スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸だ…(C)上条さん

プリンタを買ってこようと思って街に出たわけだが、途中いくつかの不幸に見舞われた。

1.自転車のスタンドがポッキリ逝く
たしかに不安定だとは思っていたのだけれど…。
当然、修理へ。ブレーキパッドもついでに交換してもらうことにしたので合計で5000円超の損失。

2.同人の海は広大ね
伊藤計劃の同人誌(主に「ソリッド・ステート・サバイバー」と「国連ザンジバー活動」)を探してみたんだけれど、今回もエロ同人の海の広さのため頓挫する。
分類としては普通の二次創作・全年齢男性向けなはずだけど、女性向けコーナーも探してみるべきなんだろうか。立ち入るのはなかなか勇気がいるのだが。

3.絡まれかける
これが今日の愚痴のメイン。

U田の街へ出た時、たまに自分へのご褒美(笑)として、回転寿司屋に寄って孤独のグルメ気分を味わう。

時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。(C)孤独のグルメ

てなわけで入店して茶を注ぎ、回る皿に目を向けたそのとき…異変に気付いた。
隣のオッサンが何やらムニャムニャとずーっと呟いているのだ。それも、機嫌悪げに。
ポロシャツに綿パン、整えられた頭髪、いくらか神経質そうな容貌に眼鏡という、普段は普通にサラリーマンか何かやってそうな雰囲気なのだが。
ひたすら呟いている。聞き取れない。独り言なのだろう。

「物狂いか」(C)宗像進八郎

まぁ、よくわからない独り言を垂れ流す中高年の方というのは結構見かけるものだ。甚だ不快ではあるが、自分に危害は及ばないだろうから、無視して食い続けることも不可能ではない。
もしかして、店員に注文したいけど声が小さくて届いてないのか?だとしたら、まさに「孤独のグルメ」ゴローちゃん状態。
「店員さん、こっちの方さっきから注文してるんですよ」と、お節介オバサンの如く助け船をだしてやるべきか?
などと考えるが、俺は面倒なことは大嫌いなので、やっぱり寿司選びに戻る。
ところが。さらなる異変に気づく。
オッサンの体は、明らかに俺の方を向いている。
………。
いや、多分座りやすい姿勢をとっているんだ。そうに違いない。
と思いこもうとしたその時。

「ひでぇな、このガキャ…返事もせえへんたぁどういうこっちゃ(舌打ち)」

さっきまでムニャムニャとしか聞こえなかった声が、なぜかこのときだけははっきりと聞き取れた。
「ガキ」が指すのは店員なのか俺なのか。オッサンの体の向きからして、答えは明らか。
最初から、俺に向かってしゃべっていたのだ。
血の気が引く。
なにせ、893、不良、酔っ払い、説教中年、精神病者等々に絡まれた経験が俺には一度も無い。そして、オッサンがその何れのカテゴリーに含まれるのかがイマイチわからないことも恐怖に拍車をかけた。
有力なのは最後の二つだが、もしかしたらカテゴリー893という恐ろしい可能性もある。
とりあえず、平静を装い、聞こえてないふりを続ける。今さら話しかけてもこじれるだけだ。
幸い、既に14皿も食い終えていたオッサンは少しして会計を呼んだ。
ひとまず、安心…と思いきや、そうでもない。
レジへとオッサンが立ちあがった直後、俺の背中に立っていたときはかなりゾッとした。明らかに、背中に立っていた。背中を通っていった、と表現するには明らかに長すぎた。
レジに並んでいる最中も、視線はこっちを向いている様子だった。
会計を終えても、1,2分程は入り口でこっちを向いて突っ立っていた。
念のため言っておくが、これらは俺の被害妄想では無い。気取られぬようチラチラと姿を確認した結果だ。
その後、オッサンは店から出ていき、普通に通りへ去って行った。
食欲は既に失せていた。結局、2皿食っただけで会計へ。念のため、オッサンが歩いて行った方向と逆の路地を走って逃げた。俺はゴローちゃんと違って、気に入らないオッサンにアームロックをかけられるほどの実力と度胸は無い。逃げるが勝ち。
さすがにオッサンが待ち伏せたりはしていなかったので、普通に買い物を再開できた。しかし、結局あのオッサンはなんだったのか?
一番考えられるのは、「学生が寿司なんて食ってるのが気にいらない」という考えに凝り固まった説教屋or精神病者orそれらのハイブリッドだろうか?
いや、そりゃ勿論、贅沢だって意識はあるけど、普段のメシ代は結構節約してるからいいじゃないですか。非モテのボンクラ学生の楽しみを邪魔しないで下せぇよ。
まったく、老害はイヤなものだ。

定食屋で食いなおしたが、どうもダメだ。
ここは、早めに、出来れば一週間以内に寿司を摂取せねば。このままでは大好物からトラウマ食品になりかねない。

4.バカップル
だから電車で抱き合ったり接吻するのは自重しろよ。
チャラめのカップルがそういうことやってるのはまだしも、地味目のカップルだと妙にいたたまれなくなるんだよ。
真性非モテの俺がそういうこと言うなって?はいそうですね。
とりあえず交尾は家でやれよ!な!

てなわけで、わりとついてない休日だった。
部屋に帰りついて即、「不幸だ…」と唱えておいた。
これで超能力持ちの美少女が定期的に転がり込んでくること間違いないうえ、俺の長文説教スキルも向上するに違いないのだ。
iPodでダニエル・パウターの「bad day」を聞いて自分を慰めた。
俺リア充っぽい(笑)

音楽はそんなに聞かないが、たまに、ごく稀に、映画やテレビ、ニコニコ動画などで気に入った曲を見つけるとCDを買う。
大抵はアニソンだが、bad dayは珍しく洋楽である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっさん「誰だ!」
Solid「!」

[警戒態勢]

まで読んだ

電車の中とかで奇声を発するような人に良く絡まれるのは気のせいだろうか・・・
類は友を呼ぶとか言うな!ww

Re: No title

>liquidさん
MGS4の発見時セリフは「新たな敵を発見。攻撃を開始する」だったが、普通に「手配対象のソリッド・スネークを発見。攻撃を開始する。」のほうが良かったように思う。
全PMCに捜索命令出ているんだしな。
それはともかく、わけわからない者に絡まれる恐怖を味わった。the fear。
昔、S幌の地下鉄でひたすら近ごろの若者はバカだのミニスカートが恥知らずだの演説し続けてる、目付きのイッたジジイを見かけたことはあるが、直接絡まれたのは初めてだ。
ああいう風には老いたくないものよのう。オールド・スネークみたいに老いたいぜ。
アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。