スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カチュア姉さん…。(タクティクスオウガ)

タクティクスオウガのVC配信に関する知らせは瞬く間に広がり、Solidを驚愕させた。
Solidがwiiにちっとも注目していなかったことや、
Sollidが信用するに足らないPS3厨であったこと、
無敵のはずのスク○ニが空気を読んだこともそうだが
何よりも続編が期待されることにある。
Solidは永く続く続編マダー?に疲れ果てており、民を導く正統のオウガバトルサーガを渇望していた。
TOの配信は続編制作の予感に他ならなかった。
スクウェ○・○ニックスはオウガシリーズの現権利者としてTOをファンが懐かしむ過去の名作と
認め、権利関係錯綜に端を発した内戦の終結を宣言した。
任○堂はこうした行為によって、これまでのマダー?をオウガ新作や松野氏への渇望ではなく
TO再プレイを欲したオウガニスト達の待望と位置づけ、世界的な立場からマダー?自体を否定したのである。
しかし、こうした主張を受け入れ、支持したのは一部のwii所持者とヤンデレ姉好きのみで、
各地に広がっている続編待望主義を封じ込めるだけの力はなかった。
オウガ続編待望は、もはや権利紛争などではなく制作販売する側とプレイする側の対立、
言い換えるならマダー?を逃れ松野氏を得るための戦いとその姿を変えていたのである・・・。

タクティクスオウガは素晴らしい。
自分はスーファミと触れ合わずに育った人間なので、GBAの「外伝」から入り、少しのちに本編をプレイしたのだが、
その独特のターン制をはじめとするシステムの完成度、高低差を考慮して作られた美しいマップ、時代を先取りしたヤンデレキャラであるカチュア姉さん、そして何より現実の紛争を下敷きにした重厚なストーリーに魅了されたものだ。
今も、松野泰己氏による続編を熱望している。
何しろ、未解決のまま残されている伏線も残っているのだ。
これは容量不足のせいもあったのだろうが、続編を意識したものと見るべきものの方が多い。
しかし、松野氏のクエスト退社などから始まる権利関係の錯綜で、オウガ次回作への希望はほぼ断たれたまま長い時が流れていった。※
そんな中で見えた二筋の光明。
まず、2006年に松野氏がwiiについてのインタビューで語った、新しいゲームへの構想。
オウガシリーズの続編が出るとは限らないものの、氏のゲーム制作意欲が萎えていないことが十分に伝わった。
次に、今回のTO配信。あれだけの名作がヴァーチャルコンソールサービス開始から暫く配信されていなかったのに、何故か今になってとうとう解放。
これは何かを期待せざるをえまい。

※とは言っても、自分は高校生になってからプレイした新参者なので、こんな「俺はさんざん待った」みたいなことを書いてしまうと、製品版登場からずっと待ち望んでいた諸兄にはすまない気持ちになる。
サーセン。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。