スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタの大掃除的近況日記2009年6月18日

・「ニューロマンサー」を読み終える。
「肉の万世とニューロマンサーは似ている。」(C 伊藤計劃)
さすがによくわからないところも色々あったのだけど、筋はそこまで複雑ではないし、終始アイディアの渦に巻き込まれつつ読むことができて、楽しかった。
よくわからないところと言えば、序盤に「コブラ」というよくわからない武器が出てくる。ちょっと調べてみたけど、ああ、やっぱり誰でもよくわからないもんなのね…俺に限らず。リンク先によると、一応答えが出てるみたいだけど。

ニューロマンサー以外にもギブスン小説を集めようと思ってアマゾンを調べたけど、意外と新品在庫はないもんなのね…。スターリング作品も同様。
しゃぁねぇ、また部室から○んでくるか。

もしかしたら別記事で感想書くかも。
ところで、「ヒデオ」と書かれると某ゲームデザイナーの顔が浮かんでくる。

・MGS実写化の続報。クリスチャン・ベールだと…!?
リベリオンのカート・ウィマーが監督をやるとか、いや007ダイアナザーデイのタマホリだとか、製作総指揮は小島秀夫本人だとか、色々情報が飛び交っては立ち消え、ああMONSTERやエヴァ実写版と同じように撮る撮る詐欺ですねわかります、と冷めた目線で見ていた。
そんな中、こんな海外ニュースが。真偽のほどは知らないけど。
たしかにターミネーター4でのクリスチャン・ベールの潜入ぶりはスネーク顔負けだったし、CQCどころかガン=カタをマスターしてるお方だし、いいかもしれない。
そして、非情ながら弱さも残る6代目ボンド・ダニエル・クレイグが、非情ながらコンプ丸出しのリキッド兄さんを演じるって図も、妄想したことがないわけではない。

・あずまんが一年生(あずまきよひこ)、以下略(平野耕太)、アオイホノオ2巻(島本和彦)
最近買った漫画。どれもいいセンス。
 あずまんが→書き直しが半端ない(途中からはそうでもないが)。内容的にもやっぱり良いものだ。久々に和んだ。だが俺は神楽派なので、お楽しみはこれからだ。
 以下略→濃すぎるネタの数々。あまり元ネタを知らなくても笑えるが、知ってるとさらに爆笑。例えば俺なら、ウェスカーとかCoD4とかMGS4とか。
 アオイホノオ→漫画家を目指す若者の葛藤を、作者の実体験交えて書くマンガ。80年代の懐かしさを描きつつも、「若い読者お断り!」みたいな排他性を全く感じさせないのは凄い。
これらも、それぞれ感想記事書くかもしれない。

・銀河英雄伝説1巻を読み始める
サークルの次の読書会のネタ。読んでみたいとは思っていたのでちょうど良い。
とりあえず50頁ほど読み始める。これはいい。歴史ネタおいしいです。
タクティクスオウガ好きにビビッとくるという話もどうやら本当のようだ。

・NHKにようこそ!を読み終える。
なんで読もうと思ったかと言うと、かつてのニート生活と今のアレな生活を総括するにあたってのタシになるかと考えたため。
笑えるとこもあったのだけど、ひきこもり生活を客観的に見つめなおす・あるいは主観的に振り返る視点からすると、どうもしっくりはこなかった。
主人公の中を堂々めぐりする思考がどうもキレイすぎやしないか。人によって状況や環境の違いその他もろもろあるから変わってくるだろうが、もっと汚くて入り組んでるもんだと思う。

・シャングリ・ラ
ビデオデッキに溜めていたアニメ版を少しづつ見始めたが、なかなか面白い。
最近頭がフ○ックしているせいか、炭素経済関連の設定がどうも掴めないが。
ニューハーフ・モモコの声優がすぐにはわからなかった。絶対音感は勿論、ダメ絶対音感も、俺には不釣り合いなシロモノらしい。ミーコのほうはフルメタTSRで聞き覚えがあるからわかったけれど。
今さら思い出したんだけど、そういやヒデチャンラジオで原作を推していたなぁ。原作文庫の帯には小島さんが推薦文も書いたらしい。

・宿題やべぇ
やばいときほど日記を書きたがる。
例のアレ以外にも、4つほど溜まっている。さっさと眠眠打破飲んで作業開始しろウジ虫が。
起きろ!起きろ!マスかきやめ!パンツ上げ!

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
twitter
プロフィール

Solidrb

Author:Solidrb
自他ともに認めるMGS(メタルギアソリッド)フリークス。
その証拠に、当初はもっと幅広く話題を扱おうかと考えていた(←大嘘)このサイトも、ずるずるとMGSネタオンリーブログになりかけてきている。

SFを中心に、様々な作品に触れようと目論んでいる。
が、生来のヘタレゆえ、なかなか数がこなせない。

twitterや読書メーターもやっているので、そちらにも是非いらしてください。

○注意書き
・コメント、拍手
常に餓えておりますので、古い記事にもぜひ気軽にどうぞ。名前欄はテキトーでもおkです。
(今後どうなるかはわかりませんが)全レス主義で臨みます。
コメントは承認制を採っていますが、スパム以外は基本的に消さない方針です。

・トラックバック
コメント同様、承認制ではありますがお気軽にどうぞ。
ただし、記事内容と関連性の無い宣伝トラックバック(※どう見てもツールでキーワード検索かけて貼っただけの、商業的性格が強いものなど)については削除することにしました。

・リンク
ご自由にどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
TCrbの最近読んだ本
応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。