スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PW発売まであと3週間!

○「heavens divide/恋の抑止力」シングルCD発売
コナミスタイルで予約したんだけど、「サントラ・シングルセット」で取ったもんだから、送られてくるのが14日になるそうなんだ…サントラの方は14日発売だからね…。
そんなわけで、早朝にiTunes Shopを覗いたらシングルが900円で売られていたので、そっちを買ってしまいました。
つい我慢できなくなってな。
発売日の朝からループで聞き倒しております(iTunesって再生回数100回までしか記録しないのか、だらしねぇな)。
ところで、前に歌詞・和訳記事を書いたけど、フルバージョンも和訳しようかと思ってます。英語のフル歌詞は別のブログが上げてるけので、そっちを見ると良いと思います。または歌詞カードか。


○ピースウォーカー完成披露会
ゲーム会の著名人、プレス、そしてtwitterリポーターを招いて、4月7日に開催されました。
僕もtwitter上で実況を見ておりました。興奮しました。

公式ホームページの「TRAILER」コーナーでは、イベントで公開されたPVが配信されています。
中でも、上段三番目の「Tactical espionage OPERATIONS」が良い。「ゲームで出来ること」(戦闘と軍拡)と「作品のテーマ」(抑止力)が密接に結びついてることがわかる。どんどんハマッっていくうちに、ハマッているゆえの連鎖反応に手がつけられなくなっていく。遊びとストーリーが、こうも強く、こうも意地悪に繋がっているってのは中々珍しいでしょう。
和平・ミラーの「反共から反テロへ」予想は、あの時代からすると有り得ないほどの先見性を持っている。あくまで「後出し」であるあの展望をMGSの世界観に巧妙に結びつけてくれそうで、ストーリー面にも期待が高まります。
自分は『沈黙の艦隊』が好きなものでね…。

それと、モンハンとのコラボ。轟竜ティガレックスと火竜リオレウス、アイルーとランポスが登場。MGS3でも「猿蛇合戦」というサルゲッチュとのコラボ企画があったけど、今回のはそれにも増して大胆。
数年前からコナミ・カプコンのチームが酒の席で案を交わしていた企画だそうで、「PWの舞台はコスタリカ→コスタリカは映画ジュラシックパークの舞台→恐竜狩り→モンスターハンター」っていう連想から生まれたそうな。
たしかに、デモの作り方にはジュラシックパーク臭さが漂っております。ティガの足の映し方とかね。
モンハンはボウガンを使ったとしてもある程度距離を詰めて戦わなければダメージを与えられないゲームなので、MGSのゲームシステムでスナイパーライフルなどを用いて戦ったらどうなるかってのは興味がある。まぁ、あんまり飛竜から離れ過ぎるとかえって突進を食らいやすくなるんだけどな…。
肉焼き器でレーションを焼くことも出来るみたい(爆発しねーのかw)。ニコニコで「コラボ・レーション」とか言われててワロタ。「ゲーッチュ!」もそうだけど、大塚さんの声でこういうのをやるのは販促、いや反則ですぜ…。

また、4に続き、アサシンクリードともコラボ。俺としたことが、藁束と段ボールの親和性になんで今まで気づかなかったんだろう…。

それ以外にも、とにかくコラボが多い。

ドリトス、香水AXE、ファミ通、電撃PS 、電撃ゲームス 、週刊少年マガジン 、ウォークマン、ペプシNEX、マウンテンデュー、HORI(アクセサリセット)、ユニクロ(Tシャツ)、スクエニ(フィギュア*AI兵器はフロントミッションのフィギュアとパーツ互換あり)、UBI(アサクリⅡ)、カプコン(モンハン)、PORTER(PSPケース) 、ボンカレー 、ローソン(特別ローソンTシャツ兵) 、YAMAHA(VOCALOID)
その他、Tシャツ兵。

大過ぎワロタ。まぁ楽しけりゃいいや。金は飛んでいくけどな!
…ただ、予算的に考えて、ウォークマンとかPORTERはさすがに買えないな…。

ところで、カズラジも楽しいなチクショー。
あと、「ハマルギアソリッド」なる謎の頁も。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。