スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍盤七朝 ケルベロス 壱

龍盤七朝 ケルベロス 壱 (メディアワークス文庫 ふ 1-1)龍盤七朝 ケルベロス 壱 (メディアワークス文庫 ふ 1-1)
(2009/12/16)
古橋 秀之

商品詳細を見る


○粗筋
龍盤七国が覇王・螺?(ラガン)の侵略に脅かされていた時代。
金票使いの廉把(レンパ)は一躍出世を狙って覇王に挑むも、力の差を思い知らされ全てを失うことになる。
それから数年、廉把は鐘突き・浪无(ロウム)と共にその日暮らしをしていたが、ある日亡国の皇姫を名乗る小娘・蘭珈(ランカ)と出会ったことで再び運命が動き出す。
後に三首四眼五臂六脚の怪物と恐れられる三人の、始まりの物語。
古橋秀之・秋山瑞人のシェアワールド企画「龍盤七朝」シリーズの新作。


○感想
ライトノベル作家の中から割と堅めの人達を選りぬいて創設された新レーベル、メディアワークス文庫。
「ラノベの表紙に美少女を欠くことなかれ」という法律に背き、表紙も堅めにしてある。

ウソ中国を舞台にした武侠物。
と言うだけでは曖昧すぎる。

なので、これからハッタリくさいこと書くよ。

これは、「どうやったら核兵器に勝てるか」って話である。
別に、冷戦が大国が核抑止がっていうような小難しい話ではない。
「この世で最も強い力っていったら核だよね、どうやったら人間が勝てるかな」っていう荒唐無稽な話を、大真面目にやってるトンデモ話なのだ。

だって、どう見ても敵役の螺?は核兵器みたいなもの。
ちょっとした動きの余波で人が死ぬ、迂闊に近づいただけでも死ぬ、目を合わせただけでも死ぬ。
血と臓物をぶちまけたり、熱病に浮かされたり、やたらと凄惨な死に方をする。
覇王は湯あみの際、外壁たる鎧を外し、燃料棒たる鏨を全身に刺したまま、熱いに浸かる。まさに原子炉(こんな、御色気の御の字も無い恐ろしい入浴シーンって…)。
覇王が擲つ大鉄槍がもたらす屍の数たるや、もはや述べるに及ばず。

「螺?は人間ではない」、堂々と開き直って作中にそう書かれている。
とにかくアホみたいに強い。
主人公たちも超人的な力を持ってはいるが、今のままではとても敵いそうには見えない。

シェアワールドのもう一方、秋山瑞人の『DRAGONBUSTER』とはかなり様相が異なる。
あっちは特殊部隊に伝わる秘剣を巡り、天才と凡才の違いを描きだすという話だ。
こっちは天才と凡才の闘いではなく、天才と化物の闘い。
文体としても擬音を多めに用い(とはいえ、時代がかった語り口を崩さないバランスを保っている)、全体を通して、派手なバトル小説になっている。

勿論、武術の理論や中華風架空世界の風俗、主人公たちキャラクターの魅力はDB同様、存分に描写されている。

気と龍脈の練成によって振われる、発勁の術。
雑多な匂いで賑わう市場と、そこで働く人々、ガラの悪い飲み友達。
口も八丁手も八丁、それでも過去の負い目から解放されていない廉把。
通常の人とは異なる世界を見ているとしか思えない不思議な大男、浪无。
小便垂れの野性児の如く見えて、内に秘めるものは途方もなく重苦しい蘭珈。

「武」の部分の白熱具合は言うに及ばず。
「武」以外の部分を見ても、紙の造花を介して語られる一連のエピソードなど見事だと思う。

やはり気になるのは、いかにして覇王に勝つのだろうか?ということ。
そして、いかにして“ケルベロス”となるのだろうかということ。
まだ戦いは始まったばかり。
続きが気になるものだ。
そして、シェアワールド企画のもう一方の続きも(ry


↑…なんか文体がどうしても時代がかっちゃった。これは、『燃えよドラゴン』の観客が総じて肩をいからせて劇場から出てきたというのと同様の現象であろう。


○おまけ
ついでに、折紙うp。
小説に合わせてケルベロスを折ってみた。

画像 004
神谷哲史「ケルベロス」

いろんな部分でアレンジと言う名の手抜きを施しております…。
だから神谷作品を15cm四方紙で折るなって言われただろーがボケがーッ!

続きを読む

スポンサーサイト

MGSとマルドゥック・スクランブルの映画化の話

○メタルギアソリッドの映画化企画が事実上中止に?
http://gs.inside-games.jp/news/215/21569.html
おいおい、結局お流れかよ…。
期待していたかどうかと問われれば、もちろんイエスと答えざるをえない。だって、信者だもの。
映画から様々なものを吸収して成功したMGS。それが映画になってまた成功する様を見れたとしたら…、鮭の産卵を見たときのように感動できただろうに(例えが意味不明)。
もし失敗しても、「孫悟空がモテるために拳法習ってるとかねーよwww」みたいなかんじで笑い飛ばせる。
監督はカート・ウィマーになるという噂もあったから、もし公開されてたら「あれCQCじゃなくてガン=カタ3.0じゃんwww」みたいに盛り上がれたやも知れぬ。
草生やし杉。自重する。
まぁ、何はともあれ残念だ。ハリウッドではこういう事例はよくあることらしいけど。

ところで、海外の有志が勝手に作ったMGS映画がありましたな。
http://www.mgs-philanthropy.net/
自分はまだ冒頭部くらいしか視ていない(読み込みが遅かったので)けど、この力の入り具合は凄い。


○マルドゥック・スクランブルが劇場アニメ化
http://m-scramble.jp/
原作は冲方丁のSF小説。近未来都市マルドゥック・シティを舞台に、元少女娼婦のバロットがネズミ型万能兵器ウフコックとともに、自らの存在意義を賭けて戦う物語。
アニメ化企画は2006年に一度ポシャった。その時はGONZO15周年記念作品としてテレビアニメ化される予定だったが、今度の企画では劇場アニメになるらしい。前の企画を受け継ぐ形なのか、まったく新しい企画なのかどうかは不明。なので制作会社・スタッフ・声優などがどうなるのかについても続報を待たねばならない。

バトルやギャンブルの場面が凄く格好いい小説なので、映像化されたものも見たいと思っていた。
また、原作小説ではそれほど描写されていなかったマルドゥック市の風景をどう表現するのかも見どころだと思う。普通に考えれば「サイバーパンク→薄汚れた近未来→ブレードランナーみたいな雑然とした都市」なのかもしれないが、自分としてはもっと整然としたイメージを持っている。

ちょうど夏に原作を読み終えたところ。
今年中にウフコックを主人公に据えたマルドッゥク最終章も出るらしいし、『マルドゥック・ヴェロシティ』の方も買っておこうか(また積み本が増えるな…)。

続きを読む

アバター

あけましておめでとうございます。

先日、仲間内で『アバター』を観てきたので、その感想を。

勿論、3D版を観て来た。

お気づきの方も居らっしゃるかもしれないが、最近の自分は「みる」という時の表記に何となく気を遣っている。
「見る」なら見物の見ということで、寺社などをみた場合。
「視る」なら視聴の視ということで、テレビで映像作品(映画ソフト含む)をみた場合。
「観る」なら観劇の観ということで、劇場で映画などをみた場合。
別に「見る」だけでも問題ないのだろうけれど、大画面向けに作られた作品はやっぱり「観る」と表現した方がしっくりくる。

しかし、今回は「観た」では何か言い足りない気がする。
ちなみに、キャッチコピーは「観るのではない。そこにいるのだ」だ。
観る前は、少し疑ってかかっていた。だけども、実際にはただただ映像に圧倒された。
惑星パンドラの自然描写の細かさには驚くばかり。不思議生物の生態系には想像力を掻き立てられる(特にダヴィンチのヘリコプターみたいな小型翼竜が好き)。
ただの気持ち悪い青い猿(登場人物・談)にしか見えなかった先住民ナヴィが、次第に可愛らしく見えてくる。
もちろん戦闘の場面も迫力十分(軍事的な説得力はこの際置いとけ)だ。こっちにガスグレネードが飛んできたときなど、つい身をそらして避けようとしてしまった。
小説等での3人称視点の特殊な場合を「神の視点」と言ったりするけど、アバターってある意味そんなかんじなのではないか。エイワ(※ナヴィたちが信じる神)の視点。

ストーリー自体はわりと平凡ではある。
自然豊かな惑星に、未開の先住民が居て、侵略の尖兵として主人公は向うが、次第に心が変わっていき…という。
でも、ぶっちゃけストーリーなんて最低限組まれていればおkでしょうよ。「ありきたり」とか「展開が読める」とか脊髄反射で言っちゃうのやめようぜ、な?
まぁそんなわけで、自然との共生とか先進国の侵略とかそのへんのテーマのことは敢えて語ることもないだろうが、ナヴィたちの自然との結びつき方についてはかなり面白かった。自分の髪と動植物の触角・触手を電子ケーブルのようにして絡みつけることで情報を交わし合っており、まるで電脳世界にジャックインするかのよう。
新聞に載っていたインタビューでキャメロン監督は「SFというジャンルは実は未来予測は不得手であるが、現代を描きだすのに適している」というようなことを答えていた。上記のような描写にこの考え方が表れていると思う。
「生物は情報の高能率パッケージ」なんてことが『攻殻機動隊』で書かれていたが、そのパッケージをどう用いるべきかという問題に立ち入っているとも読める。主人公が双子の片割れであることは、このことと無縁ではないだろう。双子は自然に遺伝子情報が一致した存在であり、物語においては古今東西問わず神秘的な扱いをされる存在だから。

まぁ、とにかく、3Dで描かれる架空世界が素晴らしい。
3D映画は初めてだけど、本当に観て良かったと思う。

3Dすげぇ、と言うと「じゃあ、3Dじゃなけりゃ大したことないんじゃね?」とか言われてしまうかもしれない。
だが、そういった考え方は的外れだと思う。
3D上映を前提に設計された映画であることが一目瞭然だからだ。
例えば、2Dならばフォーカス送りで観客が注目すべき点を操作せねばならない場面がある。「背景→その前に立っている人物」といった具合に、不連続的な手法で観客の視点を操ることになる。
だが、3D版『アバター』においてはそういった手法に頼っていないのに、観客が視点を誤ることは無い。連続的にピントが合っているからだ。
「もし3Dじゃなけりゃ~」って考え方は、「もし地球が平らならインドに着けなくね?」ってくらい無茶だろう。

というわけで、「DVDでおk」などと言わず、ぜひ3D対応劇場で観ませう。

続きを読む

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。