スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(evangelion:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.)

(ネタバレ有)
「序」は旧作の再構成としての性格が強い映画でした。「破」はそのタイトル通り、大きな変革はあれども、やはり大筋は旧作と共通しており、細部の比較は普通に可能な映画でした。自分も「破」についてはこのブログで、そうした視点で感想を書いていました。
 
 しかし、「Q」はのっけからそんなスタイルでの鑑賞を拒むつくり。何せ、浦島太郎。自分の状況がまったく把握できなくなってしまったシンジ君同様、何が起こったのかわからない、ある程度わかって自ら進もうとしてもやっぱりどういう反応をすべきなのかわからない、そんなかんじで最後まで見ることになりました。

 まさに「Q」。巨大なクエスチョンをポンと投げられたわけです。「よくわからないアニメ」と言われながらも、さすがに十数年の歳月と何万もの視聴者が殆どの謎は解き明かし、ファンならばそういった「予備知識」を持った状態で新劇場版に余裕をもって対峙できた。また、新劇場版そのものも、旧作よりはエンターテイメント路線を優先しており、新要素を含めても「よくわからない」とこは随分少なくなっていた。

 そんな中で「Q」は、再び「よくわからない」ものとして我々の前に姿を現しました。
 
 自分の「初エヴァ」は漫画版でした。漫画版のシンジはアニメ版とはちょっと異なり、「前歯全部折ってやる!」なんて熱いところもあります。そんな漫画シンジへの思い入れもあって、「破」ラスト、シンジ君がいわゆる「シンジさん」状態に……つまり自らの意志で綾波を救おうと神域へ達するクライマックスにはいやがおうにも興奮しました。旧劇場版で、自ら何をなすことも出来ず神域へ拘引されていったシンジ君とは対照的でしたから。「行きなさいシンジくん!」と叫ぶミサトとシンクロしていたといってもいいでしょう。

 しかし、自分はミサトとはシンクロ出来ていなかった。いや、あの時点では出来ていたのかもしれないけど、そのままの状態で変わることなく、その後の事を考えることもなく、ただ時間を過ごしていた……と言った方が正しいでしょう。まったく無邪気だった。シンジを応援する他者の視点に立っていたつもりで、実際のところ、まったくシンジのままだったというわけです。
 
 もっとも、この「俺がシンジだ」という考えは思い上がったものです。己の姿は「インフィニティのなりそこね」にこそ映っています。あくまで旧作を思わせるアニメ表現のままに「残骸」を描いていたがゆえに、旧劇場版の例の実写パート以上のいたたまれなさをもって迫りました。
 
 さて、自分語りが長くなった気がしますから、中心をあくまでシンジに戻そうかと思います。なんせ、今作はシンジ君の話です。三人目的な何かになってしまい命令に淡々と従うのみの綾波レイ、幼いエリート意識が強いプロ意識へと変わった式波アスカ・ラングレー、相変わらず掴みどころのない真希波マリ・イラストリアス。彼女らはそれぞれに戦闘要員として物語上に配置されており、思春期の少女としての不安定な葛藤や魅力がどうこうといった、ヒロイン論争の余地はほぼ残されていません。みんなシンジを置いていっちゃいました。今作はシンジ君の話なのです。
 
 シンジ君とカヲル君の話、といってもいいのかもしれません。実際、少女らが後ろに引いたせいもあって、シンジとカヲルの同性愛っぽい描写は、この作品唯一のコミュニケーションパートとして輝いているかんじすらあります。まさに「アダムとアダム」、テレビ版以上に濃厚なものでした。

 しかし、彼らの関係性もやはり今までと異なっております。パンフレットで声優さんが述べられているとおり、「対等」の関係が強調されていると思います。旧作でのカヲルは、絶望しかけたシンジに手を差し伸べてあっちの世界に連れてってくれる存在でした。漫画版では、常人には理解しがたい異質さと残酷さが強調される存在でした。どちらもそれぞれに神あるいは天使の性質が感じられ、その超然としたキャラクターや避けようのない結末もあって、「対等」ではありませんでした。今作の場合、ピアノの連弾やエヴァのデュオ操縦に彼らの対等性は象徴されていますし、カヲルもシンジを真実へ導くというよりはただ見せるという立ち位置ですし、相応に己の状況に狼狽するところもありますし、旧作や漫画版のような断絶はないように見えます。しかし、カヲルとの関係性も、シンジが彼を置いていき己の目的意識を満たそうとすることで、またも断たれることになりました。

 そんなわけで、キャラ論争に入れ込む余地が無くなっちゃいました。少なくとも、キャラ萌え論争へは逃げ込めなくなりました(自分はよく逃げ込みます)。どうしても、シンジという主人公に、彼が立たされた場所に、向き合わねばならなくなったのです。この「真剣に向き合え」というメッセージは旧劇のような「反則技」を用いることもなく投げかけられてきたから、「反則技を非難」することで何とか狙いをそらすこともできません。

 シンジのみが昔のまま。そのことは、キャラ作画にも表れていると思います。「輪郭が歪んでいる」「影が少ない」「フリクリかよ」など、公開前には色々言われた、今回のキャラの表情作画。自分も公開前までは「大丈夫なのか?」と思っていましたが、実際に見てみると、「なるほど、そういうことか」と。要するに、シンジのみが「破」のままなんですね。話的には先述したとおりだけど、絵的にもそう処理されているのです。
 
 例えば、アスカの表情変化。非常に激しく、手放しに可愛いと呼べるものではないでしょう。しかし、戦闘中のそれも、旧劇のように「形相」とでも呼ぶべきものではありません(※777時を除いては)。目に、眉に、口に、顎に、頬に、あらゆる顔の部位に反動がついたように、躍動的に表情が変化するキャラデザとなっています。マリも猫っぽさが増し、口をωにしてにやけている表情など、「破」とはかなり異なっています。ミサトやリツコも年齢と立場相応に骨ばり、鋭さが増し、しかし感情をあらわにする場面では、輪郭をかなり崩して表情が動きます。「フリクリっぽい」とかという形容は確かに正しいのでしょうが、「序」が旧作の不安定な作画を再利用的に引き継ぎ、「破」がキャラデザ面で安定した作画を最後まで貫いたことを考えると、「Q」の方向性については、最近の「表情豊か」と言われる、二次元イラストから豪快に崩しつつもそれが受け入れられているテレビアニメのいくつかに対する回答なのかな、とも思いました。
 
 対して、シンジはあまり「破」と見た目が変わりません。感情を高ぶらせ表情を大きく動かす場面もありますが、とはいえ他のキャラのようにイメージが崩れる(崩す)ほどではありません。シンジに近しいカヲルやレイ、シンジより表情変化に乏しい二人でさえ、イメージの異なるカットは彼よりずっと多くなっています。
 
 今回の独特な作画を全肯定するわけではありません。実際、いくつかの場面では、「イメージを崩す」作画の必要性が感じられず、違和感の方が先だった箇所もありました。しかし、大体の場合、そんな違和感が、安定した作画のシンジが持つ「安定したままでいたが故の不安」にシンクロして、結果として絶妙な効果をもたらしていたと思うのです。

 そんな中で、わりと素直に「可愛い」と言えたのが、新キャラ(一応「破」で出てるけど)の鈴原サクラです。リスっぽいというか、兄の持っていた愛嬌を受け継いでいるかんじもあり、シンジへの態度も比較的柔らかいので、個人的には今後が気になります。それは別に可愛いからってだけでは勿論なく、彼女の立ち位置も際どいものだから。何せ、シンジの戦いに巻き込まれた、顔無き被害者の第一号ですからね。昔は三号機のコアにされちゃった説もあった彼女。「序」で戦闘の付随的被害を受けながら、「破」で幸せな日常を取り戻し、しかし全てを失い、シンジに対しては兄との友情を感謝しながらも、やはり「エヴァにだけは乗らんで下さいよ」と戒めざるをえなくなっている。次回作では、シンジの贖罪の象徴ともなりえるでしょう。
 
 何もしなかった結果の絶望を描いた旧に対して、Qは何かをなした結果の絶望を描いている、と言えます。「この惨状の原因はお前だ」と現実を突きつけられるけれども、人々は責任や贖罪を求めてくるわけではない。「もう何もするな」と、否定のみを下す。そんな人々から逃れて過去へと還り、新しい友誼をえて、また何かを為そうとしても、やはり父の掌の上で残酷な結果へと至る。命令に従って事を為すしかないnerv(神経)に対して己に従って行動を為すwille(意志)、という形は、それぞれが扱うエヴァにすら現れており、AKIRAめいた13号機がああして利用されるだけの存在で、Mark.9も搭乗者の意図とは関係なくただ本能に従って動くことになる。しかし、そこから這い出たシンジとレイをアスカが導く、というラストにはやはり旧劇と対照的な希望の形が見えます。
 
 浦島太郎状態のシンジは、エヴァに乗ろうとする意志は捨てていませんでしたし、「これまでに起きたこと」と向き合わされ、その意志が揺らいでも、新しく得た信頼関係に拠って立ちあがろうとします。しかし、その結果があれ。この裏目裏目ぶり、見ていて心が痛くなってきました。14年という期間は人が変わるのには十分すぎ、しかし12000年っていうわけではないから殆どの近しい人は生きているから逆に辛い。世界もあまりに変化してしまい、その間を十分に知ることも出来ない。これまでの経緯(旧作含め)をあまりに知っているがゆえに「14年の間に何があったのか」を想像させられ、しかしわからないところも多いので不安なまま、激しい映像美に飲まれる。「主人公と観客を突き放す、しかし引き込む」、その力加減が、エヴァでもなければできないことだな……と感じたのでした。
 
 これまでの経緯(旧作)を観客が知っている、ということを利用した場面としては、冬月による告知のとこが挙げられるでしょうか。物語の大きな謎として、物語を導く一つの意志として、存在感を示し続けてきた碇ユイというキャラクターですが、今回はシンジがあれこれ悩む余裕もないうちに、畳み掛けられるようにその過去が語られました。今回はユイはゲンドウ(と冬月)の執着の対象として配置されており、シンジにはそれほど影響を及ぼす余裕もないまま終わるのでは、とすら思いますね。エヴァの暴走(=ユイの母性の発露?)だって序の最初だけだし。世界を犠牲にすることの結果を考えず熱狂のままにレイを蘇らせようとしたシンジ、犠牲をあくまで結果でなく過程として冷徹に理解しユイを蘇らせようとするゲンドウ、子供と大人の対比が際立っています。「目的優先、人命軽視」がモットーになってしまったミサトもでしょうか。


 これまでの経緯(破と急の間)を観客は知らない、ということを利用した演出はいくらでもある、というか全編にわたってそんな調子ですから、ここではあえて本編の外を挙げてしましょう。そう、上映前に流れる「巨神兵東京に現る」です。特撮博物館で先行公開された際の反応を見ると「面白かったけど、『庵野さんこれやりたかったんだろーなー』感が先立つ」というものが多く、また、今回僕が劇場で見たときも、そんな印象ではありました。しかし、Q本編が始まって、中盤になり、カヲルに「14年間」の残骸としての下界を見せられる場面で、カチッとはまるんですよね。滅びた街と、巨人の残骸。これって、火の七日間じゃねーか、と。勿論そのものではないから、「観客に想像させる」という形を崩すことなく、あくまで「14年間」のイメージとして、フラッシュバックが起こったのでした。これまた、旧作の実写パート挿入という「反則技」を避けつつ反則技以上の効果をもたらす演出だったのではないかと思います。
 
 そんなわけで、「旧作との細部の比較を拒むつくり」などと最初に書きながら、なんだかんだで細部の比較をしてしまいました。やっぱり逃れられないのです。エヴァの呪縛ってやつでしょうかね。
 
 ラストまで一応語ってしまったので、あとは論旨からはみでてしまったあれこれを項目ごとにいくつか書いて終わることとします。

・モノリスisモノリス?
ゼーレの老人たち、新劇場版ではキール議長すら顔を出さず退場することになりました(バイザーだけがゲンドウに受け継がれたw)。こうなると彼ら、人間としての実体があったかどうかすら怪しいですよね。ゲンドウの「あなた方は我々に文明を授けてくれた」というセリフを考えるに、本当にモノリス(2001年のアレ)そのものだったのではないか。某QBがモノリスを擬獣化したものだったことは記憶に新しいですが、彼らも、宇宙からやってきて人類に知恵を授け監視する存在だったんじゃないか、とすら。まぁ、それだと、冬月が電源(?)を切っているとこが引っかかることになりますし、恐らくは脳髄だけがどっかにぷかぷか浮いてる、というようなアレなんでしょうが(モノリス消えるときに脳髄が映るし)。

・加持さんどこいった
「破」ラストの予告には、銃をこっち側に突きつけてる加持さん映ってたけど、どこいったんだろうな……。現在のミサトや高雄(大塚明夫ボイスの人)の言からは、ひっそり死んでしまってる感があるが……。「破」ではアスカとの絡みも無くなり、ミサト語りとホモネタとスイカ話担当のイケメンでしたが、もう出てくることはないのか……?まぁ、ネルフ接収編をぶっ飛ばした影響であろう予告との齟齬は他にもありますが。
 もっとも、「破」ラストの予告は「Q+?」の予告でしたから、「?」(シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||)でそれらが描かれる可能性もあります。でも、この調子で物語が進められると、そんな過去を振り返ってる余裕なんて無さそうだよな……。
 ところで、今回のミサトって自分の父の意志を姿とともに本当に引き継いだかんじがあってかっこいいよね。加持の遺志も引き継いでしまったのか……?

・綾波の着替えシーン
相変わらずいいケツしてる……のだが、どう考えても浮いていますよね。「破」は10分に一回は給水所のようにEROが設けられている親切設計でしたが、「Q」でも少しはそれを引き継がなきゃならなかったのか……。どう見ても着替えしているシルエットなのに気づかずに突入するシンちゃんは流石の主人公体質でしたが、笑えるやら笑えないやらで困ってしまったぞ。まぁ、カヲル君のホモ言動のあれこれでは存分に笑ったが。

・Mark.9
後頭部から体積を無視して何かが生えてくるの、フリクリで見たわ(去年やっと見た)。

・ネルフの○ンコ君
スピーカーとの位置がそんなによくなくてな、音割れもしてるくらいでな、そう聞こえたんだよ。仕方がないだろ。

 さて、こんなところで、今回は終わりということで。
人も世界も変わっていくものですが(※1)、変わらないこともある(※2)。
繰り返すことはできても、やりなおすことはできない。
放浪の果てがいかなるものになるか、本当に楽しみです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。