スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 予告チラシ

先日「007 慰めの報酬」を観に行ったついでに、「ヱヴァ破」のチラシももらってきました。
こんなのも見つけて、6月27日の公開に向けてテンションが上がります。

今回は、このチラシの右側に書かれているキーワードについて、解説や考察(というより意味等を軽くググった程度のこと)をひたすら書き連ねます。旧作のことを思い出しつつ、ね。
多分、いや確実に、こういうことをやってる人はもうすでに他にも沢山要ると思いますが、まぁ暇つぶしということでとりあえず自分もやってみますね。

・第3の使徒
…新劇場版では、使徒の番号が一つづつズレているので、サキエル(初号機が最初に倒す)は第4使徒。第3使徒は何なのか。「序」ラストの予告に出ていた「ADAMS」「LILIN+?」がヒントなのでしょうか。ところで、「リリン」の綴りって「LILIM」のはずですが、MからNに変わったのは何故でしょう。

・ベタニアベース
…ベタニアは新約聖書に出てくる地名。ベースはbaseでしょうが、「下地」か「塩基」か「基地」かそれ以外か。「下地」や「塩基」なら、LCLのような化学物質のこと?「基地」ならネルフの秘密基地の一つ?「根拠」だとしたら、人類の起源とかそういう話かもしれません。

・封印監視特化型 人造人間エヴァンゲリオン 極地仕様 仮設5号機
…5号機はアダムか何かの警備用ということでしょうか。

・EVANGELION PROVISIONAL UNIT-05
…上の英訳。MODEL-05ではなく、UNIT-05というのが気になります。unitの意味の一つである「装置」から、5号機は機動性を重視していない警備装置としての役割が強いのかと思われます。そういや予告で観る限り、ガンキャノンみたいな鈍重そうな形でしたね。

・TASK-02
…「任務2」?何を指すかは不明。

・汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型2号機(先行量産機)
…昔は「人型」でしたが、「ヒト型」になっていますね。「動物の一種としての」人間(=ヒト)を模していることを強調しているのでしょうか。

・EVANGELION PRODUCTION MODEL-02
…上の英訳。

・エヴァンゲリオン空中挺進専用S型装備
…まさか、飛ぶのか。ウナギ量産機の如く。それとも単に、航空輸送に適した装備のことか。

・第二の少女 式波・アスカ・ラングレー大尉
…名前変わりましたね。あと、オペレーター三人(二尉)よりも高い階級ついちゃった。
「式波」は「綾波」と同型の旧帝国海軍駆逐艦の名前だそうです。
旧作の主要女性キャラの姓は殆どが空”母”の名前が由来になっていました。
綾波のみが駆逐艦の名前を姓にしていたのは、母になれない(「血を流さない女」=月経がない=生殖能力がない、という解釈)体質だからではないか、という説が有名です。
今作でアスカも駆逐艦の名を冠したのは、つまりはそういうことなんでしょうか。
アスカは貞本漫画版では妙に月経に苦しむシーンが多かったキャラでしたが。
それとも、単に少女キャラの姓を駆逐艦で統一しようというだけなのか。
ところで、声優はどうなるんでしょうか。

・加持リョウジ首席監察官
…旧作ではネルフの特殊監査部所属の一介の職員。特に地位が高い描写はありませんでした。「首席~官」って有能で大胆な若手官僚っぽくてかっこいいね。「太陽の黙示録」の宗方操首席補佐官とか。

・ネブカドネザルの鍵
…ネブカドネザルはメソポタミアの王(何人か居る)。あとは、マトリックスでネオ達が乗ってる船。

・国際環境法人 日本海洋生態系保存研究機構
…セカンドインパクトでぶっこわれた生態系を何とかして保存している団体?

・タブハベース
…「タブハ」も聖書関連の地名。「ベタニアベース」と対になるのでしょうか。

・命中確率99.9999%
…旧作でサハクィエルを受け止められる確率は0.00001%でした。ということは、100-0.00001=99.99999なので、これはサハクィエルが第三新東京市に命中する確率…と思いきや、一桁ズレていますね。あれ?

・N2航空爆雷投射用機動式軌道衛星
…衛星兵器ハァハァ。自由落下使徒に対して衛星軌道上で爆撃するために使用したものでしょうか。

・特別宣言 D-17
…自由落下使徒からの避難命令ですね。

・女のカン
…落下してくる使徒を受け止める作戦でのエヴァ三機の配置は、ミサトさん曰く「女のカン」によるものでしたね。

・土の匂い
…「とれないや、血の匂い。」とは違うのか。

・汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 次世代試験 4号機
…旧作では、3号機を銀色に塗っただけのデザインだった4号機。それも、テレビや漫画では画面に出てくることはなく、プラモやゲームのみで姿が確認できました。
「次世代試験」とは、S2機関搭載実験のことでしょうか?

・EVANGELION NEXT GEN TESTBED-04
…上の英訳。testbedは試作機の意。

・バチカン条約 第13条第1項
…核兵器とおでんとレビル将軍の使用は禁止。

・真のエヴァンゲリオン
…旧作終盤の鍵となった、初号機の特別性のことでしょうか。

・偽りの神
…リリス?真の神がアダム?

・***・マリ・*******
…予告にも登場した眼鏡っ娘。5号機パイロット?
アスカの継母の連れ子という説が有りましたが、漫画版でちょっとだけ出てきたその子とは容姿が異なります。それより、wikipediaで見かけた情報ですが、
>破の予告絵コンテには「ゲンドウと同じ仕草で眼鏡を直す少女のUP」との記述がある。
コレが気になります。そこで上の名前の伏せ字部分「***」。
エヴァの登場人物で3文字の姓といえば、イカリ、アカギ、イブキ、アオバ、ナギサ、アイダ、ホラキ、トキタ、と結構多いですが、マリと関係がありそうなのは碇か赤木くらいでしょう。
碇ゲンドウと赤木ナオコの隠し子だと考えれば当てはまりそうな気はします。上の「眼鏡を直すしぐさ」についても説明が付きますし。しかしその場合純日本人ということになってしまい、伏せ字の「*******」部分(アスカでいう「ラングレー」)が何なのかわかりません。

・人形
…無感情・無表情な綾波のことでしょうか。または、アスカのアレでしょうか。
アスカの母親のエピソードって、漫画版ナウシカのクシャナ様の生い立ちエピソードへのオマージュらしいですね。そういやそのまんま。最近その話をされてやっと気づきました。

・ダミーシステム搭載型エントリープラグ「特1号」
初期型ダミープラグの正式名称でしょうか。

・松代第二実験場 仮設ケイジ
…3号機の起動実験のため、トウジが向かう場所ですね。今作ではトウジはどうなっちゃうんでしょう。「序」ではシンジと友情を育む場面はかなり省かれていましたが、「破」で更に仲良くなる→漫画版準拠の結末、ってかんじになっちゃいそうで心配です。
そもそもテレビ版でトウジがアレしなかったのは、監督とプロデューサーの間に交わされた「子供を死なせない」という約束のせいでしかないと聞きますし。

・第1回有人起動実験
…3号機の起動実験のことでしょう。

・守秘回線
…どことどこを繋げる回線のことだろうか。普通に考えれば、ネルフ⇔日本政府or国連?

・浸食タイプ
…旧作でのバルディエルやアルミサエルは「侵食(蝕)タイプ」でした。
「侵食(蝕)」は「ほかの領域を次第に侵す」という意味。
「浸食(蝕)」は「水や風が陸地や岩石を次第に崩す」という意味。
つまり、旧作のはエヴァを乗っ取るタイプ、新作のはエヴァを毒のように蝕むだけのタイプ、ということ?いやいや、やっぱり乗っ取られないと面白くないでしょうよ。

・汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型3号機
…2号機とほぼ同様の扱いのようですね。

・EVANGELION PRODUCTION MODEL-03
…上の英訳。

・最強の拒絶タイプ
…拒絶→他人への恐怖→ATフィールド。んでもって最強となればやっぱりゼルエルのこと?

・捕食
…ゼルエルをむしゃむしゃするシーン含め、「男の戦い」の回は力入っていて好きです。

・扉
…ネルフ本部には開けちゃダメな扉が何百枚くらいあるのだろう。

・サード・インパクト
…を未然に防ぐ。それが私たちエヴァパイロットの使命なのよ。

・EVANGELION Mark.06
…「月から飛来する」という6号機ですか。バイザーを被ったような顔がかっこよさげでした。
「MODEL-06」でなく「Mark.06」なのは、正規計画の外ということを示しているのでしょうか。



いやぁ、長かった。意外と疲れた。忘れてる部分も多かった。
読んでくれた人、ありがとうございました。感想・意見・疑問等あれば是非コメントに。
それじゃぁまた。


コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。