スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争における「人殺し」の心理学

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
(2004/05)
デーヴ グロスマン

商品詳細を見る


○導入 
戦争という異常な環境において、いかなる心理のもとに兵士は敵兵を殺すのか。なぜ殺すことができるのか。殺すときには何を考えているか。殺した後には何を思うか。その殺しが個人と社会にいかなる影響を及ぼすか。そもそも、どのようにして「人を殺せる兵士」は作り上げられるのだろうか。
 元軍人であり軍事学者であり心理学者である著者が、多くの文献からの参照と精力的な聞き取り調査、そして考察により「人殺し」の心理を解いている。
 作中で引かれているクラウゼヴィッツの「おぞましさのあまりに目をそむけたくなる部分があるからといって、その営為について考えまいとしても無駄である。否、無駄であるどころか有害でさえある」という言葉通りの、お勧めの一冊。

○感想 
そもそも、人は人を殺せないように出来ている。強烈な抵抗感を覚えるものだからだ。

本書はまずこのことを強調したうえで論を展開している。「戦争になれば、兵士は敵を殺す」とか「殺らなきゃ殺られる、だから殺る」といった題目は、驚くなかれ、当然自明のことではないのだ。たとえ自分が殺されかねない状況であっても、敵を殺そうとしない兵士は多く存在するという。

繰り返し言及される「第二次大戦時の発砲率は15から20%、しかし朝鮮では50%、ベトナムでは90%を越えた」という統計結果。また、現代の紛争でも、先進国軍と後進国軍の殺傷率比が数十対一になることなど珍しくない。これは装備や戦術、そして訓練の差ではある。
訓練の差。この本質は単なる量・質的な差のみには留まらない。そもそもの方法論的差が存在するのだ。それは何か。つまり、現代の訓練法に共通した特徴とは何なのか。

それは主には「条件付け」である、と結論している。パブロフの犬やスキナ―の鼠の実験で知られる、条件付け訓練法。それはすなわち、「人型が見えたら、撃つ」という条件と反応を体に覚え込ませ、判断を単純化し、成否に応じて賞罰を与え、躊躇や失敗を減らす方式であるという。第二次大戦以前の射撃標的は固定式の円形のものが主流であったが、ベトナム期ともなると可動式の人型のものが主流となった。これは、「条件付け」において非常に大きな違いなのだ。
この論から考えれば、あの『フルメタル・ジャケット』の新兵訓練場面は、「適切な条件のもとで反射的に射撃する兵士を作る」という現代的訓練法の特色についてはあえて描いていないといえるのかもしれない。

近年に確立された方式である「条件付け」以外にも、人類誕生以来脈々と受け継がれ磨かれてきた、「殺人を可能にする要素」は沢山ある。主には、これらの要因に分けて説明している。
権威者の要求。集団免責。殺人者の素因。犠牲者との物理・心理的距離。犠牲者の標的誘因。

一つ一つについて説明するのはここでは避けるが、自分が最も興味深く感じたのは「犠牲者との距離」の要因だ。
素手で一人を直接殺すより、爆撃機で数百人を間接的に殺した方が、精神的負荷は少ない。このことには、彼我の物理的距離と、心理的距離(特に機械を用いることによる)の影響が大きい。
初期の銃よりは弓の方が殺傷力は高かった。しかし、銃を用いた軍隊の方が強かった。これについても、「敵を肉眼で直接狙う弓より、照星を介して狙う銃の方が気が楽」という機械的心理距離の影響があると言う。

「奴らは自らを正義と思い込んで疑いもしない」「奴らは敵を人間となんて思っちゃいない」。
これらはよく聞く台詞だ。だが、これらは言いかえれば、
「正義だと思いこまなければ」「敵を同類だと思い込んでいては」戦争なんてやってられない、ということでもある。
こういった、戦争につきものである独善的な正義意識や非人道的な差別意識は勿論肯定できたものではないが、そういった精神傾向にある兵士らを「狂っている」として思考停止すべきではない。必要と必然があるのだ。こういった「距離」の概念で説明できるという。前者は倫理的距離、後者は文化的距離。これらの距離を意図的に作り出すことで兵士の殺人を容易にし、後々まで残り個人と社会に悪影響を及ぼす精神的被害の発生を減らしているというわけだ。

さて、先に述べたように、そもそも人は人を殺すときに強烈な抵抗感を覚える、という論に基づいてこの本は書かれている。しかし、その例外に属する人間の存在についても言及されている。
統計においては全兵士の2%、精神病理においてはソシオパスに分類されることもある、所謂キラー・インスティンクトを持つ、「人殺しに適した」性向の人間。
例えば、第二次大戦時の空戦における死者の40%は、1%の天才パイロットによってもたらされたものであったと言う。また、厳しく選抜される兵種である狙撃兵や特殊部隊員は通常の歩兵に比して圧倒的な殺傷率を挙げる。加えて、通常の歩兵でも、接近戦における殺人経験に罪の意識を殆ど負っていない例が少数ながら存在するという。
こうした希少な「ナチュラル・ボーン・キラー」の精神構造についても、多くの例を挙げて考察している。攻撃的性向と感情移入能力の程度がその精神構造を作る主要な二変数であるらしい。

思えばこれまで、戦争や兵士を要素としたフィクションやノンフィクションには多く触れてきた。先にあげたような「戦争物にはよくある台詞」も多く見てきた。しかし、それらを真に解体して理解しようとする試みは疎かだったのではないか。自分は「戦争もの」を巡る重大な問題に対して慎重であるというよりは、臆病で怠惰だったのではないだろうか。この本によって、また自らの姿勢を見つめなおさねばならないと感じた。

そんなわけで、豊富な実例と学説、そして考察によって、読む人の常識を揺さぶってくれる本だ。現実の兵士の心理状態や戦争の実態を知りたい人は勿論、戦争を題材にしたフィクションにおけるリアリティを追求したい人にも是非薦めたい。



○追記
だが本書、最後の方になると途端に牽強付会のきらいが強くなるように感じた。というより、オタクとしてはどうしても反発してしまったというべきか。というのも、暴力性を喚起し犯罪率を上昇させる原因としてのフィクション規制論へ走るのだ。

「逆『時計仕掛けのオレンジ』」という例えを用い、パブロフ的条件付けの脅威を説いている。「お気に入りのソフトドリンクやスナックの美味しさと、スクリーンで繰り広げられる暴力の凄まじさが逆ルドヴィコ療法的に結び付く」と。こういった論は、大きな視点で見れば確かに認めざるを得ない部分もあるのだが、家庭や学校における教育などの要素も含めて、もう少し精査してほしかったと思う。明らかに間違っている記述も多い。

「ハリウッド検閲時代にも『カサブランカ』『風と共に去りぬ』などの名作が生まれた」として近年の映画の暴力性に難を示している。しかし、これらは(確かに名作ではあるが)、政治的・人種的描写には強い偏向があることは否めず、反例としては適切でないと考える。同様に、ハリウッド赤狩り期の惨状や、ベトナム後の閉塞感が生みだした潮流としてのニューシネマの芸術性などについても、意図的に書き落してるのではないか。

また、「江戸期の日本では銃砲が社会を乱すもととして完全に封印されており、黒船来航時には完全に火砲技術が失われていた」と記述して銃規制論を補強しているが、これは完全な嘘である。泰平の世にあって一揆などを防ぐ目的もあり、強い規制はされていたし、技術進歩は西欧に比べ遅かったが、鍛冶の流派への大名からの研究支援もあり、独自の発展を遂げていたとされている。

原題は「on killing」という、(「戦争」を強調した邦題に比べて)シンプルなものであり、ベトナム戦争がもたらした社会的影響について触れる論も多い以上、こうした戦場と直接関係の無い現代社会への言及があるのも当然なのだろうが、丁寧に学説や実例を引いていた前項までと比べて粗さを感じてしまうのは否めない。些か残念である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あまりにも酷い考察にいろいろ書こうと思ったがあえて言及は避ける。

一つ言わせてもらえるのなら、空想である物語の戦争と現実で起こっている戦争を重ねて論じるのは間違っている
性体験のない男性がアダルトビデオを見て、リアルだと呟くような恥ずかしさを私は見たような気がする。

Re: No title

>名無しさん
コメントありがとうございます。
酷いと思った箇所について詳しく記述いただければ、それについてはなるべくお答えいたします。

ですが、空想と現実を重ねているというのは、あまりに定型的な誤解では無いでしょうか。
基本的にはこの本で多く引かれている体験談をもとに、現実の戦争とそれに参加した兵士の心理を考えることに立脚したうえで、フィクションにおけるリアリティを追求する上でも有用ではないか、と応用例の一つを述べたまでです。
「フィクションにおけるよくある台詞」に疑義をはさむ試みも、その考えの上にあります(僕の場合もこの本の場合も)。

「性行為を学ぶDT」という例えは、この本の中でも使われていますね。現実の戦争、殺人経験が無い以上、知れることには限界がある、しかし、知ることは有意義である、と。

No title

権威主義的になるつもりはないが、私は死生観の研究者である。
それ故に期待を持ってこの文章を読んだが、平面的な内容に辟易した。難癖と取られても仕方がないかもしれない。

>応用例のひとつ
不定だ。そもそも重ねるという意味合いは「混同している」という意味合いで使ったわけではない。その為の例えだったのが私が間違っていたようだ。
そもそもフィクションは絵空事であり、史実を語るべき場合において、仮定が事実を語ることは通常であればありえないことだろう。
戦争という非常に繊細なテーマであれば、それは戦場にいる彼らに取って冒涜以外の何物でもない。

あなたの返答を見て、あなたが何も理解していないということを私は理解した。

戦争における大義について、語られることもなければ、武器における効率や、その歴史も語られはしない。ましてや戦争で日常的に起こる殺人の正(肯定)と負(否定)の照らし合わせすらない。

筆者が本に触発されて、突発的にそれらしいものを書いてしまったことは、近代でしか語られていない部分を見れば疑いようのない事実だろう。

Re: No title

> paranoirさん
少々勘違いをされているのではないでしょうか。
この文章は読書感想、紹介です。ただ、(読まれればわかるでしょうが)、
1・本からそのまま引きうつした部分が多分に含まれていますし、
2・これから読む人のため、あるいは労力の問題から省略した部分も多くあります。
フィクションに対する言及や、記述が近代に偏っていること、大義や歴史に関する記述が抜けていることなどは、主にそれらの原因に拠ります。
本書で興味を持った所を引用し、自分なりの解釈と感想を少し交えつつ、紹介しようとしているわけです。
私の死生観や戦争観を語ることを目的としたものではありません。
ですから、責任逃れのように聞こえるかもしれませんが、そのような期待の上でこの文章を読まれても困る…というのが正直なところです。
ラーメンに「マズいスパゲッティだ」と文句をつけるようなものですね。

フィクションは絵空事、現実とは違う、という二元論は現代においては通用しないことが多く、ゆえに、例えばこの本でもフィクションの脱感作効用などが詳細に語られているおり、ゲーム的な心理距離を創出するための暗視装置の効用などについても触れられているわけです。

「あくまで紹介だ」としましたが、もっとも、私の考え方も含まれています。
この文章におけるフィクションの扱い方(=私の考え方)の「冒涜的な部分」を例示してご指摘いただければ答えようもあったのですが、あまりに曖昧としているため、それも不可能です。

出来れば、本書を読まれたうえで来ていただければありがたかったです。
>ましてや戦争で日常的に起こる殺人の正(肯定)と負(否定)の照らし合わせすらない。
前回の「アダルトビデオ」の例えもそうですが、この部分からして、明らかに読まれていないのでしょう。そもそも、現実と空想、正と負、のような二元論は私(そしてこの本)の考え方とは異なります。

ホスト拒否させていただきます。
それでは。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。