スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGSとマルドゥック・スクランブルの映画化の話

○メタルギアソリッドの映画化企画が事実上中止に?
http://gs.inside-games.jp/news/215/21569.html
おいおい、結局お流れかよ…。
期待していたかどうかと問われれば、もちろんイエスと答えざるをえない。だって、信者だもの。
映画から様々なものを吸収して成功したMGS。それが映画になってまた成功する様を見れたとしたら…、鮭の産卵を見たときのように感動できただろうに(例えが意味不明)。
もし失敗しても、「孫悟空がモテるために拳法習ってるとかねーよwww」みたいなかんじで笑い飛ばせる。
監督はカート・ウィマーになるという噂もあったから、もし公開されてたら「あれCQCじゃなくてガン=カタ3.0じゃんwww」みたいに盛り上がれたやも知れぬ。
草生やし杉。自重する。
まぁ、何はともあれ残念だ。ハリウッドではこういう事例はよくあることらしいけど。

ところで、海外の有志が勝手に作ったMGS映画がありましたな。
http://www.mgs-philanthropy.net/
自分はまだ冒頭部くらいしか視ていない(読み込みが遅かったので)けど、この力の入り具合は凄い。


○マルドゥック・スクランブルが劇場アニメ化
http://m-scramble.jp/
原作は冲方丁のSF小説。近未来都市マルドゥック・シティを舞台に、元少女娼婦のバロットがネズミ型万能兵器ウフコックとともに、自らの存在意義を賭けて戦う物語。
アニメ化企画は2006年に一度ポシャった。その時はGONZO15周年記念作品としてテレビアニメ化される予定だったが、今度の企画では劇場アニメになるらしい。前の企画を受け継ぐ形なのか、まったく新しい企画なのかどうかは不明。なので制作会社・スタッフ・声優などがどうなるのかについても続報を待たねばならない。

バトルやギャンブルの場面が凄く格好いい小説なので、映像化されたものも見たいと思っていた。
また、原作小説ではそれほど描写されていなかったマルドゥック市の風景をどう表現するのかも見どころだと思う。普通に考えれば「サイバーパンク→薄汚れた近未来→ブレードランナーみたいな雑然とした都市」なのかもしれないが、自分としてはもっと整然としたイメージを持っている。

ちょうど夏に原作を読み終えたところ。
今年中にウフコックを主人公に据えたマルドッゥク最終章も出るらしいし、『マルドゥック・ヴェロシティ』の方も買っておこうか(また積み本が増えるな…)。

○追記
2chのSF板の冲方丁スレのこの↓書き込みが妙に印象深かった。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/01/12(火) 23:19:47
少女娼婦がおっさんサイボーグとネズミを取り合うトライアングラーが普通かと言われるとちょっと悩む



トライアングラー…。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。