スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光速の異名を持ち重力を…書くのめんどくさい

光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士。

FF13の体験版(FF7ADのBDディスク付属)のプレイを見せてもらいました。
FFといふものをプレイしたことは無く、とりあえず周囲の話で「グラフィック”は”いい」という印象くらいしか持っておりませんでした。
ただ、グラフィック以外にも、「突き抜けた中二病テイスト」という素晴らしいものがあるとかなんとか。
中二病、それは「言いかえればファンタジー。そして、かの名著「ドスペラード」によればファンタジーとは即ち童t(ry。
そんなわけで、溢れ出るDT要素を期待して体験版プレイを見学したのでした。

まぁ、スターウォーズっぽい都市とか「聖府」なんて用語とか、くすぐられるものは色々あるのですが、それより何より素晴らしいのは主人公のライトニング様。
あり得ないほど美しい容姿。剣と銃と体術が描く、華麗な軌跡。重力制御の術は勿論、回復の術をかけるときでさえいちいち極まってるポーズ。
援護しようとするアフロに「足手まといだ」などと突き放したり、口を開けば手身近で無感情でつれない台詞。
とにかく、孤高と表現する他にない。

なるほど…たしかにこれは光速で重力で高貴な女騎士だ…。
こいつァいいDT臭がしやがるぜ!

まぁ「光速の(ry」についてはネタとして事前に知ってはいたのだけど、実際に画面を見たインパクトはやっぱり大きすぎるぜ。
別に製品版を買うつもりはほぼ全く無いのだけれど、このライトニングさんがデレる様は見てみたい気もしなくもない今日この頃。
TOAのヒロイン・ティアなんかも、初期の印象だけ見ればライトニング様に似ていなくもありませんでしたが、いつかデレるだろうことくらいは普通に予想できるキャラでした(というか、普通の女の子らしい一面もあることが早い段階でわかりますしね)。
しかし、ライトニング様についてはそんな予想がつきません。だって公式があんなアレなセンスの紹介文を惜しげもなく曝け出すようなキャラなんだぜ?
いや、まぁデレとかツンとかそんなことばっかりしか考えれない俺も俺で相当アレですが。
ロシア語で女性騎士を意味するヴォエヴォーダの異名を持ち、伝説の英雄として東西に知られた特殊部隊の母ザ・ボス。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スペルこれであってたべか・・・

てか、ライトニングって♀だったのかよww

No title

>兄弟
ただでさえ厨臭い「孤高の剣士」キャラに重力制御だの高貴だの女性だの属性を付加していくと、すばらしいことになるということがわかりました。

No title

孤高の剣士といえば書道で・・・いや、なんでもないww

No title

何という内輪ネタ。
あまり関係ないけれど、HEROって中国映画に出てきた、書を通じて武を極める剣士は好きでした。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。