スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタル・ジャケット

ベトナム戦争を題材にした、スタンリー・キューブリック監督の映画。
前半は新兵訓練キャンプ、後半はベトナムの市街戦を舞台としている。

2chのAAやら、ニコニコのMADやら、フルメタルパニック短編のラグビー部の話やら。
あのハートマン軍曹の名台詞(というか罵詈雑言)の数々については、もはや説明するまでもないだろう
自分も軍曹関連のパロディはよく知っていたのだが、本家を知らずにこのままネタにしつづけるのは恥ずかしいと感じて、DVDを借りて知人とともに観ることに。
ブルーレイも置いてあったけど、安かったからこっちにしたとかは内緒。

まず雑な感想としては、思ったより重い作品だということ。
ほとんど知らなかった後半部分は、意外と地味な戦闘場面で送られる。が、修羅場にある人間の生々しさが伝わる。
前半部の新兵訓練キャンプだって、冷静に見れば台詞を笑ってそれで終わりに出来るような内容ではない(パロって笑うのはダメだとかそういう意味ではないので誤解無きよう)。

訓練編を「抑圧」のパートとすると、戦争編は「解放」。「秩序」と「混沌」とも言いかえられる。
秩序立てられた訓練と規律で育てられた兵士らが、混沌とした実戦で生と死の間に解放される。
勿論、両方とも根底には同じ狂気を孕んでいて、反戦のテーマが浮き彫りにされるわけだ。
二部構成によってそのことが強く伝わってくる。

市街戦を描くというのは、ベトナム戦争ものにしては珍しいらしい。
どこにゲリラがいるかわからないという恐怖は何も密林だけでなく、荒廃した街でも描かれうる。
かつて人がいた場所でそのような戦闘が行われる、という点では密林戦より市外戦の場面の方がよく狂気が引き立てられているかもしれない。

何とも、噂にたがわぬ名作だった。
ベトナム戦争映画ではプラトーンやディアハンター、地獄の黙示録なども見てみたいところ。
息抜きに、ランボーも。
キューブリック映画としては「2001年宇宙の旅」や「シャイニング」を(両方とも原作者からは改変部分について文句言われてたらしいので、原作も併せて要チェックか)。

余談
ご家族と一緒にはご鑑賞できそうにない台詞の数々に関してだが、もともとの英語セリフが真に迫ってるのは勿論のこと、日本語訳がめちゃくちゃ上手い。
なんでも、完璧主義者のキューブリック監督は翻訳にもチェックを入れていたとのこと。
そのへんのことはwikipediaの記事でも見てもらうとして、例をひとつ。

Joker:How can you shoot women and children?(よく女子供が殺せるな?)
doorgunnner:Easy. You just don't lead 'em so much.(簡単さ、動きがのろいからな)

ここでのleadは「狙いをつける」とかそういう意味。つまり、gunnnerの台詞は直訳すれば「あんたはしっかり狙えてないだけさ」になる。
が、場面の前後と人物を捉えると「動きがのろい」と意訳される、と。
さすがプロは違うなぁ、と思った次第。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。