スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代視覚文化研究vol.3

現代視覚文化研究 3(三才ムックvol.235) (三才ムック VOL. 235)現代視覚文化研究 3(三才ムックvol.235) (三才ムック VOL. 235)
(2009/03/17)
不明

商品詳細を見る


その年度のアニメ関連の話題を中心に、ひたすらヲタ話を書き連ねた濃ゆいムックの第三弾。
この本の紹介は次回、と予告しましたが、酒で吐いたり好きな作家が亡くなったり英国変態紳士の活躍を観たり、色々あって延びちゃいました。

心なしか、前回に増してキワモノ雑誌になっているように感じます。
恐らく、エロラノベやエロ漫画の紹介話が純粋な(笑)俺にとってはドぎつかったのでしょう。
何しろ俺と来たら、AVも観たことないですからね(まぁ、エロゲはやってますが)。
まさに訓練されたDT。死にたくなってくるぜ。

まぁ、それは置いといて。まだ全部は読んでいないのですが、とりあえず面白かった・気になった特集をいくつか箇条書きで挙げて、紹介にかえさせていただきましょう。

・2008年度アニメ年表
一応アニメは観まくっていた今年度ですが、ニュースサイトや掲示板にはほとんど触れていなかったせいか、知らなかったニュースも多いです。
ヱヴァ序のDVD特装版にランダムで付いてくる生フィルム一コマ。綾波レイが映っているフィルムが20万円で取引」とか。ちなみに俺のはよくわからない赤い光点が1個見えるだけのものでしたorz

・GONZO特集
 メルト「一体どれだけの損失になったと思うんだ!」
 クーパ「37億5200万ギルガでございます」
 メルト「えっそんなに!?」
 …ドルアーガの塔第2期第3話より
↑コレ、視聴時は意味がわかりませんでした。
あの状況でなんで妙に正確に損失を計算できてるのかと。
でも、
「2008年5月 GONZOの負債総額が37億5200万円との発表」
…なるほど、こういうことだったんですか。つまり上のやりとりは悲壮な自虐ギャグ…。
自分は「ANUBIS」の幕間アニメでGONZOを知ったくらいで、昔の作品のことはあまり知りませんでした。これも年表や解説を入れて、わかりやすく、そしてねちっこく説明してくれています。
「ぼくらの」や「ヘルシング」の原作レ…改変については話は知ってはいましたが、そうなってしまう事情なんかも中立的に説いてくれていて興味深かったです。
俺が視聴していた今年度のGONZOアニメは、「ブラスレイター」「ドルアーガの塔」「鉄のラインバレル」の三本だったと思います。感想についてはカーソルを合わせてください。
ところで、ストパンはそんなに面白かったんですか…。なんか誌面ではやたら高評価です。俺は他のアニメと時間が被ってたので殆ど観れませんでした。ちょっと観てきますわ。

マクロスFはチベット密教を描いてたんだよ!
煮え切らない三角関係、都合よく治まった宿敵。でも戦闘シーンは凄い。
そんなこんなでヤンヤヤンヤ賛否両論(便利な言葉ですよね)だったマクロスFの最終回。
俺も観ていましたが、はっきり言ってダメな終わり方だと思いました。
まぁ、劇場版で決着してくれるのかもしれませんが。
この特集では、チベット密教の用語や概念をマクロスFのストーリーや人物に当てはめて、最終回に肯定的な立場で考察をしています。
かなり細かく切り開いているので、「ああ、なるほど、当てはまるね。」と納得できる面も多く、面白い文章ではあるのですが、基本的にはMMRなので一歩引いて読みませう。
筆者側もしっかりMMRであることを開き直って、予防線を引いた上で語ってますしね。

・「神のみぞ知るセカイ」作者インタビュー
友人から勧められてはいますが、未読ですこの漫画。
でも、ここで語られている作者の考え方はしっかりしていて面白かったので、興味がわきました。

・「ダークナイト」話
またDVD借りてきました。ジョーカーはやっぱりいいね。

・「ごらんの有様だよ
………。
……。
…。
こういうこともあるんだなぁ…。


と、他にもアレな話がたっぷり200ページ超(体感ではもっとスーパーボリューム)。
これで1400円は安…、あ、前号よりなぜか100円うpしてるんですね、1500円ですか。まぁそれでも充分おkです。

次回は、新劇場版ヱヴァの予告チラシの話。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。