スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハーモニー」(伊藤計劃)、日本SF大賞を受賞

http://www.sfwj.or.jp/list.html

今年三月に亡くなられたSF作家・伊藤計劃さんの長編小説「ハーモニー」が日本SF大賞を受賞しました。
星雲賞ともども死後の受賞なので、やはり残念な気持ちもありますが、ファンの一人として大いに祝いたいと思います。

氏はそのウェブサイトや著作を以て、僕の世界を広げてくれました。
こう書くと大げさに聞こえるかもしれません。ですが自分にとって、知の体系の作り方を誰よりも教えてくれたのが氏なのですから、これはもう「世界を広げた」と言ってよいでしょう。

「小島秀夫原理主義者」を標榜していた通り、氏は小島秀夫氏(メタルギアソリッドシリーズなどで知られるゲームデザイナー)のファンの中で一際目立つ存在でしたが、その見識の及ぶところはゲームのみに留まりませんでした。
個人サイトやブログで公開していた映画評や書評には、新しいものだけでなく古典に対しても造詣を深めてきたからこそ形成された、確かな知性を見ることができました。
物事の本質を見抜いてインプットする力に優れた人で、その力は様々な媒体でのアウトプットの際にも存分に発揮されていました。
例えばこのエントリー(http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20080804)で厳しく示されているような物事の見方・書き方は、僕も自分の中に根付かせたいと考えています。

最も尊敬する人物の一人です。
下品なバカ話も得意とされる人でしたが、そういうときの姿勢ですら真摯で知的。
もちろん、スノッブなイヤミ臭さや薄っぺらさなど無く、純粋に想像力を掻き立ててくれるので面白い。
見習いたいな、と思います。

受賞作「ハーモニー」の感想については前に日記で書いたことがあるのでここでは省きますが、未読の方にもぜひ薦めたいです。
意識、病、死、福祉、医療、コミュニティ…、現代を巡る様々な問題が、読みやすく意地の悪い(←褒め言葉)一人称の語り口で綴られております。

こちら(http://mainichi.jp/enta/art/news/20091206mog00m040029000c.html?link_id=REH02)には氏のご両親からのコメントも載せられています。

今月八日には絶筆「屍者の帝国」が再録されたアンソロジー「NOVA 1」(http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309409948)が発売される予定。既にSFマガジンで読んだけれど、勿論買うつもりです。
未完の長編なので冒頭部分のみですが、それでも続きを期待させてくれる(そしてもう続きが読めないことを惜しく思う)内容でした。
死者を蘇らせるフランケンシュタイン博士の技術が一般化し、労働者としての死者市場が活性化した19世紀英国が舞台。後にホームズの助手となる医学生ワトソンが、ヴァン・ヘルシング教授の依頼により死体市場を巡る謎を追うという物語です。
氏がこれまで取り上げてきた意識や技術倫理の問題への考察を発展させ、スパイものや歴史改変ものの手法を取り、そして文字通りの「死を越えた世界」を描くという小説。

「屍者の帝国」の続きは読めません。そして、氏の手による新しい小説や評論を読むこともできません。
このことを自分は一生悔やみ続けるでしょう。ですが、ただ悔やみ続けるだけではあまりに空しすぎるということも、勿論わかっています。
生かしていきたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

かなしい、かなしい、この世はかなしい

ハーモニー読みました・・・
面白い・・・というか、自然と引き込まれる?
というか、なんというか
考えながらもすらすら読める、
不思議な小説でした(まあ結論、面白かったになりますかw)

この人の小説はメタルギアソリッドを読んだのが
初めてでした、とても面白かったです。
この人もメタルギアフリーク、小島秀夫原理主義者
だっただけに、とても残念です、
なんか、友達が一人いなくなったような気持ちです。
この人には 小島監督の最新作、MGS PWを
プレイして欲しかったな・・・

Re: かなしい、かなしい、この世はかなしい

> ジョニー一族さん
虐殺やその他短編もぜひ。
ブログや旧ウェブサイトも、小島作品は勿論のことその他の諸作品への考え方を深めてくれる、ファンにとってこの上なく尊い遺産です。

監督の話では、新作(PW)のことを話すと伊藤さんもとても興味を持ち、「それをプレイするまで生きていたい」とおっしゃったそうです。
ヒデラジの238回と239回ではそういった話が語られているので、そちらもどうぞ。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。