スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの消失

2月6日から公開のアニメ映画『涼宮ハルヒの消失』の感想。
公開開始日に観に行き、二回目にも行ってきたんだけど、感想は遅くなっちゃった。すいません。


○概容
ライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」の第四巻が原作。
昨年放送されたアニメシリーズの続きに当たる。

クリスマスまであと一週間。主人公キョンはいつものようにハルヒの思いつきに振り回されながらも、平和な学校生活を送っていた。
12月18日の朝、そんな日常が突然変わってしまう。
昨日とは打って変わって風邪が流行している教室、“転校”したはずの朝倉涼子の登場、学生名簿からも消えたハルヒと古泉、キョンのことを全く知らないみくる、普通の眼鏡っ娘文芸部員になってしまった長門。
不安に陥るキョン。
パラレルワールドに迷い込んだのか、それとも世界が改変されたのか。
世界に取り残されてしまったキョンの、孤軍奮闘が始まる。


○感想
テレビシリーズを視ていた人にとっては、最初にちょっとした違和感(と言うと制作者に失礼だけど)を覚えるかもしれない。
モブキャラ、というより北高の生徒たちがテレビシリーズ以上にいきいきと動いているということ。
雑談に興じたり、廊下を元気に走ったり、友達同士なり恋人同士なりでじゃれあったり。
そりゃテレビシリーズだって、何から何まで良く動いている高品質なアニメーションだったけれど、劇場版ではそのレベルではなかった。

なぜ生徒たちはそのようにいきいきと描かれているのか?
勿論、「劇場版だからアニメーターがいつも以上に作画を頑張った」というのも理由の一つだろう。
しかし、もっと根本にさかのぼって考えれば、これは「キョンが置かれた状況を痛々しいまでに鮮明化する」ための描写なのではないかと思う。

主人公キョンは他のSOS団メンバーに比べ、能力や属性的には「その他大勢」(=モブ)の方に近い。
けれども、作中の役割においてキョンは明らかに「その他大勢」とは一線を画していることは言うまでも無い。
まず、一人称視点で描かれるこの作品における語り手である。また、SOS団内では何だかんだで最大の支配力を発揮していたりする。

『消失』ではSOS団、つまりキョンが最も目立つ場所が消失してしまう。
いきいきと学園生活を楽しんでいる周囲からは完全に取り残されている様が浮き彫りになる。

「ハルヒが居ない何で朝倉が居るフガフガ」と騒いでいるキョンは、傍(=モブ)から見れば、『消失』のキョンは完全にただの電波君だ。
いつもはハルヒの蛮行にグチを叩いている癖に実はもうSOS団無しでは生きていけないキョンの姿が痛ましい。

『消失』はキョンが「もう自分は『その他大勢』には戻れない」ということを自覚する物語だ。そのことを、説得力をもって伝えるために、普通の学校の風景を丁寧に描いてたのだろう。
だからこそ、中盤の「俺はハルヒに会いたかった」って言葉のインパクトが増していたのだ。

描写の細かさは、「モブがよく動いてる」というところのみに留まらない。
メインキャラの表情の豊かさが特に凄い。本来あまり目立たないハルヒも、短い登場時間でそのキャラクターを十分主張している。
キョンが自らの置かれた状況に不安を覚えたり希望を見せたりする様には思わず同調させられてしまう。
長門は可愛い(後述)。
古泉は体操服姿がEROい。
みくるは…あんまり目立って無いが…まぁそういうもんだよな…。
キャラの表情だけでなく、背景の小物にも気が利いている。
例えば、ハルヒがホワイトボード一杯に「SOS団クリスマスパーティ」と書くところ。字が大きすぎたために一行目には「SOS団クリスマスパー」までしか書ききれず、「ティ」は二行目に下ろされている。彼女の勢いのよさと無計画さが表れていて、思わずクスリとさせられてしまった。

後半のキョンの自問自答パートなんかは精神世界のビジュアルが些かクドく見えるかもしれないが、語り手の訴えかけが力を持って迫ってくる。
終盤、キョンと長門が病院で会う舞台は、雪が降り夜景の煌めく屋上。実に情感をかきたてる場所が採用されている。原作では病室で二人が会話を交わしており、もう少し地味なシーンであった。
基本的には“原作に忠実に”タイプのアニメである今作だけども、これらのようなアニメならではの演出も大きな見どころだ。

さて、ここからは俺のシュミの話になりまする。

消失映画の何が最高って、消失長門が可愛いことだ!

俺はもともと長門が好きだ。
ただ、普段の長門よりは消失の長門が好きであった。
だって、恥ずかしがり屋で、小柄で、文学少女で、実は可愛い眼鏡っ娘なんて…最高じゃないですか…。
ナガトスキー(長門愛好者)の間では、消失長門好きは異端視されるという。
だが、俺はもう異端審問など恐れない!

いやぁ、これまで僕は、「あのヒロインが好きだ!このヒロインが好きだ!」と節操無しに言いまくってきました。彼女らの見た目や性格や属性は一見バラバラであります。しかし、実は共通点があるのですよ。
何というか、僕は「儚げな雰囲気」というのに弱いんですよ、結局のところ。
例えば綾波とか長門が好きな理由についても「無表情無口系が好き」というよりは「今にも折れそうな儚さが好き」というところに拠るものが大きいのですな。
人の夢と書いて儚い。まさにマイドリームですよ、ええ。

小説の挿絵では何故か消失長門も眼鏡を付けていなかった(多分ただのイラストミス)ので、映画版を観る前は「挿絵のイメージに引きずられて、眼鏡に違和感を覚えるかもな…」と心配であった。
しかし、これは当然杞憂に終わった。眼鏡とは、一枚の薄板を通さなければ世界を見れない人間のためのもの。そう、照れ屋の消失長門にはピッタリの小道具なのでした。
(※『氷室の天地』作者の磨伸映一郎氏による消失眼鏡考が面白かった。隠匿と障壁、そして日常、か…ささすが眼鏡フリーク…。)

ここで俺は声高に唱えよう。
やっぱ眼鏡はあった方がいいって!
…と。

もう、照れる顔とか泣きそうな顔とか笑顔とか、やばいですよ。
悶え死にますよ。マジで。

しかし、この話は悲しいことに「消失長門との断絶」の物語であります。
この物語は「キョンが自分の居場所に気づく話」というだけではなく「てめえが可愛い文学少女との素敵な出会いを望んでるなら…その幻想をぶち殺す」という話でもあるのです。
おそらく、わたくしは一生、現実であんな可愛い文学少女に出会うことはなく死んでいくのです…ギギギ…。


○まとめ
去年のテレビシリーズ二期は「エンドレスエイト」と「溜息」を新規追加するのみに終わってしまった。
あまりに実験的すぎる構成であった前者。元々冗長な展開に「一話=原作55頁分ジャスト」というよくわからない縛り加えた後者。どちらも、正直言って満足できなかった。
終わった時には「なんで二期で『消失』をやらなかったのかなぁ…」と思ったものだった。
しかし、劇場用に丁寧に作られた『消失』を観て、「映画でやって良かったな!」と考えを改めさせられてしまった。
キョンが右往左往しながらもパズルピースを一つ一つ埋めていく様子は、劇場で一気に見てこそ最大限に気持ち良く感じられるものだろう。
消失長門をはじめとするキャラの細かい仕草、時折見られる気持ち悪いくらい滑らかな動き(「ぬるぬる動く」って奴ね)など、劇場版でこそ存分に描けるだろうものも多かった。
この丁寧な作りをこれからも続けてほしいと思う。


「こっからはさらにキモい話になるから気を付けて…!」


○ERO
・全体的に脚がEROい。危うい細さでありながら肉感的。頬ずりしたい。
・長門の「あ…」とか「ん…」とか、口下手なりの反応がね…その…フフ…喘いでいるようd
・原作では、「読書中の長門をキョンがじっと見つめる→長門はキョンを意識しないようにしてるんだけどどうしても反応が出てしまう→キョンは赤面した長門の薄い胸の鼓動を、制服越しに見て取る」という、フェチズム溢れるEROい場面があったんですが、そこは映画ではあっさりしてましたね。悔しいのう。

続きを読む

スポンサーサイト

チェルシーキャンディの思ひ出

さぁて、今日は何の日でしょうか。
そう、古の昔に聖ヴァレンティヌスが拷問の末に壮絶な死を遂げ、日本の御菓子業界が汚い販売戦略を仕掛けている日ですよ。

……。
…。
誕生日、クリスマス、そしてバレンタイン。
俺はどうしても、これらの日に自虐日記を書かずにはいられない。
はっきり言って、悪習以外の何物でもない。
だが、やめたくてもやめられないからこそ悪習と言うのだ。仕方ない。

聖人が殉教した日であるとか菓子業界の陰謀だとか、もう使い古された文句だ。書いてて恥ずかしくなる。
でも、やめられない。
ルサンチマンだかなんだか知らねーが、腹が立つったら腹が立つからしょうがねぇんだよ!

何でこんなにイライラしてるのかと言うと。
先日、あることを切っ掛けに、俺様のバレンタインメモリーの中でも一等イヤな思い出をほじくり返してしまったからだ。

チェルシーキャンディの思ひ出。

俺はあまり間食はしないが、口慰みにキャンディを買うことはたまにある。口慰みならガムのほうが一般的かもしれないが、あれより腹の足しになるのが良い。

冬になると、明治製菓から冬季限定チェルシーキャンディパックが出る。
パフェ、ヨーグルト、プリンなどの洋菓子を模した風味が三種類楽しめるパックだ。

だが、昔はお気に入りだったはずなのに、ある時期からは買った覚えが無い。
つい先日コンビニで見かけて懐かしくなった俺は、折角だからとレジに持って行った。

袋を開き、嘗めてみた。
口の中に広がる、洋菓子の甘味。
やはり美味しい。
だが、何か胸の奥にトゲのようなものが引っかかる心地がした。
そして、俺はあの日のことを思いだしてしまった。

中学一年生。13歳。
同級生は誰がカワイイだのカッコイイだのとサカりまくっている御年頃であったが、俺はと言えば「付き合う」という行為の意味すら知らず第二次性徴も始まっていない、純然たるオコサマだった。
今のように性格がねじ曲がってなどいなかったし、自分で言うのもなんだがどちらかと言えば優しく大人しい少年だったと思う。

学年末。2月14日。
帰りの電車。
委員会の仕事でたまたま遅くなったので、一人でチェルシーキャンディを嘗めながらゲームをしていた。
3種類の甘みが疲れを癒してくれた。
そこに、前の車両から歩いてきた三人。
社交的な性格で、女子からの人気も高い三人組。
俺とはそれほど交流が深いわけでもないが、行き帰りの電車が一緒なので話す機会はそれなりに多かった。

俺はチェルシーの袋を差し出して「要る?」と薦めてみた。
お菓子を買ったらおすそ分けするのが普通だったし、あくまで善意で差し出そうとしたのだ。

そうしたら、返ってきた言葉は、

「チョコレート貰ったからそんなもん要らねぇよ、そんなのモテない奴が食うんだよ、虚しいな。」

嘲るような目、哀れむような目、そしてイヤに落ち着いた目。
三種類の味が俺の中に広がった。

「ハハ、そうか。ごめんな」
俺は情けない誤魔化し笑いとともに、飴袋を力無く手元に戻した。

桑園駅で3人は降りて行った。彼らが見えなくなるまで、俺は笑顔を保っていた。
電車が動き出した。笑顔を消し、少しの安心が心を満たしたかと思うと、すぐに吐き気を催す感情が襲ってきた。

札幌駅のほの暗い明かりが目に染みた。刺すような寒さが逆に心地よかった。


……。
…。
あぁ、気分が悪いったらありゃしねぇぜ。
この思い出を追想して再認識したことがある。
俺はモテないこと自体についてはコンプレックスを持っていない…と言ったら、たしかにウソになる。
だが、それ以上に、モテ男のああいう鈍磨した感性によって心をギコギコと鋸引きされるのが大っ嫌いなんだよ!畜生め!キィーッ!

根に持ちすぎだ、と言われればそれは認めざるを得ない。
だが、だからどうしたと言い返すまでだ。

でも、俺は、非モテの星から来た男として、愛と勇気を教えていきたい。
こんな公開オナニー日記で鬱憤を晴らしているだけではだめなのだと思う。
あの頃の「善意が有れば悪いことは起こらない」という考え方があまりに幼すぎることはさすがに自覚している。
感情を敢えて乾かすこと。それを覚えたのだ。
だが、感情を乾かすことと感性が鈍ることは全く違うことだ。そのことを決して忘れてはならない。
俺は、非モテの星から来た男として、愛と勇気を教えていきたい。


「エロゲーでもやってろ」とか「例のDSソフトはどうした」とかくそつまんねーコメントしないでくれよな。
これは「押すなよ!絶対押すなよ!」的なフリではないんだからねっ!

近況報告。DQ5とかPW延期とかアポカリプスナウとかチベット展とか計劃小説文庫化とか

○ドラクエ5
なんとなく買ってきた中古のドラゴンクエスト5(NDS)。
4の真エビルプリーストは倒しそこね(←ここだけのナイショだよ)、7の序盤のダルさのせいでRPG恐怖症に陥っていた俺が、果たしてクリアすることが出来るのか心配であった。

出来た 出来たのだ

いやあ、すっかりハマってしまった。
何と5日でエスターク(隠しボス)を倒すまでになっちゃったよ、HAHAHA!
テスト期間中の筈なのにね!不思議だよNE!

そうそう、積年の謎が解け申した。
ドラクエ4(PS)が出た頃、俺の友人連中はあれを一週間かそこらでクリアしていたのですよ。
何で、あんな長いゲームをそんな速さでクリアできるのか?
何で、クリアに一か月以上かけた俺はバカにされなきゃならないのか?
まったく、謎でござった。
でも答えは単純だった。真実はいつも一つ(※1)。
要はあいつらヒマだったんだよ!
学生のくせに勉強してなかったんだよ!
俺なんか親に「ゲームは一日一時間」制限をかけられてた(※2)のによ!
まったく、学生の本分もわきまえずにドラクエをやるとは!あえて言おうクズであると!

……。
…。

ともあれ、良いゲームでござった。この「幼少期→青年期前半→青年期後半」っていう構成は素晴らしかった喃…時間の流れと重みが感じられた喃…。

とりあえずエスターク15ターンキルも達成しプチタークも仲間にしたので、やるべきことはもう殆どない(全モンスターゲットとか勘弁な)。
折しも、6がDSで発売されたばかり。
一般教養(笑)としてはプレイしておくべきなのでせうが、どうしようかね。

※1…まぁ、俺がなかなかクリアできなかったのは、補助呪文(主にスクルトとバイキルト)の有用性を知らない突撃バカだったせいもあるかもしれない。
※2…というわけで哀れな拙者は、勉強するふりをしてゲームボーイでコソコソ遊んでいたでござるよ…おろろ…。



○MGSPWの予約、そして発売延期
メタルギアソリッドピースウォーカー(PSP)をローソンで予約してきた。
ローソンで予約するとスペシャルアイテム「ステルスガン」(照射された味方は不可視化される)が確実に手に入るということなので(まぁローソンで予約せずとも、ゲーム中で条件を満たせば入手できると思うけれど)。
発売は3月18日。待ちきれないぜ。

ん。
http://ameblo.jp/kp-blogcast/entry-10445565165.html

4月29日に発売延期…だと…。
残念。
でもスタッフはこのことを重大に反省しているよう。その姿勢に職人気質が垣間見える。安心できる。
ブラッシュアップされてより面白くなったPWを期待してますぜ。



○映画DVDまとめ借り
映画DVDを何本か纏めて視ました。
『ジュラシック・パーク』『極大射程』『エネミーライン』『地獄の黙示録』。
なんで人間の爪と歯はこんな弱弱しいのだろうとか、やっぱりボルトアクション狙撃はいいなとか、CoD4と違って青ジャージ野郎がカッコイイなとか、そんなボンクラなことを思いながら。

地獄の黙示録は素晴らしかった。これまでに観た映画でベストかもしれない。
火力と狂気が彩る前半が凄いのは言うまでもない。
だが自分は、まさに「闇の奥」(※3)と言うべきものを淡々と描く後半も気に入った。ちょうど最近手を出し始めたバラードの小説(まだ読んだのは『クラッシュ』と『太陽の王国』のみ)を読んでいる時と近い感覚で鑑賞出来たと思う。ひたすら「滅びの風景」のビジュアルが続くといおうか。

ただ、今回視たのは2001年に出た「特別完全版」。
いくつかシーンが追加されており、それらの多くは「あくまでベトナム戦争映画である」ということを強調するかのようなものである。
そういった場面は却って、後半の「滅びの風景」の力を薄れさせているのではないかな、とも思う。
小説では19世紀アフリカ植民地だった舞台をベトナム戦争へと移して作られた映画だ。どちらの舞台でもありうる狂気を描くことを旨としている以上、舞台をことさらに強調する必要は無いだろう。

とりあえず、1971年版を借りるなり買うなりするべきか。

※3…原作小説の邦題。



○チベット展
歴史博物館でやっていたので、先輩と。
仏像にせよタンカ(曼荼羅などの掛け軸)にせよ、日本のものより派手(マジで腕が千本有りそうな千手菩薩とかね)で煌びやかであり、過激な表現(暴力的・性的)を規律と調和のもとに生かしている点も印象的だった。
滅多に見れないものばかりということなので(実際、このような持ち出しを反対している人も多いとか)、貴重な体験だったと思う。
ただ…「古くから統一国家である中国」を強調していたり、生仏関連の展示が異様に少なかったり、中印仏教の輸入のことばかりを書いていたり…政治的な意図を感じざるを得ない箇所は多かったなあ。中国文化局の主催だそうで。

しかし、たまの博物館見学は良いものよ喃。常設展示と併せて、千円ちょいで5時間以上楽しませてもらった。
靖国神社の遊就館のコストパフォーマンスも凄かった(※4)が、これまたなかなかのもの。

※4…何せ、室町~昭和までの史料を集めたボリューム満点展示が500円。閉館一時間半前に入って、まともに見れたのは4分の1弱。肝心の太平洋戦争部分を見る前に閉館時刻が来てしもうた。
あ、あと「統一中国が~」とか「靖国が~」とか書いてるけど、そのへんのことについて今の自分は強い主張を持っているわけではないので、悪しからず。



○伊藤計劃作品の文庫化
10日に出る『虐殺器官』の文庫版↓
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/20984.htmlに続き、
3月25日には『メタルギアソリッド ガンズオブザパトリオット』↓
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200912000570
も文庫で出るらしい。
MGSノベライズについては、黒丸文体を封印したり感情描写を濃くしていたり、作風を変えている面が強いこともあってあまりSFシーンでは語られていない印象があるけれど、文庫化を機会にその流れが変わるといいと思う。
あと、『ハーモニー』は文庫化の情報はまだ出ていないけれど、英訳されるという噂も。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。