次のマップを楽に進むため反政府軍に施設を破壊させた。
・オクトパス戦・・・舐めてるとやられた。レールガンで削った後はアンチマテリアルライフルが普通らしいけど、ロックオンできるデザートイーグルのほうが使いやすかった。
・カーチェイス・・・パワードスーツは太陽銃、発狂兵はキャンセルCQC(直投げと同時に装備を着脱することで硬直をキャンセル)、オリハルコン製と噂されるゲートは根気よく機銃でおk。
一番きついのは第二ステージ。PMCを誤射しないようにして月光をテンポよく倒す。気力減ったら迷わずクスリに頼る。

第三章(クリア時・2時間20分・セーブバグ利用)
・バイク戦
最難関。第一ステージはスモークグレネードと麻酔銃のみでノーダメ可。
第二ステージは走行しながらのスモグレ投擲、検問ジャンプ中は太陽銃乱打をうまく使いこなせないと死ねる。太陽銃装備したまま最終面へ突入(これでエネルギーが充てんされる)。
最終面は開始と同時に全回復。無人機は無視していいが、ジープにはロックオンと武器切り替えを利用して素早くかつ念入りに対処。車二台が飛んでくるスロー場面ではオートロックを解除して、車の向こうに見えるカエル二匹に太陽銃。その後は兵士地獄。ドラム缶の大まかな場所を覚えて、スコーピオンで爆発させて敵を巻き込む(事故死扱い。殺害数に含まれない。)。これが出来ないとあっという間に蜂の巣。装備ウィンドウ展開中は時間が止まるのを利用してもいいので、落ち着いて狙う。
・レイブン戦
またまた儀式動画のパクリ。開始直後室内に来た無人機を待ち伏せ撃墜→釣られたレイブンにレールガン溜め3→レイブンが一度飛び出して突入してくる方向を見極め、飛行中に溜め3。

第四章(クリア時・2時間58分)
・ウルフ戦
有名なスモーク&スタンハメは慣れるまで結構難しい。自分は何度も失敗した揚句ハメ切れず、4分の1ほど敵の気力を残してしまったが、あせらずトラック下からモシン・ナガン。
・ヴァンプ戦
太陽ォォォー!
・ロボゲー
RAYのジャンプの着地点を見極めてタックルで超ダメージ・・・なんだけど、これまた慣れないので諦める。
溜めレーザーがすごく強いことに気づくまで、割の悪い格闘戦を仕掛けては死にまくった。

第五章(クリア時・3時間52分+スタッフロール等約16分で上記のクリアタイム)
・マンティス戦
まともにメリルのお世話を焼いてると死ねる。前の戦いの傷を小部屋(このあとのムービーでメリル&ジョニーが無双するところ)で癒し、なるべく司令室の外周部からショットガンやカービンで人形を撃つのに集中。なるべくカエルやメリルら傀儡に関わらない。人形を撃てばマンティスも怯み、あの恐ろしいホーミング鎌も無効化できる。エクストリームでは取り落とした人形をマンティスが回収する速度が凄まじく速いので、迅速な奪取のため最後(ムービー二回挿入後の三ヒット目)は近くから撃つ。
・格ゲー
むずい。何度死んだことか。フェイズ1,2でオセロットがおなじみのポーズとって叫んでるときは△連打で回復できるので、やばいときは積極利用。
フェイズ1・・・ダウン奪う→オセが起き上がり口を拭いかけた時点で五連コンボ開始→ダウン→・・・をうまく使って、なるべく被ダメージを抑える。
フェイズ2・・・右ストレート喰らうとライフ満タン→三分の二、なんてことも。
なので、しっかりかわしてCQC。エクストリームのCQCコンボは微々たるダメージしか与えられないが、だからといって焦るとやばい。
フェイズ3・・・正直攻略法がよく掴めない。とりあえず通常構え時の頭突きが怖いので、CQC構え時にやりったほうが良いか。
フェイズ4・・・ムービーの延長だろ?とかナメたらアカン。第三フェイズ乗り切ったことに油断して二回ここで死んだ(最高に泣ける)。間合いを測っている左手が交差する交差する直前くらいを狙って殴るとおkか。とにかく、焦っても遅くてもここまでが水の泡。

いやぁ、苦労しました。
でも、やっぱりMGSはこうやって高難易度の緊張感を楽しめるてこそですな。
見つかりまくり殺しまくりのランボープレイもダメでは無いけど、緩急自在に襲い来るスリルを味わえるのはやはりスニーキング。そして、いろいろ戦略立てて何度も挑戦してみる高難度のイベント戦闘。
いいものだな・・・。

☆特典アイテム
・17式拳銃
同時に条件を満たした称号HOUNDの特典。EVAが使用していた、モーゼルC96の中国製コピー品。
・Thor45-70
FOXHOUND特典。リキッドが3章で使っていた拳銃。装弾数一発だが高威力の、黄金銃的アイテム。某雷神の名前を冠してるあたりが色々とくすぐられる。
・パトリオット
MGS3のザ・ボスが使用していたゲテモノ銃。遊戯銃で見かけたら買いたい。リロード不要という不思議仕様なので暴れるのに便利。構えるとときたまあの曲のイントロが・・・!
・ビッグボスフェイスカム
最強の兵士ビッグボスを目の前にして、誰もが恐怖の底に陥る・・・わけではない。
顔を合わせたNPCが恐怖で動けなくなるのは正しいが、その理由はこういうこと↓
bigbossface
あ、グロ注意って書くの忘れてたw
これを使うと民兵とPMCの「うわぁぁぁ」「ひゃぁぁぁ」の嵐。一気にホラーかコメディかわからないゲームになります。
・ドレビンフェイスカム
武器70種を集めた特典。野原ひろしボイスのイカす黒人武器商。
・iPod Music(Big Boss)
ゲーム中アイテムのアイポッドで聞ける曲。


☆スペシャルサンクス
儀式の人・・・本当にうまいです。仕様を知り尽くしています。真似できないプレイも多いです。
MGS4攻略wiki・・・公式攻略本(今回は買ってないですなぁ)よりこっちのほうが役立つというご時世。
・ダウンロードカモフラージュ「メタリック」・・・ダメージ半減。イベント戦闘に有効。バイク戦には使えませんけど。
コジプロ・・・毎度良いゲームを有難うございまする。次回作も何やら動きが来てるので期待。

2008秋・視聴中アニメ雑記

夕飯と食後休憩の時間を利用して、録画した深夜アニメを大量消費しております。
最近はちょっと食べ残し気味ですが。

・月曜深夜分
屍姫
主人公とヒロインの棒っぷり(中の人は若手俳優らしい)はやはり気になる。ガンアクションも動きが単調で楽しめない。ただ、最近の話を見る限り、結構ハードな展開が期待できそう。

ONEOUTS
最近終わったRDの後番なので、まだ一話しか見ていない。心理戦要素が強いということで、熱血スポーツものを見ない・読まない自分にも楽しめそう。シリーズ構成の高屋敷さんって、そういや自著の小説版ドラクエのあとがきで草野球へのこだわりを書いていましたな。

ケメコデラックス!
こういう肩の力を抜いて観れるギャグアニメも結構好きだったりする。
くぎゅ演じるキャラの変態っぷりがたまらな(ry

・火曜深夜分
喰霊零
第一話の超展開で敵役・黄泉の強さを見せつけ、彼女が暗黒面に堕ちるまでの過程を描くという構成。こういう”ダースベイダーもの”には魅かれる属性な上、展開の緩急が上手いので、好印象。

ef2
演出過剰なくらいがちょうどいい、というかんじの綺麗な画面作り。”影絵アニメ”と言われる手法を多用した心理描写が面白い。

今日の5の2
同じ作者の「みなみけ」もそうだが、オチの無いギャグものなので笑いどころを掴むのが難しい。
自分はアレな半生の歩み手な故、小学生時代の郷愁に浸れるというわけでもない。

・水曜深夜分
とらドラ!
最初は展開の急さに戸惑ったが、心の動きを丁寧に描く部分(海回のみのりんの話とか)もあり、コメディ部分との兼ね合いも良い。キャラの変人さ加減が丁度良いかんじ。

・木曜深夜分
フルメタふもっふ
再放送もの。宗介がやらかすバカはやはり面白い。温泉回の湯気弾幕の少なさと、覗き大作戦の凝り方に変な気合いを感じた。

黒執事
池袋のアニメイトの3,4個の陳列棚の全面に、「カメラ撮影ご遠慮願います」の注意書きを添えて原作最新刊がぎっしり積んであったのは記憶に新しい。皮肉趣味多めの時代コメディというのはおk。

キャシャーンSins
レトロな絵柄やデザインに最初は慣れなかったが、荒涼とした世界観と罪に悩む主人公の姿が意外とツボに。

CLANNAD after story
人生。原作もやってなければアニメ前期も見てないのに何故か視聴。よく動くし描写も良いのだけど、主人公らが取る無理のある行動に対しては納得できないし、勿論そのまま感動に至ったりはできない。泣きゲーの文法というか回路みたいなものに自分が馴染めてないのだろうが。

・土曜深夜分
鉄のラインバレル
声優とスタッフが凄く豪華。だが、ダメ主人公がある程度まともになるまでは正直gdgd感が否めなかった。改心後はテンポも悪くなくなった。エヴァやANUBIS好きな自分にとっては、このロボデザインは好き。主人公もヒロインも顔の作画が綺麗になった気がする。

テイルズオブジアビス
こちらもダメ主人公だったが、パーティーメンバーの個性の豊かさ(それゆえにテイルズ史上もっとも仲の悪いパーティーらしいが)や展開の速さのおかげで、改心前でも面白かった。
ティアは20代前半のきれいなおねいさんだと思っていたのに16歳とかねーy

とある魔術の禁書目録
原作についてサークルで言われてるほど最初は悪くは感じなかったのだけど、バトルの駆け引きの粗さとか台詞の作り物っぽさとかヒロインの空気さとかがだんだん無視できなくなってきたところ。

かんなぎ
身振り手振り、よく動く。ギャグシーンの間のとり方の上手さなど、山本寛監督の演出はやはり面白い。らき☆すた監督降板ネタはいい加減うるさく感じるけども。


以上、感想や紹介というより備忘録がわり。早くも10代の記憶力は失い、いつ何を見たかなんてことはかなり忘れがちになりつつあるので。
一応時間を掛けて観たものだから、どれも自分の眼を肥やしていくだろうと信じて視聴継続しまする。

俺のリロードはレヴォリューションだ!

MGS3をやった人なら覚えがあるでしょう。
スネークとの鮮烈な出会いによってリボルバー拳銃の天才として目覚める若きオセロット。
戦闘中、彼が巧みなリロードを見せつけつときの名台詞です。
マトリックスの第二作・第三作の題名のパロディだったりもします。

彼は天才なので、リロードやガンプレイで隙を見せても余裕なんですね。
そもそも愛用する回転式拳銃からして「コルト・ピースメーカー・シングルアクションアーミー」(SAA)。
そう、西部劇の”主役”。当然のことながら3の舞台・60年代には既に実用性は低いとされていたものです。
そんな不利を不利と意識するようなそぶりもなく、半世紀にわたりSAAとともに暗躍し続けた上質な悪党キャラ、それがオセロットです。

で、革命的装顛やらガンプレイやらを真似してみたくなったある中二病高校生は、ガスガンのSAA(勿論2丁)が欲しくなってその手の情報を探ったわけです。
その結果、タナカという会社のがポピュラーらしいと判明。
しかし、値段は17000円はするということで、金を稼ぐ気力の無い彼は購入をあきらめたわけです。

それから数年の時が流れ、彼は未だに働いたら負けだと思っている大学生に。
でもいつかSAAが欲しいという思いはほんの少しだけ残っていて。
MGS4(PS3のシステムアップデートしたらセーブとロードがやたら高速化)を再開して、「MGS4のオセロットのキャラは素晴らしいけど、4はリボルバーのリの字もないから、その点で3以前が懐かしくなってくるなぁ」と感じたときには特に購入の野望が蘇り。
そんなとき見たニュース
gooニュース
フォッ・・・クス・・・ダーイ・・・
見る限り、今年になってから発売されたタイプが規制対象らしいですが、昔のタイプも何らかの影響は避けられないでしょうな。
とりあえず、中二病者の革命の野望は遠ざかったようで・・・。※

秋頃には梅田のヨドバシも制服高校生に18禁威力の遊戯銃を売ってしまった件で取り扱い自粛することになってましたし、ますます風当たり厳しいですね遊戯銃業界は。

追記
ブラックラグーンのソードカトラスもちょっと欲しかった時期がありましたが
・一丁でも二万六千円するのに二丁買わないと負けな気がする
・クロームメッキとアイボリーグリップの仕上がりがちょっと安っぽくないっすか
・そもそも撃つ場所ないじゃん(SAAもそうだけど)
等の理由により、なんとか衝動を抑えました。

※注
買いにくくなったなチクショーという気持ちより、法律違反イクナイという常識の方が自分の中では上にあります。
当然のことですが誤解のないように一応。

富竹が真っ先に逝くのも頷けよう

観光話です。
理系の癖に日本史好き(特に源平合戦あたり)なので、本州に来たら史跡をいろいろ見てみたいと思っていました。しかし、いざ住んでみるとやっぱり自分から城やら寺やらには行こうとはしないのですねこれが。正倉院展を忘れてしまっていたのはちょっと残念でした。
先週末に歴史好きの友人が泊まりに来てくれたので、いい機会なので京都観光に行くことに。

起きるのが遅かったもので、二条城に着いたのは午後三時ごろ、閉城一時間前でした。
前日深夜までヴァン先生×ルーク本をネットで探していた(※)のが理由だとはナイショ。
展示は二の丸御殿が中心。そういや大政奉還が為された場所でしたね、ここ。今はマネキンが並ぶ暗い部屋でしかないとはいえ、歴史の動いた場所を実際に見ると感慨が違います。
かつての忍者好きとして期待していたウグイス張りは、人が多すぎてどの鳴き声がどの足音に反応しているのかわからず残念でした。でも、忍たま乱太郎とMGSによってストーキング歩行をマスターした俺の足音は鳴っていなかったに違いありません。

次は東山へ。といっても銀閣は修学旅行で行きましたので、八坂神社と高大寺と知恩院へ。
八坂神社は祇園祭が奉納される社ですが、時期は全然ずれているので境内を軽く回る程度になってしまいました。
途中、変わったおみくじを発見。太郎だの花子だの、下の名前ごとにくじがあるというものです。
自分も友人もそれほど変わった名前ではないので(というか自分の名前は普通すぎて逆に変わってるけど)、両方ともありました。しかし、友人が(両方の意味で)引いているのを尻目に自分は「はやみ」とか「レイ」とかを探していました。
ありませんでした。駄目駄目ですね。神社じゃなく俺が。

高台寺は、太閤秀吉の正室、禰々(院号・高台院)が夫の菩提を弔い、のちに夫婦が祀られた寺院です。着いた頃にはもうライトアップの時間帯でした。
さすが桃山時代を代表するといわれる庭園。紅葉と雨でますます風情抜群。
と言いたいのですが、人が多いので静寂を楽しむとかそういうのは無理です。残念。
上野のフェルメール展なんかもそんなかんじらしいですね。今回は行きませんでしたが、龍安寺の石庭とかどうなんでしょうか。
まぁ自分も一介の観光客ですから他人の喧噪に文句をつけるのは行きすぎとしても、カメラ撮影者のマナーに関しては閉口しました。フラッシュ地獄や過度な通路塞ぎ自重汁。
自分は写真をあまり撮りません。めんどくさいから、そもそもカメラ持ってないから、という理由以外に、素人写真の形でああいうものを保存するのはあまり意味がないと思うからです。
「日本の美は一期一会を基調とするからしてそもそも像に留めるという行為からして・・・」みたいなお説教を押しつけるつもりはありませんが、カメラに収めるとどうしてもその場での印象を感じ取ろうという気力が削がれてしまうのです。これも古臭い・説教臭い・ありがち・の、石頭三拍子な考え方ではあるでしょうが。

知恩院はあまり長い時間を掛けて観てはきませんでしたが、三門も本堂も噂にたがわぬ壮麗さでした。法然上人の時代は今ほど大きな伽藍では無く、その死後も(焼き打ちを含む)火災と再建を繰り返し、江戸時代になってから浄土宗徒でもある徳川家によって現在のかたちが作られたそうです(ほぼwikipedia写し)。

帰りに寄った、「はやし」という定食屋は味、値段、ボリューム、そしてメニューの多さ(自分はちゃんこ鍋定食)まで満足。あのへんに住んでたらかなりの頻度で行きそう。

こう自分が書いたものを見返してみると文句ばっかりですね。
とても良い観光だったのですが、文化知識と感受性と表現力の不足に愚痴根性が上乗せされてしまい、史跡の素晴らしさが描写しきれませぬ、ということで。

※注 筆者はガチホモや腐男子ではありません。スネオタ本(スネーク×オタコン)本を所持していたり、「アイドルマスターを彼らにプレイ(性的な意味で)させてみた」シリーズが大好きだったり、ところかまわずアッーだのウホッだの言ってるのは全てネタでしかありませぬ。
まったく関係ないけどはまじは男装(違)もかわいいなぁ。まったく関係ないけど。大事なことなのd(ry
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。