スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相も変わらず儲な話

PSの名作ゲームをPS3やPSPにダウンロードするサービス、プレイステーションアーカイブスから「メタルギアソリッド」と「ポリスノーツ」を購入してPSPへぶち込む。小島信者乙。
とりあえず「メタルギアソリッド」からぼちぼちプレイ開始。いやぁ凄まじく懐かしい。MGS4のact.4でも感じたノスタルジー。それを本家MGS1でさらに追認する…何という贅沢。絶頂すら覚える。
でも、メインディッシュは「ポリスノーツ」のほう。宇宙線被爆対策のため、医療を中心とした社会を敷くスペースコロニーを舞台にした、SFアドベンチャー。
小島作品ならではの映画的演出、そしてシリアスの中にうまく挟まれるギャグ(乳揺れネタはかなりやりすぎらしいけどw)も楽しめるらしいので期待。
「大きな脅威の後に成立した高度医療社会」って設定は、多分伊藤計劃の遺作「ハーモニー」の着想元の一つだろう。


ついでにコールオブデューティー4の対戦プレイ用追加マップをダウンロードしようかと試みる。
普通、1200円をウェブマネーで支払って買うものなのだけれど、俺が買った「追加マップダウンロード特典付き スペシャル限定版」ならば代金が不要。同封されているプロダクトコードをプレイステーションネットワークの入力画面に書きこめば、マップが追加されるのだ。
てなわけで、コードを入力。

「プロダクトコードが誤っているか、無効の可能性があります」

…。必死で核発射中止コードを入力した結果がアレだったスネークおじさんが受けた衝撃を、希釈縮小すればこんな気分になるのやもしれない。
いや、そりゃ、そうだよな。中古で買ったんだもん。当然既に使われただろうプロダクトコードなんて、無効になってるにきまってますよね…。
いや、でもあのソフト、中古5000円で買ったけど、確実にその倍の価値はある神ゲーですし。買った店で後に通常版が補充されていたけど、それも値段同じだったし。
そもそも、amazonだったらもっと、目ん玉飛び出るまで蹴り飛ばしたくなるくらい高いですし。
ええ、ほんと結果的にはラッキーでしたよ。開運法やっててよかったですよ。
…さて、1200円払って4ステージ購入しようか。3人で対戦やってみたらかなり面白かったしね。


サークルの読書会の題材をまた伊藤計劃でつっぱる。信者乙。
短編「The Indefference Engine」。
先ほど話に出した「ハーモニー」をやるのが理想的ではあるけれど、会までの時間などを考えてこっちで代用ということに。
やり遂げられるとは思うけども、いくつか不安がある。
まず、SF要素については相貌失認のことなどを軽く調べる程度で済むだろうけど、少年兵問題などの政治社会的な話題については扱いが難しいということ。
次に、やはり自分の好みを押しつけてるかな、という反省。前年11月に「虐殺器官」読書会の担当をした時には、準備もある程度しておいたので割とうまくいき、司会進行としての評価も良かった。
ただ、グロ表現に対する嫌悪や、そもそもの題材に対する不満なども聞こえた。
もっとも読書会という催し自体が「自分の好きな作品を紹介する」という性格を持っているのでさほど気にすることも無いのかもしれないが、それでもやはり多少の考慮はすべきだろう。
ただ、それでも、「ハーモニー」についてはいつかやりたいと考えているので、その機会への布石としても、不安を乗り越えてしっかりやりたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや、よくやったと思うよ実際>読書会
題材がちゃんとSFなのはもちろん、読み込み具合も程よく突っ込み所満載なのも良。むしろ、もっとはっちゃけていい。「お前等に僕の嫁をご紹介いたします」ぐらいの酷さがいいぞー

No title

>azegaさん
ありがとうございます。
今日、久々に「プラネテス」を読み返して、目指せロックスミス博士、と思いました。
そんな感じで傍若無人に頑張りますね。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。