スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ラグーン 9

ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)
(2009/10/19)
広江 礼威

商品詳細を見る



サンデーGX誌で連載中のガンアクション漫画。
6巻後半から続いていた「El Baile de la muerte」(死の舞踏)編がとうとう完結。

○感想
いつもに増して、読み応えがあった。

この編ではラグーン号の面々はそれほど出張ってこないし、レヴィのガンアクションもあまり目立たない(7巻なんて、一発もカトラスをぶっ放していないくらい)。
彼らの活躍よりも、
・ロアナプラの街に働く微妙な力学
・大義に拠る者と欲望に拠る者の違い
・暴力に拠る者と拠らざる者の違い

というような、作品の本質的な部分をじっくりと描く編となっていた…ロアナプラという場に、ロベルタという異物が混入する構図を通して。
若様と少佐が、それぞれの苦悩と意志を明らかにしあう会話は、そういった本質をずばり貫いていた。台詞の中に暗喩を多く用いる作品ではあるが、作品の本質的な部分に触れているこの編にあっては、その暗喩も(直喩的とまではいかないものの)かなり直接的になっていると思った。

もちろん、街の様子やゲストキャラを描くだけでなく、主要人物の心理もきっちり描いている。
レヴィがファビオラにキツいところを突かれる場面なんかも良かったが、特筆すべきは主人公のロックの変化の描写だろう。
破滅的なギャンブラーを思わせる、見る者が不快感を催す、悪党の笑み。ロアナプラの街に殆ど両足を突っ込んでしまっている、もはや「夕闇」と言うには暗すぎる場所に居るロック。
んでもって、実はそれを自覚していないという不安定さも、これからの展開に含みを持たせてくれている。

アクション面にも満足(後述のような小さな不満もあるけど)。
デタラメな強さで暴れるロベルタと、統制された強さを持つ米特殊部隊、影で戦況を調律する元ソ連空挺部隊、そして影を縫って走るレヴィ達。それぞれの性格はかなり違うのだけれど、質実剛健さと荒唐無稽が縦横の糸のようになって、緊迫感溢れる銃撃戦を織りなしている。中盤までの地味な展開が嘘のよう。

バラライカの姐御も張の兄貴も新しい面を見せてくれて格好良かったし、良い巻だった。次巻にももちろん期待(まぁ、発売は一年くらい後になるだろうけど…)。
単行本の帯に「2010年 El Baile de la muerte編をOVAで発売」とあるので、そっちにも期待したい。

9巻での不満点を敢えて挙げると、戦闘シーンのわかりにくさがある。
どういうわかりにくさかということを具体的に言うと、
・描き込みが濃い(ベタ塗りの濃さ含む)ゆえに却って動きが見えにくい弊害
というのもあるけど、それ以上に
・複数の勢力(または分隊)それぞれの位置情報がわかりにくい
ってのがある。
集団戦かつ市街戦かつ特殊部隊戦という状況はこの漫画では珍しく、迫力もあって面白かった。だが、「誰が(どの集団が)どこに居るのか、どこへ向かっているのか」っていう位置情報が伝わりにくかった。「ランサップ通りへ向かっている」「集結地点へ後退!」などの台詞はあるのだが、読者側には地図情報は明示されないため、わかりにくい。出来れば、もう少しその辺を明らかにしてほしかった。
まぁ、「下手に街の地図や俯瞰図を描いてしまうと、いつどこで撃ち合いが始まるともしれない緊張感が薄れるだろう」…という反対意見もまた然りだけど。
だがアニメならば、その辺は柔軟に描いてくれそうな気がする(例えばロベルタ編でのカーチェイスとか、ほとんどアニメオリジナルであったが、街の地理が何となく伝わってくる場面だった)。

○その他
・ロベルタと義輝公のコラボ
室町幕府13代将軍、足利義輝公の最期の逸話をご存じだろうか。公は剣聖・上泉信綱や塚原卜伝から指南を受けた「剣豪将軍」であった。
部下の謀反に遭い、二条御所に攻め手が押し寄せる中、公は鬼神が如き奮戦を見せた。事前に自分の周囲に何本もの太刀を突き立てておき、振るう太刀の刃がこぼれれば、それらの刀に取り換えて敵を斬りまくったという。
なんでいきなり歴史蘊蓄を垂れ流したのかというと、まさにそれを思わせる場面があったからだ。
殺人メイド・ロベルタは単発式のマスケット銃を携え、周囲に何本もの槊杖(火縄銃とかに使う弾込め棒)を突き立てておき、撃つ度にそれを地面から引き抜いて次弾の装填に使う…。
何を言ってるかわからねーと思うが(ry
しかし、この発想は無かったわ。ガン=カタを知ったときと同じくらい感動した。

・あとがきにある「描き切れてない部分は次章で」
コロンビアマフィア内部での始末とか、ブレンらの殺人請負組合の話とか、さらっと流された部分もあるからそのへんを描くのかね。

・若様に性欲を持て余す
ノーコメント。
仕方ないね。

コメントの投稿

非公開コメント

(´・ω・`)

Solidよ!!私は帰って(完治して)来た!!!!

ブラック・ラグーン?(´・ω・`)
全然知りませんな~(´ ・ 3・`)
あんまりサンデー読んでないんで(´・ω・;`)
面白いんですかい?まあ愛読してる人に面白いかを聞くなんて
失礼でもあり愚問でもあるわけだけど...
ん...?「ググレカス」とか「wiki行けボケ」とか聞こえたような(´・ω・`)
いや、ネットではどんな代物でも常に賛否両論じゃない。
どんな作品にも熱狂的なファンやアンチがいるじゃない!
ならネットの中で、かなり信頼出来る人に聞きたいじゃない!

せめて”あらすじ”や”見所”や”個人的な感想”だけでも
教えて下さいよ~。お願いします!

Re: (´・ω・`)

>ジョニー一族さん
治りましたか。良かったですね。憤怒の炎だ!

サンデーと言っても、サンデーGXというちょっとマニアックな月刊誌です。少年ジャンプに対するウルトラジャンプみたいなもの。

アンチはともかくとして、wikipediaは熱狂的なファンが書いてるからこそ質が期待出来るものでしょう。記述の中立性が完全に保証されているとはいいがたいですが、こういう場合の便利さに比べれば大した欠点では無いかと。

僕は基本的に面倒くさがりで、何事も自分が面白いかどうかでしか動かない性格です(まぁ、この「面白い」って表現は曖昧ですが)。自分で言うのもなんですが、あまり信用しすぎしてはいけないタイプでしょう。
ですから、ものを読むかどうかは面白いかどうかで決めていますし、そして感想を書く場合も同様です。自分が本を読んで面白かったか&感想を書いていて面白いかどうか、が第一です。
なので、あまり人に勧めることを意識して書いていません。
とはいえ、「知らない人も興味を持ってくれれば」ってくらいの気持ちは勿論あるので、要望には一応お答えします。

日本のサラリーマン・岡島緑郎は、東南アジアに機密ディスクを運ぶ任務の途中、南シナ海で海賊に遭います。海賊は、タイの暗黒街・ロアナプラに居を構える、運び屋「ブラック・ラグーン商会」。
ディスクは奪われ人質として海賊に攫われた緑郎は、会社が自分を助けてくれることを期待しますが、社の決定は冷酷極まるものでした…「機密保持のため、岡島もろともディスクと海賊を始末すること」。
彼らのもとに、社から依頼されたPMCの精鋭部隊が迫ります。
生き残るため、岡島はラグーンの面々と協力することになりました。女ガンマンのレヴィ、冷静沈着な船長ダッチ、メカニックのベニー、そしてロックこと岡島緑郎。彼ら4人は一発逆転の手に賭けることに。
(↑第一話導入部のあらすじ)

一巻はレヴィがバカスカ二丁拳銃を撃ちまくる爽快な話が多いですが、二巻以降はシリアスな面を強めていきます。
90年代の軍事工作や黒社会を巡るストーリーは非常に作りこまれており、それでいて荒唐無稽なアクションやキャラクターとの相性も良いです(このへん、MGSと共通してますね)。

ガンアクションの格好よさは勿論のこと、スラングやメタファーを多用した台詞回しも魅力の一つ(「中二病だ」と言って嫌う人もいますが)です。

映画や冒険小説、MGSのようなゲームが好きな人なら、波長が合うのではないでしょうか。ちなみに、小島監督も購入されていますね。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。