スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つづくオン・マイ・オウン

つづくオン・マイ・オウン―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)つづくオン・マイ・オウン―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(2004/10)
賀東 招二四季 童子

商品詳細を見る

他にも積んでる本がかなりあるというのに、つい先日買ったこれが思いのほかぐいぐい読めてしまった。
もちろん、ライトノベルということで文章が読みやすいせいもあるのだけれど、息をつかせないという形容がまさにふさわしい展開だったというのが大きい。
最近、サンテレビでの再放送が終わったフルメタルパニック?ふもっふ。これの原作は小説の短編シリーズだ。アニメでも原作でも、戦争バカの主人公・宗介が普通の高校で巻き起こすトラブルを描くコメディで、かなり笑える。この作品における、「平和」のサイドである。
そのサイドがこの長編第七作「つづくオン・マイ・オウン」で崩壊する。
警告、襲撃、逃走、破壊。
今までも危ういバランスで保たれてきた日常には、もう戻れなくなる。

絶望的な質量の攻撃と、それに抗する宗介&アーバレストやミスリルの必死の反撃、次から次に目まぐるしく動く状況。今までの作品のように節ごとに「JST 1200時 陣代高校」のような冒険小説的時間表示が出ないところを見ても、その圧倒的な連続性がよくわかる。
地味なところかもしれないが、宗介とクラマの間で繰り広げられる交渉合戦が自分はかなり好きだった。鉄火を散らしあうだけの戦いにとどめず、さまざまな要素を詰めて読者を楽しませてくれる姿勢が表れてると思う。
レナードのチート性能もいいかんじ。

あとがきで作者は「世間ではこういうのは『鬱展開』と呼ばれるのだろうけれど、まだ誰も苦境に諦めきってはいないのだから、こういう言い方は好きではない」と述べる。
そう、生き残ったメンバーの闘志はまだ潰えていない。彼らの向かう先を是非見届けたい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれ?小説版って完結した?まだ?

No title

今10巻で、あと二三巻以内に完結するという話だとか。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。